BigQuery の料金

BigQuery はサーバーレスなデータ分析プラットフォームです。BigQuery を使用するために個々のインスタンスまたは仮想マシンをプロビジョニングする必要はありません。その代わりに、BigQuery は必要に応じて自動的にコンピューティング リソースを割り当てます。コンピューティング容量は、仮想 CPU を表すスロットの形式で事前に予約することもできます。BigQuery の料金体系はこの設計を反映しています。

BigQuery の料金の概要

BigQuery の料金は主に次の 2 つの要素で構成されています。

  • コンピューティング料金は、SQL クエリ、ユーザー定義関数、スクリプト、特定のデータ操作言語(DML)とデータ定義言語(DDL)ステートメントなどのクエリの処理にかかる費用です。

  • ストレージ料金は、BigQuery に読み込むデータの保存にかかる費用です。

BigQuery では、BigQuery OmniBigQuery MLBI Engine、ストリーミングの読み取り書き込みなど、その他のオペレーションに対して料金が発生します。

BigQuery には無料のオペレーション無料枠もあります。

作成するすべてのプロジェクトには、請求先アカウントが関連付けられます。プロジェクトで実行されている BigQuery ジョブによって発生する費用は、関連付けられている請求先アカウントに請求されます。BigQuery のストレージ料金も、関連付けられている請求先アカウントに請求されます。BigQuery の費用と傾向は、Google Cloud コンソールの Cloud Billing レポートページで確認できます。

コンピューティングの料金モデル

BigQuery では、クエリの実行用に次の 2 つのコンピューティング料金モデルから選択できます。

  • オンデマンド料金(TiB 単位)。この料金モデルでは、各クエリで処理されたバイト数に基づいて課金されます。処理されるクエリデータは毎月 1 TiB まで無料です。

  • 容量の料金(スロット時間単位)。この料金モデルでは、クエリの実行に使用されたコンピューティング容量に対して課金されます。この容量は、時間の経過とともにスロット(仮想 CPU)単位で測定されます。このモデルでは、BigQuery エディションを利用しています。BigQuery のオートスケーラーを使用するか、スロット コミットメントを購入できます。スロット コミットメントは、ワークロードに常に利用できる専用の容量で、低料金です。

ワークロードに選択する料金の詳細については、Reservations を使用したワークロード管理をご覧ください。

オンデマンド コンピューティングの料金

デフォルトでは、クエリはオンデマンド(TiB 単位)の料金モデルで課金されます。このモデルでは、クエリでスキャンされたデータに対して料金が発生します。

オンデマンド料金では、通常、単一のプロジェクトのすべてのクエリで共有される最大 2,000 個のスロットを同時実行できます。BigQuery は、小規模なクエリを高速化するため、この上限を定期的に一時超過します。また、特定のロケーションでのオンデマンド容量に対して大量の競合が発生している場合、利用可能なスロットが少なくなることがあります。

オンデマンド(TiB 単位)クエリの料金は次のとおりです。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

料金の詳細

オンデマンド(TiB 単位)のクエリ料金については、次の点に注意してください。

  • BigQuery ではカラム型データ構造が使用されています。選択した列で処理されたデータの合計容量に応じて課金されます。列ごとの合計データは、その列のデータ型に基づいて計算されます。データサイズの計算方法の詳細については、クエリ費用を見積もるをご覧ください。
  • 共有データに対して実行されたクエリは課金されます。データがアクセスされても、データオーナーには課金されません。
  • エラーが返されたクエリまたはキャッシュから結果が取得されたクエリに対しては料金が発生しません。 手続き型言語ジョブの場合、この考慮事項はステートメント レベルで提供されます。
  • 料金は MB 単位のデータ処理容量(端数は切り上げ)で決まります。クエリが参照するテーブルあたりのデータ最小処理容量は 10 MB、クエリあたりのデータ最小処理容量は 10 MB とします。
  • 実行中のクエリジョブをキャンセルすると、そのクエリが完了した場合に発生する料金が全額課金される可能性があります。
  • クエリを実行するときは、結果に LIMIT を明示的に設定している場合でも、選択した列にある処理されたデータに応じて課金されます。
  • テーブルのパーティショニングクラスタリングにより、クエリで処理されるデータの量を削減できます。ベスト プラクティスとして、可能な限りパーティショニングとクラスタ化を行ってください。
  • オンデマンド(TiB 単位)の料金は、Google Cloud SKU ページに分析料金として記載されています。
  • クラスタ化テーブルにクエリを実行するときに、そのクエリにクラスタ化された列のフィルタが含まれている場合、BigQuery はフィルタ式を使用して、クエリでスキャンされたブロックをプルーニングします。これにより、スキャンされるバイト数を減らすことができます。

BigQuery のコスト管理メカニズムを使用すると、クエリ料金に上限を設定できます。以下の項目を設定できます。

処理されるバイト数を計算する方法の詳細な例については、クエリサイズの計算をご覧ください。

容量コンピューティングの料金

BigQuery では、処理されたデータ 1 TiB あたりのオンデマンド料金を支払うよりも、クエリのコストが予測可能な場合に、容量ベースの分析料金モデルを提供しています。

容量の料金を有効にするには、BigQuery Reservations を使用します。

BigQuery エディション

BigQuery エディションでは、従量課金制(自動スケーリングあり)と、オプションの 1 年間および 3 年間のコミットメントが用意されています。エディションでは、処理されたバイト数に対して課金されるのではなく、スロット単位で測定されるクエリ処理容量を消費します。

BigQuery エディションのスロット容量:

  • には、Standard、Enterprise、Enterprise Plus の 3 つのエディションがあります。
  • BigQuery ML、DML、DDL ステートメントなどのクエリ費用に適用されます。
  • ストレージの費用や BI Engine の費用には適用されません。
  • ストリーミング挿入と BigQuery Storage API の使用には適用されません。
  • BigQuery オートスケーラーを利用できます
  • 最小課金時間は 1 分

オプションの BigQuery エディションのスロット コミットメント:

  • 1 年間または 3 年間ご利用いただけます。
  • は Enterprise エディションと Enterprise Plus エディションでご利用いただけます。
  • リージョン容量ですあるリージョンまたはマルチリージョンのコミットメントを別のリージョンまたはマルチリージョンで使用できず、移動もできません。
  • 組織全体で共有できます。プロジェクトごとにスロット コミットメントを購入する必要はありません。
  • 最小 100 スロットから 100 スロット単位で提供されます。
  • 期間終了時に解約するよう設定しない限り、自動的に更新されます。

Standard エディション

次の表に、Standard エディションのスロットの費用を示します。

Enterprise エディション

次の表に、Enterprise エディションのスロットの費用を示します。

Enterprise Plus エディション

次の表に、Enterprise Plus エディションのスロットの費用を示します。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

ストレージの料金

ストレージ料金は、BigQuery に読み込むデータを保存する費用です。アクティブ ストレージと長期保存に対して料金が発生します。

  • アクティブ ストレージには、過去 90 日間で変更されたテーブルまたはテーブル パーティションが含まれます。

  • 長期保存には、90 日間連続して変更されていないテーブルまたはテーブル パーティションが含まれます。そのテーブルのストレージの料金は自動的に約 50% 値引きされます。アクティブ ストレージと長期保存のパフォーマンス、耐久性、可用性に違いはありません。

ストレージは毎月 10 GiB まで無料です。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

利用条件については、物理ストレージのドキュメントをご覧ください。

料金の詳細

ストレージの料金は、テーブルに保存されているデータの量に基づきます。データのサイズは、個々の列のデータ型に基づいて計算されます。データサイズの計算方法の詳細については、データサイズの計算をご覧ください。

ストレージの料金は、MB あたり、秒あたりで案分されます。例を示します。

  • 100 MB を半月格納した場合、支払い額は $0.001(1/10 セント)です
  • 半月で 500 GiB の場合、支払い額は $5
  • 1 か月間で 1 TiB の場合、支払い額は $20

ストレージ使用量は ギビバイト月(GiB か月)単位で計算されます。1 GiB は 230 バイト(1,024 MiB)です。同様に、1 テビバイト(TiB)は 240 バイト(1,024 GiB)です。最終的な使用量の値は、データサイズ(ギビバイト単位)とストレージ使用時間(月単位)の積になります。

テーブルが 90 日間連続して編集されていない場合、長期保存レートで請求されます。テーブルを長期にわたって保存していても、パフォーマンス、耐久性、可用性などの各種機能性が損なわれることはありません。

分割テーブルの各パーティションは、長期保存の料金がそれぞれに適用されます。90 日間変更されなかったパーティションのデータは長期保存の料金の対象となり、割引価格で課金されます。

そのテーブルを編集すると、価格は通常のストレージ価格に戻り、90 日間の無編集日数計数タイマーがゼロから始まります。次のようなテーブルのデータを変更する操作を行った時点で、このタイマーはリセットされます。

操作 詳細
テーブルへのデータの読み込み 宛先テーブルへのデータの追加や、宛先テーブルの上書きを行う読み込みまたはクエリジョブ。
テーブルへのデータのコピー 宛先テーブルへのデータの追加や、宛先テーブルの上書きを行うコピージョブ。
テーブルへのクエリ結果の書き込み 宛先テーブルへのデータの追加や、宛先テーブルの上書きを行うクエリジョブ。
データ操作言語(DML)の使用 DML ステートメントによるテーブルデータの変更。
データ定義言語(DDL)の使用 CREATE OR REPLACE TABLE ステートメントによるテーブルの置換。
テーブルへのデータのストリーミング tabledata.insertAll API 呼び出しを使用するデータの取り込み。

上記以外の次のような操作では、タイマーはリセットされません。

  • テーブルのクエリ
  • テーブルクエリのビューの作成
  • テーブルからのデータのエクスポート
  • テーブルのコピー(別の宛先テーブルへ)
  • テーブル リソースのパッチ適用または更新

請求期間内に 90 日間のしきい値に達したテーブルの料金は、日割りで計算されます。

長期保存の料金は BigQuery ストレージにのみ適用されます。Bigtable、Cloud Storage、Google ドライブなどの外部データソースに保存されているデータには適用されません。

データサイズの計算

BigQuery にデータを読み込むとき、またはデータのクエリを実行するときに、データサイズに応じて料金が発生します。データサイズは、各列のデータ型のサイズに基づいて計算されます。

保存されたデータのサイズとクエリで処理されたデータのサイズは、 ギビバイト(GiB)単位で計算されます。1 GiB は 230 バイト(1,024 MiB)です。同様に、1 テビバイト(TiB)は 240 バイト(1,024 GiB)です。

詳細については、データ型のサイズをご覧ください。

Data Transfer Service の料金

BigQuery Data Transfer Service は、月ごとに比例配分されて料金が請求されます。請求は次のようになります。

データソース 月額料金(比例配分) メモ
キャンペーン マネージャー

無料。BigQuery の割り当てと上限が適用されます。

1
Cloud Storage

無料。BigQuery の割り当てと上限が適用されます。

1
Amazon S3

無料。BigQuery の割り当てと上限が適用されます。

12、3
Google 広告

無料。BigQuery の割り当てと上限が適用されます。

1
Google アド マネージャー

無料。BigQuery の割り当てと上限が適用されます。

1
Google Merchant Center

無料。BigQuery の割り当てと上限が適用されます。

1
Google Play

Installs_country テーブルの個別パッケージ名ごとに $25。

1
検索広告 360

無料。BigQuery の割り当てと上限が適用されます。

1
YouTube チャンネル

無料。BigQuery の割り当てと上限が適用されます。

1
YouTube コンテンツ所有者

無料。BigQuery の割り当てと上限が適用されます。

1
データ ウェアハウス 月額料金(比例配分) メモ
Teradata

無料。BigQuery の割り当てと上限が適用されます。

12、34
Amazon Redshift

無料。BigQuery の割り当てと上限が適用されます。

12、3
サードパーティ コネクタ 料金が発生します 詳しくは、5 をご覧ください

転送料金の注意事項

すべての転送

1. データが BigQuery に転送された後、標準の BigQuery ストレージクエリ

他のプラットフォームからの移行

2. データの抽出、Cloud Storage バケットへのアップロード、BigQuery へのデータの読み込みも無料です。

3. BigQuery Data Transfer Service を使用すると、Google Cloud の外部で、AWS や Azure のデータ転送料金などの費用が発生することがあります。

Teradata の移行

4. データが BigQuery にアップロードされたあと、Cloud Storage バケットから自動で削除されることはありません。余分なストレージ コストがかからないようにするため、Cloud Storage バケットからデータを削除することをおすすめします。Cloud Storage の料金をご覧ください。

サードパーティ コネクタ

5. サードパーティ パートナーが提供するコネクタには費用が適用されます。料金モデルは、パートナーとコネクタによって異なります。料金の詳細については、Marketplace に登録する際に個々のコネクタをご覧ください。

一意 ID の計算

作成する 1 つの転送処理ごとに、1 日に 1 回以上の実行が生成されます。実行ごとに、検出される一意の ID と転送実行完了の日付のレコードが保持されます。 ID は、転送完了日にのみカウントされます。たとえば、7 月 14 日に転送が開始され、7 月 15 日に完了した場合、7 月 15 日に一意の ID がカウントされます。

同じ日に複数回の転送で一意の ID が検出された場合は、1 回だけカウントされます。一意の ID は、異なる転送について別個にカウントされます。2 つの別々の転送の実行で 1 つの一意の ID が検出された場合、その ID は 2 回カウントされます。

バックフィル費用の計算

バックフィルのスケジュールを設定すると、毎日転送実行がスケジュールされます。その場合、一意の ID の計算で説明されている方法に基づいて請求されます。

BigQuery の課金を停止する

課金を停止するには、転送を無効にするか、削除してください。

BigQuery Data Transfer Service の料金の例

例 1: 1 つの転送処理で 3 回の実行が同じ日に完了するとします。

  • 最初の実行で記録される一意の ID: A、B、C
  • 2 回目の実行での記録: A
  • 3 回目の実行での記録: C、D

すべての実行は同じ日に終了するため、A、B、C、D の 4 つの一意 ID に基づいて課金されます。ID A と ID C は同じ日に完了した 2 つの異なる実行で記録されたため、ID A と C は 1 回だけカウントされます。1 か月間、毎日 3 回の転送実行が完了した場合、月額料金は 4 つの一意の ID に基づいて計算されます。転送実行の完了回数が月の日数よりも少ない場合、料金は日割り計算されます。

例 2: 複数の転送で複数の実行を行い、それらが同じ日に完了するとします。

  • 転送 1 が実行され、一意 ID として A、B、C が記録されます。
  • 転送処理 2 が実行され、A が記録されます。
  • 転送 3 が実行され、C、D が記録されます。

一意の ID は異なる転送の実行でカウントされるため、転送 1 の実行で A、B、C、転送 2 の実行で A、転送 3 の実行で C と D の 6 つの一意の ID に基づいて課金されます。転送実行の完了回数が月の日数よりも少ない場合、料金は日割り計算されます。

BigQuery Omni の料金

BigQuery Omni には、ワークロードとニーズに応じて次の料金モデルが用意されています。

オンデマンド コンピューティングの料金

BigQuery のオンデマンド分析モデルと同様に、BigQuery Omni のクエリは、デフォルトでオンデマンド(TiB 単位)の料金モデルで課金されます。このモデルでは、クエリによってスキャンされたデータに対して料金が発生します。

オンデマンド料金では、通常、単一のプロジェクト内のすべてのクエリで共有される、同時スロットの大規模なプールにアクセスできます。BigQuery Omni は、小規模なクエリを高速化するために、定期的にこの上限を超えてバーストします。また、特定のロケーションでオンデマンド容量の競合が多い場合は、利用可能なスロットが少なくなることもあります。

BigQuery Omni のオンデマンド(TiB 単位)クエリの料金は次のとおりです。

リージョン TiB あたりの料金
AWS North Virginia(aws-us-east-1) 7.82 ドル
Azure North Virginia(azure-eastus2) 9.13 ドル
AWS ソウル(aws-ap-northeast-2) $10.00
AWS Oregon(aws-us-west-2) 7.82 ドル
AWS Ireland(aws-eu-west-1) $8.60

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

料金の詳細

詳細と制限事項は BigQuery 分析の料金と同様です。オンデマンド(TiB 単位)のクエリ料金については、次の点に注意してください。

  • BigQuery はカラム型データ構造を使用します。選択した列にある処理される全データに応じて課金され、列ごとの全データは、列のデータの種類に基づいて計算されます。データサイズの計算方法の詳細については、データサイズの計算をご覧ください。
  • エラーが返されたクエリや、キャッシュから結果が取得されたクエリについては、料金は発生しません。手続き型言語ジョブの場合、この考慮事項はステートメント レベルで提供されます。
  • 料金は MB 単位で切り上げられます。クエリが参照するテーブルあたりのデータ最小処理量は 10 MB、クエリあたりの処理データ使用量の最小要件は 10 MB です。
  • 実行中のクエリジョブをキャンセルすると、クエリを完了まで実行した場合、クエリの全額が課金される可能性があります。
  • クエリを実行すると、結果に LIMIT を明示的に設定している場合でも、選択した列で処理されたデータに応じて課金されます。
  • テーブルのパーティショニングクラスタリングを行うと、クエリで処理されるデータの量を削減できます。ベスト プラクティスとして、可能な限りパーティショニングとクラスタリングを行ってください。
  • オンデマンド(TiB 単位)の料金は、Google Cloud SKU ページに分析料金として記載されています。
  • クラスタ化テーブルに対してクエリを実行するときに、そのクエリにクラスタ化列のフィルタが含まれている場合、BigQuery はフィルタ式を使用して、クエリでスキャンされるブロックをプルーニングします。これにより、スキャンされるバイト数を減らすことができます。

BigQuery には、クエリ費用の上限を設定できる費用管理メカニズムが用意されています。以下の項目を設定できます。

各エディションの BigQuery Omni

BigQuery Omni リージョンは、BigQuery エディションをサポートしています。現在、Omni リージョンでは Enterprise エディションのみがサポートされています

次の表に、オムニチャネル リージョンのスロットの費用を示します。

AWS North Virginia(aws-us-east-1)

コミットメント モデル 1 時間の費用 スロット数
PAYG(契約なし) $7.50(最小課金時間は 1 分) 100
1 年契約 $6(1 年分の請求) 100
3 年契約 $4.50(3 年分の請求) 100

Azure North Virginia(azure-eastus2)

コミットメント モデル 1 時間の費用 スロット数
PAYG(契約なし) $8.80(最小課金時間 1 分で秒単位で課金) 100
1 年契約 $7(1 年分の請求) 100
3 年契約 $5.30(3 年分の請求) 100

AWS ソウル(aws-ap-northeast-2)

コミットメント モデル 1 時間の費用 スロット数
PAYG(契約なし) $9.60(最小課金時間 1 分で秒単位で課金) 100
1 年契約 7.7 ドル(1 年分の請求) 100
3 年契約 $5.80(3 年分の請求) 100

AWS Oregon(aws-us-west-2)

コミットメント モデル 1 時間の費用 スロット数
PAYG(契約なし) $7.50(最小課金時間は 1 分) 100
1 年契約 $6.00(1 年分の請求) 100
3 年契約 $4.50(3 年分の請求) 100

AWS Ireland(aws-eu-west-1)

コミットメント モデル 1 時間の費用 スロット数
PAYG(契約なし) $8.25(最小課金時間 1 分で秒単位で課金) 100
1 年契約 $6.60(1 年分の請求) 100
3 年契約 $4.95(3 年分の請求) 100

オムニチャネルでのクロスクラウド データ転送

AWS または Azure から Google Cloud へのデータ移行を伴う Omni のクロスクラウド機能(クロスクラウド転送、Create Table as Select、クロスクラウド結合、クロスクラウド マテリアライズド ビュー)を使用する場合、データ転送に追加料金がかかります。

特に、クロスクラウド マテリアライズド ビュー、Create Table as Select、クロスクラウド結合では、プレビュー期間中は無料です。2024 年 2 月 29 日以降、これらのサービスは一般提供となり、データ転送に対して課金されます。AWS または Azure リージョンから Google Cloud BigQuery リージョンへの上記のサービスのいずれかを使用した場合にのみ、データ転送に対して課金されます。AWS または Azure から Google Cloud に転送されたデータの量に基づいて、GB あたりの料金が請求されます。

SKU スプレッドシートへのリンク: CCMV 請求 SKU

SKU 課金モデル メーター 正規料金
AWS North Virginia(aws-us-east-1)から Google Cloud North America へのクロスクラウド データ転送 使用状況ベース GB(転送) $0.09 ~
Azure North Virginia(azure-eastus2)から Google Cloud North America へのクロスクラウド データ転送 使用状況ベース GB(転送) $0.0875
AWS Seoul(aws-ap-northeast-2)から Google Cloud Asia へのクロスクラウド データ転送 使用状況ベース GB(転送) $0.126
AWS Oregon(aws-us-west-2)から Google Cloud 北米へのクロスクラウド データ転送 使用状況ベース GB(転送) $0.09 ~
AWS Ireland(aws-eu-west-1)から Google Cloud Europe へのクラウド間データ転送 使用状況ベース GB(転送) $0.09 ~

Omni マネージド ストレージ

Omni のクロスクラウド マテリアライズド ビュー機能を使用する場合は、AWS の BigQuery マネージド ストレージ上にあるローカル マテリアライズド ビューの作成も課金対象となります。ローカル マテリアライズド ビューに使用される物理ストレージの量に対して、GB ごとに課金されます。

オペレーション 料金
アクティブ物理ストレージ(aws-us-east-1) 1 GiB あたり月額 $0.05
長期物理ストレージ(aws-us-east-1) 1 GiB あたり月額 $0.025
アクティブ物理ストレージ(azure-eastus2) 1 GiB あたり月額 $0.05
長期物理ストレージ(azure-eastus2) 1 GiB あたり月額 $0.025
アクティブな物理ストレージ(aws-ap-northeast-2) 1 GiB あたり月額 $0.052
長期物理ストレージ(aws-ap-northeast-2) 1 GiB あたり月額 $0.026
アクティブな物理ストレージ(aws-us-west-2) 1 GiB あたり月額 $0.04
長期の物理ストレージ(aws-us-west-2) 1 GiB あたり月額 $0.02
アクティブ物理ストレージ(aws-eu-west-1) 1 GiB あたり月額 $0.044
長期物理ストレージ(aws-eu-west-1) 1 GiB あたり月額 $0.022

データ取り込みの料金

BigQuery には次の 2 種類のデータ取り込みモードがあります。

選択するモードの詳細については、データの読み込みの概要をご覧ください。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

料金の詳細

デフォルトでは、クラウド ストレージから、またはローカル ファイルから BigQuery にデータを一括で読み込んでも料金は発生しません。デフォルトでは、読み込みジョブはスロットの共有プールを使用します。BigQuery は、この共有プールの使用可能容量や、表示されるスループットを保証しません。または、読み込みジョブを実行するための専用スロットを購入することもできます。専用スロットについては、容量ベースの料金が課金されます。読み込みジョブが予約に割り当てられると、無料プールにアクセスできなくなります。詳しくは、割り当てをご覧ください。

BigQuery に読み込まれたデータには、BigQuery のストレージ料金が適用されます。Cloud Storage からデータを読み込む場合、Cloud Storage にデータを保存すると料金が発生します。詳細については、Cloud Storage の料金ページのデータ ストレージをご覧ください。

データ抽出の料金

BigQuery には、次のデータ抽出モードがあります。

  • バッチ エクスポート抽出ジョブを使用して、テーブルデータを Cloud Storage にエクスポートします。抽出ジョブを使用して BigQuery テーブルからデータをエクスポートする場合、処理料金はかかりません。

  • クエリ結果をエクスポートするEXPORT DATA ステートメントを使用して、クエリ結果を Cloud Storage または Bigtable にエクスポートします。オンデマンドまたは容量ベースのモデルを使用したクエリ ステートメントの処理に対して課金されます。

  • ストリーミング読み取りStorage Read API を使用して、テーブルデータを高スループットで読み取ります。読み取られたデータの量に対して課金されます。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

バッチ エクスポートのデータ転送料金

BigQuery から別のリージョンの Cloud Storage バケットにデータをバッチでエクスポートすると、次のようにデータ転送に対して課金されます。

ケース レート
同じロケーション内でエクスポートする us-east1 から us-east1 無料
BigQuery US マルチリージョンからエクスポートする US マルチリージョンから us-central1(アイオワ) 無料
BigQuery US マルチリージョンからエクスポートする US マルチリージョンから任意のリージョン(us-central1(アイオワ)を除く) 次の表をご覧ください。
BigQuery EU マルチリージョンからのエクスポート EU マルチリージョンから europe-west4(オランダ) 無料
BigQuery EU マルチリージョンからのエクスポート EU マルチリージョンから任意のリージョン(europe-west4(オランダ)を除く) 次の表をご覧ください。
複数のロケーションにエクスポートする us-east1 から us-central1 へ 次の表をご覧ください。
送信元の場所 宛先のロケーション
北アメリカ ヨーロッパ アジア インドネシア オセアニア 中東 ラテンアメリカ アフリカ
北アメリカ $0.02/GiB $0.05/GiB $0.08/GiB $0.10/GiB $0.10/GiB $0.11/GiB $0.14/GiB $0.11/GiB
ヨーロッパ $0.05/GiB $0.02/GiB $0.08/GiB $0.10/GiB $0.10/GiB $0.11/GiB $0.14/GiB $0.11/GiB
アジア $0.08/GiB $0.08/GiB $0.08/GiB $0.10/GiB $0.10/GiB $0.11/GiB $0.14/GiB $0.11/GiB
インドネシア $0.10/GiB $0.10/GiB $0.10/GiB $0.08/GiB $0.08/GiB $0.11/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB
オセアニア $0.10/GiB $0.10/GiB $0.10/GiB $0.08/GiB $0.08/GiB $0.11/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB
中東 $0.11/GiB $0.11/GiB $0.11/GiB $0.11/GiB $0.11/GiB $0.08/GiB $0.14/GiB $0.11/GiB
ラテンアメリカ $0.14/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB
アフリカ $0.11/GiB $0.11/GiB $0.11/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB $0.11/GiB $0.14/GiB $0.11/GiB

Google Cloud 内の Storage Read API データ転送

ケース レート
一時テーブルからキャッシュに保存されているクエリ結果にアクセスする
  • 一時テーブル「匿名データセット」
無料
同じロケーション内でのデータ読み取り
  • us-east1us-east1
無料
BigQuery マルチリージョンから別の BigQuery ロケーションに読み取られたデータが、両方のロケーションが同じ大陸にある。
  • usus-east1
  • eueurope-west1
無料
同じ大陸の異なるロケーション間で読み取られたデータ(上記の無料ケースのいずれも当てはまらない場合)
  • us-east1northamerica-northeast1
  • europe-west1europe-north1
$0.01/GiB*
Google Cloud 内の異なる大陸間でのデータ移動(いずれの大陸もオーストラリアではない場合)。
  • usasia
  • europe-west1southamerica-east1
1 GiB あたり $0.08
Google Cloud 内の異なる大陸間でのデータ移動(一方の大陸がオーストラリアである場合)。
  • usaustralia-southeast1
  • australia-southeast1europe-west1
1 GiB あたり $0.15

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

Storage Read API の一般的なネットワーク使用量

月間使用量 世界中の宛先(アジアとオーストラリアを除く)へのデータ転送
(1 GiB あたり)
アジアの宛先へのデータ転送(中国を除く、香港は含む)
(1 GiB あたり)
中国の送信先へのデータ転送(香港を除く)
(1 GiB あたり)
オーストラリアへのデータ転送
(1 GiB あたり)
データ転送
0 ~ 1 TiB $0.12 $0.12 $0.19 $0.19 無料
1~10 TiB $0.11 $0.11 $0.18 $0.18 無料
10 TiB 以上 $0.08~ $0.08 $0.15 $0.15 無料

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

Storage Read API の料金の詳細

Storage Read API にはオンデマンド料金モデルがあり、オンデマンド料金では、BigQuery は、処理されたバイト数(読み取りバイト数とも呼ばれる)に基づいて課金します。オンデマンド料金は使用量のみに基づいて計算され、各請求先アカウントの読み取りバイト数の無料枠は 1 か月あたり 300 TiB です。一時テーブルからの読み取りの一部としてスキャンされたバイトは無料であり、300 TiB の無料枠にはカウントされません。この 300 TiB の読み取りの空きバイト数は、バイト読み取りコンポーネントにあり、関連する送信データ転送には適用されません。

Storage Read API の料金については、次の点に注意してください。

  • 課金は読み取られた合計データ量に基づいて行われます。1 列あたりの読み取られた合計データ量は、列内のデータ型に基づいて計算され、データのサイズは列のデータ型に基づいて計算されます。データサイズの計算方法の詳細については、データサイズの計算をご覧ください。
  • ReadRows の呼び出しが失敗した場合でも、読み取りセッションで読み取られたデータに対して料金が発生します。
  • ストリームの終わりに達する前に ReadRows の呼び出しをキャンセルした場合、キャンセル前に読み取られたデータに対して料金が発生します。ReadRows の呼び出しをキャンセルする前に読み取られたものの返されていないデータが、請求金額に含まれる可能性があります。
  • ベスト プラクティスとして、可能な限りパーティション分割テーブルやクラスタ化テーブルを使用してください。WHERE 句を使用してパーティションをプルーニングすることによって、読み取るデータ量を減らすことが可能です。詳細については、パーティション分割テーブルのクエリをご覧ください。
  • Interconnect を使用する場合、BigQuery Storage Read API の一般的なネットワーク使用料金の代わりに、Cloud Interconnect の料金が適用されます。

データ レプリケーションの料金

BigQuery には、リージョン間でデータを複製(コピー)する 2 つのモードがあります。

複製されたデータ用のストレージ

宛先リージョンまたはマルチリージョンに保存されている複製されたデータは、BigQuery のストレージ料金に従って課金されます。

データ レプリケーションのデータ転送料金

複製されたデータの量に応じたデータ転送に対して課金されます。データ転送料金のユースケースと内訳は次のとおりです。

ケース レート
同じロケーション内で複製 us-east1 から us-east1 無料
BigQuery US マルチリージョンから複製する US マルチリージョンから us-central1(アイオワ) 無料
BigQuery US マルチリージョンから複製する US マルチリージョンから任意のリージョン(us-central1(アイオワ)を除く) 次の表をご覧ください。
BigQuery EU マルチリージョンから複製する EU マルチリージョンから europe-west4(オランダ) 無料
BigQuery EU マルチリージョンから複製する EU マルチリージョンから任意のリージョン(europe-west4(オランダ)を除く) 次の表をご覧ください。
ロケーション間でのレプリケーション us-east1 から us-central1 へ 次の表をご覧ください。
送信元の場所 宛先のロケーション
北アメリカ ヨーロッパ アジア インドネシア オセアニア 中東 ラテンアメリカ アフリカ
北アメリカ $0.02/GiB $0.05/GiB $0.08/GiB $0.10/GiB $0.10/GiB $0.11/GiB $0.14/GiB $0.11/GiB
ヨーロッパ $0.05/GiB $0.02/GiB $0.08/GiB $0.10/GiB $0.10/GiB $0.11/GiB $0.14/GiB $0.11/GiB
アジア $0.08/GiB $0.08/GiB $0.08/GiB $0.10/GiB $0.10/GiB $0.11/GiB $0.14/GiB $0.11/GiB
インドネシア $0.10/GiB $0.10/GiB $0.10/GiB $0.08/GiB $0.08/GiB $0.11/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB
オセアニア $0.10/GiB $0.10/GiB $0.10/GiB $0.08/GiB $0.08/GiB $0.11/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB
中東 $0.11/GiB $0.11/GiB $0.11/GiB $0.11/GiB $0.11/GiB $0.08/GiB $0.14/GiB $0.11/GiB
ラテンアメリカ $0.14/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB
アフリカ $0.11/GiB $0.11/GiB $0.11/GiB $0.14/GiB $0.14/GiB $0.11/GiB $0.14/GiB $0.11/GiB

外部サービス

BigQuery では、データ分析ワークフローに役立つ外部サービスを利用できます。BigQuery 外のこれらのサービスの一部については、引き続き BigQuery SKU に基づいて課金されます。

BigQuery Studio ノートブック

BigQuery Studio ノートブックは、Colab Enterprise ランタイムを使用してノートブックのコード実行を可能にするデフォルトのノートブック ランタイムを使用します。これらのサービスの使用量は、従量課金制のスロットおよび SSD の使用量(GB/秒)として課金されます。

デフォルトのノートブック ランタイムは、ノートブック(IPYNB ファイル)内のコードを実行できる、Google がプロビジョニングした仮想マシン(VM)です。これにより、BigQuery のユーザーは Python スクリプトを実行でき、アイドル時間の後は課金されません。

*従量課金制のスロットは、プロジェクト レベルで使用されているエディションで従量制で課金されます。

デフォルトのノートブック SSD は、ユーザーが新しいデータ サイエンス パッケージをインストールして、実行する Python コードを超えて作業できるようにするためにバックグラウンドで割り当てられます。SSD が解放されると、課金は表示されなくなります。

BigQuery Studio ノートブックの料金の詳細:

  • ユーザビリティを向上させるために、デフォルトのランタイム構成が変更されることがあります。詳しくはこちらをご覧ください。
  • Colab Enterprise ランタイムは、デフォルトでは 180 分間操作がないとシャットダウンされます。このページでは、アイドル状態でのシャットダウン機能について説明します。また、デフォルトのアイドル状態でのシャットダウン設定を変更する方法、ランタイム テンプレートの作成時に機能をオフにする方法についても説明します。

BigQuery ML の料金

BigQuery ML モデルは、組み込みモデルと外部モデルの 2 つの異なるカテゴリに分類できます。BigQuery ML の組み込みモデルは、線形回帰、ロジスティック回帰、平均、行列分解、PCA、時系列モデル(例:ARIMA_PLUS)。BigQuery ML の外部モデルは、他の Google Cloud サービス、DNN、ブーストツリー、ランダム フォレスト(Vertex AI でトレーニング)、AutoML モデル(Vertex AI Tables バックエンドでトレーニング)を利用してトレーニングされます。BigQuery ML モデルのトレーニング料金は、モデルタイプと使用パターン(エディションまたはオンデマンド)に基づきます。BigQuery ML の予測関数と評価関数は、すべてのモデルタイプを対象に BigQuery ML 内で実行されます。料金設定については以下の説明をご覧ください。

BigQuery ML エディションの料金

BigQuery ML は、オンデマンド(処理されたバイト数)モデルよりもコンピューティング容量(スロット数)ベースの料金モデルをご希望のお客様向けに、Enterprise エディションと Enterprise Plus エディションでご利用いただけます。お客様は Enterprise または Enterprise Plus の予約を使用して、BigQuery ML のすべての機能を使用できます。BigQuery ML の使用量は、BigQuery エディションの使用量に含まれるようになります。

組み込みモデルを作成するための予約

BigQuery には、予約割り当てのための 3 つのジョブタイプ、QUERYPIPELINEML_EXTERNAL があります。分析クエリに使用される QUERY 割り当ては、BigQuery ML の組み込みモデルの CREATE MODEL クエリを実行するためにも使用されます。組み込みモデルのトレーニングと分析クエリは、割り当てられた予約で同じリソースプールを共有し、プリエンプティブルである、また他の予約のアイドル スロットを使用するという点に関して同じように動作します。

外部モデルを作成するための予約

外部モデルは BigQuery 外でトレーニングされるため、これらのワークロードはプリエンプティブルではありません。その結果、他のワークロードが影響を受けないように、これらの外部ジョブには ML_EXTERNAL ジョブタイプが割り当てられた予約のみを使用できます。予約のワークロード管理では、外部モデルのトレーニング ジョブの予約の作成方法を説明しています。ジョブあたりのスロット使用量は、BigQuery スロットと外部 Google Cloud サービス費用の間で同じ料金を維持するように計算されます。

BigQuery ML のオンデマンド料金

BigQuery ML のオンデマンド クエリの料金は、オペレーションのタイプ(モデルタイプ、モデルの作成、モデルの評価、モデルの検査、モデルの予測)によって異なります。

BigQuery ML のオンデマンド料金は次のとおりです。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

1 CREATE MODEL ステートメントは反復モデルが 50 回繰り返されると停止します。これは、オンデマンド料金とエディション料金の両方に適用されます。

2 時系列モデルで auto-arima がハイパー パラメータの自動調整に使用できる場合、トレーニング フェーズ時に複数の候補モデルが適合、評価されます。この場合、入力 SELECT ステートメントで処理されるバイト数に候補モデルの数を乗算します。候補モデルは、ARIMA_PLUSAUTO_ARIMA_MAX_ORDER トレーニング オプション、または ARIMA_PLUS_XREGAUTO_ARIMA_MAX_ORDER トレーニング オプションで制御できます。これは、オンデマンドとエディションの両方の料金に適用されます。 時系列モデルの作成時には、次の点に注意してください。

  • auto-arima を有効にした単一の時系列予測で、AUTO_ARIMA_MAX_ORDER が(1、2、3、4、5)の場合、季節性以外の d が 1 の場合、候補モデルの数は(6、12、20、30、42)、それ以外の場合は(3、6、10、1)です。

  • TIME_SERIES_ID_COL を使用した複数の時系列予測の場合、AUTO_ARIMA_MAX_ORDER が(1、2、3、4、5)の場合、それぞれ(6、12、20、30、42)候補モデルに対して料金が発生します。

  • このモデルの選択は、モデルの作成にのみ適用されます。モデルの評価、検査、予測では、選択したモデルのみが使用され、通常のクエリ料金が適用されます。

3 詳細については、BigQuery ML リモートモデル推論をご覧ください。

BigQuery ML リモートモデルの推論(プレビュー)

BigQuery ML では、エンドポイントが Vertex AI Online Prediction エンドポイントであるか、Cloud AI Vision API などの Cloud AI API を指すリモートモデルを作成できます。

BigQuery ML リモートモデル推論の料金は、次の要素で構成されます。

  1. BigQuery によって処理されるバイト数は、オンデマンド料金やエディション料金などの標準料金に従って課金されます。
  2. さらに、リモート エンドポイントには次のような費用が発生します。
    リモートモデルタイプ 推論関数 料金
    Vertex AI エンドポイント ML.PREDICT https://cloud.google.com/vertex-ai/pricing
    Cloud AI Vision ML.ANNOTATE_IMAGE https://cloud.google.com/vision/pricing
    Cloud AI 翻訳 ML.TRANSLATE https://cloud.google.com/translate/pricing
    Cloud AI の自然言語処理(NLP) ML.UNDERSTAND_TEXT https://cloud.google.com/natural-language/pricing
    Vertex AI LLM ML.GENERATE_TEXT https://cloud.google.com/vertex-ai/pricing#generative_ai_models

リモート エンドポイント モデルの料金については、上記のサービスとは別に課金されます。請求ラベル billing_service = 'bigquery_ml' と請求ラベル bigquery_job_id を使用して、正確な料金をフィルタできます。

BigQuery ML のドライラン

各モデルタイプの基盤となるアルゴリズムの性質上、および料金の相違により、初期見積もりの計算が複雑になるため、モデルタイプによっては、トレーニングが完了するまで処理されたバイト数が計算されません。

BigQuery ML の料金の例

BigQuery ML の料金は、請求明細に個別に記載されません。現在のモデルでは、BigQuery エディションをお持ちの場合、BigQuery ML の料金が含まれます。

オンデマンド料金を使用している場合、BigQuery ML の料金は BigQuery 分析(クエリ)の料金に含まれます。

検査、評価、予測の各オペレーションを実行する BigQuery ML ジョブは、オンデマンド クエリジョブと同じ料金が発生します。CREATE MODEL クエリは料金が異なるため、CREATE MODEL ジョブの料金は Cloud Logging 監査ログを使用して、個別に計算する必要があります。監査ログを使用すると、BigQuery ML サービスによって課金されるバイト数を BigQuery ML の CREATE MODEL ジョブごとに算出できます。その後、課金されるバイト数に、リージョンまたはマルチリージョンのロケーションごとに定められた CREATE MODEL クエリの料金を掛けます。

たとえば、BigQuery ML の CREATE MODEL ステートメントを含むクエリジョブの US での料金を算出するには、次の手順に沿って操作します。

  1. Google Cloud コンソールで [Cloud Logging] ページを開きます。

  2. プロダクトが BigQuery に設定されていることを確認します。

  3. [ラベルまたはテキスト検索でフィルタ] ボックスのプルダウン矢印をクリックし、[高度なフィルタに変換] を選択します。これでフィルタに次のテキストが追加されます。

    resource.type="bigquery_resource"
    
  4. 2 行目(resource.type 行の下)に次のテキストを追加します。

    protoPayload.serviceData.jobCompletedEvent.job.jobConfiguration.query.statementType="CREATE_MODEL"
    
  5. [フィルタを送信] ボタンの右側にあるプルダウン リストから、適切な期間を選択します。たとえば、[過去 24 時間] を選択すると、過去 24 時間に完了した BigQuery ML の CREATE MODEL ジョブが表示されます。

  6. [フィルタを送信] をクリックして、指定した時間枠内で完了したジョブを表示します。

  7. データが入力されたら、[表示設定] をクリックして [カスタム フィールドを変更] を選択します。

  8. [カスタム フィールドの追加] ダイアログに、次のテキストを入力します。

    protoPayload.serviceData.jobCompletedEvent.job.jobStatistics.totalBilledBytes
    
  9. [保存] をクリックして結果を更新します。

  10. ページが更新されると、BigQuery ML ジョブごとに課金されるバイト数が、各ジョブのタイムスタンプの右側に表示されます。課金されるバイト数が無料枠に含まれている場合、値は表示されません。

  11. BigQuery ML CREATE MODEL ジョブの料金を計算するには、課金されるバイト数に BigQuery ML のオンデマンド料金を掛けます。この例では、CREATE MODEL ジョブは 100,873,011,200 バイトを処理しています。US マルチリージョン ロケーションでこのジョブの費用を計算するには、課金されるバイト数を TiB あたりのバイト数で割り、モデルの作成費用を掛けます。

    100873011200/1099511627776 x $250.00 = $22.94

BI Engine の料金

BI Engine は、BigQuery データをメモリにキャッシュすることで SQL クエリを高速化します。保存されるデータの量は、購入した容量によって制限されます。BI Engine の容量を購入するには、クエリを実行するプロジェクトに BI Engine 予約を作成します。

BI Engine がクエリを高速化する場合、テーブルデータを読み取るクエリステージは無料です。以降のステージは、使用している BigQuery の料金のタイプによって異なります。

  • オンデマンド料金の場合、BI Engine を使用するステージでは、スキャンされたバイト数が 0 回課金されます。後続のステージでは、追加のオンデマンド料金は発生しません。

  • エディションの料金の場合、第 1 ステージは BigQuery 予約スロットを消費しません。後続のステージでは、BigQuery 予約のスロットを使用します。

BI Engine の料金は次のとおりです。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

エディションのコミットメント バンドル

BigQuery エディションのコミットメントで BigQuery の容量コンピューティング料金を使用している場合は、次のグラフに示すように、エディション料金の一部として、追加料金なしで BI Engine の容量の限定を利用できます。BI Engine の容量を追加料金なしで利用するには、手順に沿って、エディションの予約と同じ組織内のプロジェクトで容量を予約します。特定のプロジェクトの BI Engine 予約がこのバンドル容量に対して割引されるようにするには、プロジェクトにいくつかのスロットを割り当てる必要があります。「オンデマンド分析」プロジェクトの BI Engine 予約は、空き容量にはカウントされません。空き容量は、通常の費用として請求レポートに表示されますが、「支出に基づく割引」として割引されます。

購入したスロットの数 無料、追加の BI Engine 容量(GiB)
100 5
500 25
1000 50
1,500 75
2000 100(組織あたり最大)

無料のオペレーション

次の BigQuery オペレーションは、どのロケーションでも無料でご利用いただけます。これらのオペレーションには、割り当てと上限が適用されます。

オペレーション 詳細
データの読み込み 共有スロットプールの使用は無料。お客様は容量が保証されるエディションの料金を選択できます。データが BigQuery に読み込まれると、ストレージの料金が発生します。詳細については、Data Ingestion エディションの料金をご覧ください。
データのコピー テーブルのコピーは無料ですが、Data Ingestion エディションの料金や、新しいテーブルとコピーしたテーブルの保存には料金が発生します。詳細については、既存のテーブルのコピーをご覧ください。
データのエクスポート 共有スロットプールの使用は無料ですが、Cloud Storage へのデータの保存に対して料金が発生します。お客様は容量が保証されるエディションの料金を選択できます。EXPORT DATA SQL ステートメントを使用すると、クエリ処理に対して課金されます。詳細については、データのエクスポートをご覧ください。
オペレーションの削除 データセットまたはテーブルの削除、個々のテーブル パーティションの削除、ビューの削除、ユーザー定義関数の削除については、課金されません。
メタデータ オペレーション list、get、patch、update、delete の呼び出しは無料です。たとえば、データセットの一覧表示、データセットのアクセス制御リストの更新、テーブルの説明の更新、データセット内のユーザー定義関数の一覧表示などが該当します(ただし、これらに限定されません)。BigLake テーブルのメタデータ キャッシュ オペレーションは、無料オペレーションには含まれません。

無料枠

Google Cloud の無料枠の一部として、BigQuery では特定の上限まで無料でリソースを使用できるようになっています。これらの無料使用量上限は、無料トライアル期間中だけでなく、期間終了後も適用されます。使用量上限を超えた場合や無料トライアル期間を過ぎた場合は、このページに記載の料金体系に沿って課金されます。BigQuery サンドボックスで BigQuery の無料枠を試してみることができます。クレジット カードは不要です。

リソース 1 か月あたりの無料使用量上限 詳細
ストレージ 毎月 10 GiB までは無料です。 BigQuery に格納されている BigQuery ML モデルとトレーニング データは BigQuery ストレージの無料枠に含まれます。
クエリ(分析) 処理されるクエリデータは毎月 1 TiB まで無料です。

BigQuery ML の予測関数、検査関数、評価関数を使用するクエリは BigQuery 分析の無料枠に含まれます。CREATE MODEL ステートメントを使用する BigQuery ML クエリは無料枠に含まれません。

大容量をご利用のお客様は、毎月の費用が一定の BigQuery エディションの料金もご利用いただけます。

BigQuery ML の CREATE MODEL クエリ CREATE MODEL ステートメントを含むクエリで処理されるデータは、毎月 10 GiB まで無料です。 BigQuery ML の CREATE MODEL クエリは BigQuery 分析の無料枠の対象外であり、BigQuery ML の組み込みモデル(BigQuery 内でトレーニングされるモデル)にのみ適用されます。
BI Engine Looker Studio ユーザーには、最大 1 GiB の空き容量があります。 この空き容量は、すべての Looker Studio ユーザーが予約なしで利用できます。

定額料金

コンピューティングの定額料金

定額コンピューティング料金モデルを使用する場合は、専用のクエリ処理容量(BigQuery スロット数)を購入します。クエリでこの容量を使用しても、処理されたバイト数に対しては請求されません。容量の需要がコミットされた容量を超えると、BigQuery はクエリをキューに入れます。追加料金は発生しません。

コンピューティングの定額料金:

  • BigQuery ML、DML、DDL ステートメントなどのクエリ費用に適用されます。
  • ストレージ費用や BI Engine の費用には適用されません。
  • ストリーミング挿入と BigQuery Storage API の使用には適用されません。
  • 購入した容量はリージョン リソースとなります。あるリージョンまたはマルチリージョンで購入したスロット コミットメントは、別のリージョンまたはマルチリージョンで使用できないため、移動できません。
  • 秒単位(フレキシブル)、月間、年間のコミットメントで利用できます。
  • 組織全体での共有が可能です。プロジェクトごとにスロット コミットメントを購入する必要はありません。
  • 最小スロット数は 100 で、100 スロット単位で購入可能です。
  • コミットメントがキャンセルされるまで、秒単位で課金されます。キャンセルはコミットメントの終了日を過ぎてからいつでも可能です。

月定額契約

次の表に、月間定額制スロット コミットメントの費用を示します。詳しくは、月間コミットメントをご覧ください。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

年定額契約

次の表に、年間定額制スロット コミットメントの費用を示します。詳細については、年間コミットメントをご覧ください。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

Flex Slots のスロット: 短期の定額コミットメント

Flex Slots は特殊なコミットメント タイプです。

  • コミット期間は 60 秒のみです。
  • その後はいつでも Flex Slots のスロットをキャンセルできます。
  • コミットメントがデプロイされた期間中にのみ秒単位で課金されます。

Flex Slots は容量の可用性の影響を受けます。Flex Slots のスロットを購入しようとしたときに、購入が成功するとは限りません。ただし、コミットメントの購入が成功すると、確保した容量はキャンセルするまで保証されます。詳細については、Flex Slots をご覧ください。

次の表に、Flex Slots コミットメントの費用を記載します。

BigQuery Omni の定額料金

BigQuery Omni では、クエリにかかる費用を予測可能な定額料金で提供しています。定額料金を有効にするには、BigQuery Reservations を使用します。

BigQuery Omni の定額料金に登録すると、アマゾン ウェブ サービスまたは Microsoft Azure で専用のクエリ処理容量(スロット単位)を購入します。クエリでこの容量を使用しても、処理されたバイト数に対しては請求されません。

BigQuery Omni の定額料金:

  • クエリ費用に適用されます。ストレージの費用には適用されません。
  • スロット コミットメントは、単一のマルチクラウド リージョン用に購入します。あるリージョンで購入したスロットを別のリージョンで使用することはできません。
  • 月額契約と年額契約からお選びいただけます。コミットメントがキャンセルされるまで、秒単位で課金されます。キャンセルはコミットメントの終了日を過ぎてからいつでも可能です。
  • 組織全体での共有が可能です。プロジェクトごとにスロット コミットメントを購入する必要はありません。
  • 最小スロット数は 100 で、100 スロット単位で購入可能です。

月定額契約

次の表に、月間スロット コミットメントの費用を記載します。詳しくは、月間コミットメントをご覧ください。

年定額契約

次の表に、年間スロット コミットメントの費用を記載します。詳細については、年間コミットメントをご覧ください。

Flex Slots: 短期間のコミットメント

Flex Slots は特殊なコミットメント タイプです。

  • コミット期間は 60 秒のみです。
  • その後はいつでも Flex Slots のスロットをキャンセルできます。
  • コミットメントがデプロイされた期間中にのみ秒単位で課金されます。

BigQuery Omni の Flex Slots のスロットは、AWS または Azure での容量の可用性の影響を受けます。Flex Slots のスロットを購入しようとしたときに、購入が成功するとは限りません。ただし、コミットメントの購入が成功すると、確保した容量はキャンセルするまで保証されます。詳細については、Flex Slots をご覧ください。

次の表に、Flex Slots コミットメントの費用を記載します。

BI Engine フラットレート コミットメント バンドル

BigQuery の定額制スロット コミットメントを使用している場合は、次のグラフに示すように、定額料金の一部として、追加料金なしで BI Engine の容量を制限付きで利用できます。BI Engine の容量を追加料金なしで利用するには、定額料金の予約と同じ組織内のプロジェクトで容量を予約する手順に沿って操作します。特定のプロジェクトの BI Engine 予約がこのバンドル容量に対して割引されるようにするには、プロジェクトにいくつかのスロットを割り当てる必要があります。オンデマンド コンピューティング プロジェクトの BI Engine 予約は、空き容量にはカウントされません。空き容量は、通常の費用として請求レポートに表示されますが、「費用ベースの割引」として割引されます。

購入したスロットの数 無料、追加の BI Engine 容量(GiB)
100 5
500 25
1000 50
1,500 75
2000 100(組織あたり最大)

次のステップ

カスタム見積もりをリクエストする

Google Cloud の従量制課金では、使用したサービスに対してのみ料金が発生します。カスタム見積もりをご希望の場合は、Google のセールスチームにお問い合わせください。
お問い合わせはこちら