ラベルの更新

このページでは、BigQuery リソースのラベルを更新する方法について説明します。

データセット ラベルの更新

データセット ラベルは、次の方法で更新できます。

  • Cloud Console または従来の BigQuery ウェブ UI を使用する
  • コマンドライン ツールの bq update コマンドを使用する
  • datasets.patch API メソッドを呼び出す
  • クライアント ライブラリを使用する

必要な権限

データセットのラベルを更新するには、少なくとも bigquery.datasets.update 権限を付与する必要があります。bigquery.datasets.update 権限は、事前定義された以下の Cloud IAM の役割に含まれています。

  • bigquery.dataOwner
  • bigquery.admin

また、bigquery.datasets.create 権限を持つユーザーがデータセットを作成すると、そのデータセットに対する bigquery.dataOwner アクセス権がユーザーに付与されます。bigquery.dataOwner アクセス権により、ユーザーはデータセットのラベルを更新できます。

BigQuery での IAM の役割と権限については、事前定義された役割と権限をご覧ください。

データセット ラベルの更新

データセットのラベルを更新するには:

Console

  1. Cloud Console で、データセットを選択します。

  2. データセットの詳細ページで、[ラベル] の右にある鉛筆アイコンをクリックします。

    ラベル鉛筆

  3. [ラベルの編集] ダイアログで、次の操作を行います。

    • 追加のラベルを適用するには、[ラベルを追加] をクリックします。各キーはデータセットごとに 1 度しか使用できませんが、同じキーが同じプロジェクト内の複数のデータセットで使用できます。
    • ラベルを更新するには、既存のキーまたは値を変更します。
    • [更新] をクリックして、変更を保存します。

従来の UI

  1. ウェブ UI でデータセットを選択します。

  2. [Dataset Details] ページの [Labels] の右にある [Edit] をクリックします。

    ラベルを編集

  3. [Edit Labels] ダイアログで、次の操作を行います。

    • 追加のラベルを適用するには、[Add Label] をクリックします。各キーはデータセットごとに 1 度しか使用できませんが、同じキーが同じプロジェクト内の複数のデータセットで使用できます。
    • ラベルを更新するには、既存のキーまたは値を変更します。
    • [OK] をクリックします。

      新しいラベル

CLI

データセット ラベルを追加または更新するには、set_label フラグを指定して bq update コマンドを発行します。複数のラベルを追加または更新するには、このフラグを繰り返し指定します。

データセットがデフォルト プロジェクト以外のプロジェクトにある場合は、[PROJECT_ID]:[DATASET] の形式でプロジェクト ID をデータセットに追加します。

bq update \
--set_label key:value \
project_id:dataset

ここで

  • key:value は、追加または更新するラベルのキーと値のペアに対応します。既存のラベルと同じキーを指定した場合は、その既存ラベルの値が更新されます。キーは一意でなければなりません。
  • project_id は、プロジェクト ID です。
  • dataset は、更新するデータセットです。

例:

mydatasetdepartmentラベルを更新するには、bq update コマンドを入力し、ラベルキーとして department を指定します。たとえば、department:shipping ラベルを department:logistics に更新するには、次のコマンドを入力します。mydataset はデフォルト プロジェクトではなく myotherproject にあります。

    bq update \
    --set_label department:logistics \
    myotherproject:mydataset

出力は次のようになります。

Dataset 'myotherproject:mydataset' successfully updated.

API

既存のデータセットのラベルを追加または更新するには、datasets.patch メソッドを呼び出して、データセット リソースlabels プロパティを追加または更新します。

datasets.update メソッドはデータセット リソース全体を置き換えるため、datasets.patch メソッドの方が適切です。

Go

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Go の手順に従って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"

	"cloud.google.com/go/bigquery"
)

// addDatasetLabel demonstrates adding label metadata to an existing dataset.
func addDatasetLabel(projectID, datasetID string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// datasetID := "mydataset"
	ctx := context.Background()
	client, err := bigquery.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("bigquery.NewClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	ds := client.Dataset(datasetID)
	meta, err := ds.Metadata(ctx)
	if err != nil {
		return err
	}

	update := bigquery.DatasetMetadataToUpdate{}
	update.SetLabel("color", "green")
	if _, err := ds.Update(ctx, update, meta.ETag); err != nil {
		return err
	}
	return nil
}

Java

このサンプルは、Java 用の Google HTTP クライアント ライブラリを使用してリクエストを BigQuery API に送信します。

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Java の設定手順を実施してください。詳細については、BigQuery Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

static final HttpTransport HTTP_TRANSPORT = new NetHttpTransport();
static final JsonFactory JSON_FACTORY = new JacksonFactory();

public static class Dataset {
  @Key private Map<String, String> labels;

  public Map<String, String> getLabels() {
    return this.labels;
  }

  public Dataset addLabel(String key, String value) {
    if (this.labels == null) {
      this.labels = new HashMap<>();
    }
    this.labels.put(key, value);
    return this;
  }
}

/**
 * Add or modify a label on a dataset.
 *
 * <p>See <a href="https://cloud.google.com/bigquery/docs/labeling-datasets">the BigQuery
 * documentation</a>.
 */
public static void labelDataset(
    String projectId, String datasetId, String labelKey, String labelValue) throws IOException {

  // Authenticate requests using Google Application Default credentials.
  GoogleCredential credential = GoogleCredential.getApplicationDefault();
  credential = credential.createScoped(Arrays.asList("https://www.googleapis.com/auth/bigquery"));

  // Get a new access token.
  // Note that access tokens have an expiration. You can reuse a token rather than requesting a
  // new one if it is not yet expired.
  credential.refreshToken();
  String accessToken = credential.getAccessToken();

  // Set the content of the request.
  Dataset dataset = new Dataset();
  dataset.addLabel(labelKey, labelValue);
  HttpContent content = new JsonHttpContent(JSON_FACTORY, dataset);

  // Send the request to the BigQuery API.
  String urlFormat =
      "https://www.googleapis.com/bigquery/v2/projects/%s/datasets/%s"
          + "?fields=labels&access_token=%s";
  GenericUrl url = new GenericUrl(String.format(urlFormat, projectId, datasetId, accessToken));
  HttpRequestFactory requestFactory = HTTP_TRANSPORT.createRequestFactory();
  HttpRequest request = requestFactory.buildPostRequest(url, content);
  request.setParser(JSON_FACTORY.createJsonObjectParser());

  // Workaround for transports which do not support PATCH requests.
  // See: http://stackoverflow.com/a/32503192/101923
  request.setHeaders(new HttpHeaders().set("X-HTTP-Method-Override", "PATCH"));
  HttpResponse response = request.execute();

  // Check for errors.
  if (response.getStatusCode() != 200) {
    throw new RuntimeException(response.getStatusMessage());
  }

  Dataset responseDataset = response.parseAs(Dataset.class);
  System.out.printf(
      "Updated label \"%s\" with value \"%s\"\n",
      labelKey, responseDataset.getLabels().get(labelKey));
}

Node.js

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Node.js の設定手順を実施してください。詳細については、BigQuery Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// Import the Google Cloud client library
const {BigQuery} = require('@google-cloud/bigquery');
const bigquery = new BigQuery();

async function labelDataset() {
  // Updates a label on a dataset.

  /**
   * TODO(developer): Uncomment the following lines before running the sample
   */
  // const datasetId = "my_dataset";

  // Retrieve current dataset metadata.
  const dataset = bigquery.dataset(datasetId);
  const [metadata] = await dataset.getMetadata();

  // Add label to dataset metadata
  metadata.labels = {color: 'green'};
  const [apiResponse] = await dataset.setMetadata(metadata);

  console.log(`${datasetId} labels:`);
  console.log(apiResponse.labels);
}

Python

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Python の手順に従って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


from google.cloud import bigquery

# Construct a BigQuery client object.
client = bigquery.Client()

# TODO(developer): Set dataset_id to the ID of the dataset to fetch.
# dataset_id = "your-project.your_dataset"

dataset = client.get_dataset(dataset_id)  # Make an API request.
dataset.labels = {"color": "green"}
dataset = client.update_dataset(dataset, ["labels"])  # Make an API request.

print("Labels added to {}".format(dataset_id))

テーブルとビューのラベルの更新

テーブルやビューを作成した後にラベルを更新するには、次の方法を使用できます。

  • Cloud Console または従来の BigQuery ウェブ UI を使用する
  • コマンドライン ツールの bq update コマンドを使用する
  • tables.patch API メソッドを呼び出す
    • ビューはテーブル リソースと同様に扱われるため、tables.patch メソッドを使用してビューとテーブルの両方を変更できます。
  • クライアント ライブラリを使用する

必要な権限

テーブルまたはビューのラベルを更新するユーザーには、少なくとも bigquery.tables.update 権限が付与されている必要があります。bigquery.tables.update 権限は、事前定義された以下の Cloud IAM の役割に含まれています。

  • bigquery.dataEditor
  • bigquery.dataOwner
  • bigquery.admin

また、bigquery.datasets.create 権限を持つユーザーがデータセットを作成すると、そのデータセットに対する bigquery.dataOwner アクセス権がユーザーに付与されます。bigquery.dataOwner アクセス権により、ユーザーはデータセットおよびデータセット内のテーブルやビューのラベルを更新できます。

BigQuery での Cloud IAM 役割と権限については、事前定義された役割と権限をご覧ください。

テーブルまたはビューのラベルの更新

テーブルまたはビューのラベルを更新するには:

Console

  1. Cloud Console で、テーブルまたはビューを選択します。

  2. [詳細] タブをクリックしてから、[ラベル] の右側にある鉛筆アイコンをクリックします。

  3. [ラベルの編集] ダイアログで、次の操作を行います。

    • 追加のラベルを適用するには、[ラベルを追加] をクリックします。各キーは 1 つのテーブルまたはビューにつき 1 回だけ使用できますが、同じキーを別のデータセットのテーブルやビューでも使用できます。
    • ラベルを更新するには、既存のキーまたは値を変更します。
    • [更新] をクリックして、変更を保存します。

従来の UI

  1. ウェブ UI でテーブルまたはビューを選択します。

  2. 詳細ページで、[Labels] の右にある [Edit] をクリックします。この例では、テーブルの詳細が表示されています。

    ラベルを編集

  3. [Edit Labels] ダイアログで、次の操作を行います。

    • 追加のラベルを適用するには、[Add Label] をクリックします。各キーは 1 つのテーブルまたはビューにつき 1 回だけ使用できますが、同じキーを別のデータセットのテーブルやビューでも使用できます。
    • ラベルを更新するには、既存のキーまたは値を変更します。
    • [OK] をクリックします。

      新しいラベル

CLI

テーブルまたはビューのラベルを追加または更新するには、set_label フラグを指定して bq update コマンドを発行します。複数のラベルを追加または更新するには、このフラグを繰り返し指定します。

テーブルまたはビューがデフォルト プロジェクト以外のプロジェクトにある場合は、project_id:dataset の形式でプロジェクト ID をデータセットに追加します。

bq update \
--set_label key:value \
project_id:dataset.table_or_view

ここで

  • key:value は、追加または更新するラベルのキーと値のペアに対応します。既存のラベルと同じキーを指定した場合は、その既存ラベルの値が更新されます。キーは一意でなければなりません。
  • project_id は、プロジェクト ID です。
  • dataset は、更新するテーブルまたはビューが含まれるデータセットです。
  • table_or_view は、更新するテーブルまたはビューの名前です。

例:

mytabledepartment ラベルを更新するには、bq update コマンドを入力し、ラベルキーとして department を指定します。たとえば、mytabledepartment:shipping ラベルを department:logistics に更新するには、次のコマンドを入力します。mytable はデフォルト プロジェクトではなく myotherproject にあります。

    bq update \
    --set_label department:logistics \
    myotherproject:mydataset.mytable

出力は次のようになります。

Table 'myotherproject:mydataset.mytable' successfully updated.

API

既存のテーブルまたはビューのラベルを追加または更新するには、tables.patch メソッドを呼び出して、テーブル リソースlabels プロパティを追加または更新します。

ビューはテーブル リソースと同様に扱われるため、tables.patch メソッドを使用してビューとテーブルの両方を変更できます。

tables.update メソッドはデータセット リソース全体を置き換えるため、tables.patch メソッドの方が適切です。

Go

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Go の手順に従って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"

	"cloud.google.com/go/bigquery"
)

// addTableLabel demonstrates adding Label metadata to a BigQuery table.
func addTableLabel(projectID, datasetID, tableID string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// datasetID := "mydataset"
	// tableID := "mytable"
	ctx := context.Background()
	client, err := bigquery.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("bigquery.NewClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	tbl := client.Dataset(datasetID).Table(tableID)
	meta, err := tbl.Metadata(ctx)
	if err != nil {
		return err
	}

	update := bigquery.TableMetadataToUpdate{}
	update.SetLabel("color", "green")
	if _, err := tbl.Update(ctx, update, meta.ETag); err != nil {
		return err
	}
	return nil
}

Java

このサンプルは、Java 用の Google HTTP クライアント ライブラリを使用してリクエストを BigQuery API に送信します。

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Java の設定手順を実施してください。詳細については、BigQuery Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

public static class Table {
  @Key private Map<String, String> labels;

  public Map<String, String> getLabels() {
    return this.labels;
  }

  public Table addLabel(String key, String value) {
    if (this.labels == null) {
      this.labels = new HashMap<>();
    }
    this.labels.put(key, value);
    return this;
  }
}

/**
 * Add or modify a label on a table.
 *
 * <p>See <a href="https://cloud.google.com/bigquery/docs/labeling-datasets">the BigQuery
 * documentation</a>.
 */
public static void labelTable(
    String projectId,
    String datasetId,
    String tableId,
    String labelKey,
    String labelValue)
    throws IOException {

  // Authenticate requests using Google Application Default credentials.
  GoogleCredential credential = GoogleCredential.getApplicationDefault();
  credential = credential.createScoped(Arrays.asList("https://www.googleapis.com/auth/bigquery"));

  // Get a new access token.
  // Note that access tokens have an expiration. You can reuse a token rather than requesting a
  // new one if it is not yet expired.
  credential.refreshToken();
  String accessToken = credential.getAccessToken();

  // Set the content of the request.
  Table table = new Table();
  table.addLabel(labelKey, labelValue);
  HttpContent content = new JsonHttpContent(JSON_FACTORY, table);

  // Send the request to the BigQuery API.
  String urlFormat =
      "https://www.googleapis.com/bigquery/v2/projects/%s/datasets/%s/tables/%s"
          + "?fields=labels&access_token=%s";
  GenericUrl url =
      new GenericUrl(String.format(urlFormat, projectId, datasetId, tableId, accessToken));
  HttpRequestFactory requestFactory = HTTP_TRANSPORT.createRequestFactory();
  HttpRequest request = requestFactory.buildPostRequest(url, content);
  request.setParser(JSON_FACTORY.createJsonObjectParser());

  // Workaround for transports which do not support PATCH requests.
  // See: http://stackoverflow.com/a/32503192/101923
  request.setHeaders(new HttpHeaders().set("X-HTTP-Method-Override", "PATCH"));
  HttpResponse response = request.execute();

  // Check for errors.
  if (response.getStatusCode() != 200) {
    throw new RuntimeException(response.getStatusMessage());
  }

  Table responseTable = response.parseAs(Table.class);
  System.out.printf(
      "Updated label \"%s\" with value \"%s\"\n",
      labelKey, responseTable.getLabels().get(labelKey));
}

Node.js

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Node.js の設定手順を実施してください。詳細については、BigQuery Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// Import the Google Cloud client library
const {BigQuery} = require('@google-cloud/bigquery');
const bigquery = new BigQuery();

async function labelTable() {
  // Adds a label to an existing table.

  /**
   * TODO(developer): Uncomment the following lines before running the sample.
   */
  // const datasetId = 'my_dataset';
  // const tableId = 'my_table';

  const dataset = bigquery.dataset(datasetId);
  const [table] = await dataset.table(tableId).get();

  // Retrieve current table metadata
  const [metadata] = await table.getMetadata();

  // Add label to table metadata
  metadata.labels = {color: 'green'};
  const [apiResponse] = await table.setMetadata(metadata);

  console.log(`${tableId} labels:`);
  console.log(apiResponse.labels);
}

Python

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Python の手順に従って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# from google.cloud import bigquery
# client = bigquery.Client()
# table_ref = client.dataset('my_dataset').table('my_table')
# table = client.get_table(table_ref)  # API request

assert table.labels == {}
labels = {"color": "green"}
table.labels = labels

table = client.update_table(table, ["labels"])  # API request

assert table.labels == labels

ジョブラベルの更新

現在、ジョブラベルの更新はサポートされていません。ジョブのラベルを更新するには、新しいラベルを指定してジョブを再送信してください。

ラベルをタグに変換する

値が空のキーを持つラベルはタグとして使用されます。新しいラベルを値なしで作成したり、既存のラベルをデータセット、表、ビューのタグに変換したりできます。ジョブラベルをタグに変換することはできません。

リソースにラベルを付ける場合で key:value の形式が必要ない場合に、タグを利用できます。たとえば、あるテーブルに格納されているテストデータを複数のグループ(サポート、開発など)で使用する場合に、test_data タグをテーブルに追加してそのことを示します。

必要な権限

ラベルをタグに変換するのに必要な権限は、少なくともラベルの更新に必要な権限と同じです。

  • bigquery.datasets.update は、データセットのラベルを変換する場合に必要です。
  • bigquery.tables.update は、テーブルまたはビューラベルを変換する場合に必要です。

bigquery.datasets.update 権限は、事前定義された以下の Cloud IAM の役割に含まれています。

  • bigquery.dataOwner
  • bigquery.admin

bigquery.tables.update 権限は、事前定義された以下の Cloud IAM の役割に含まれています。

  • bigquery.dataEditor
  • bigquery.dataOwner
  • bigquery.admin

また、bigquery.datasets.create 権限を持つユーザーがデータセットを作成すると、そのデータセットに対する bigquery.dataOwner アクセス権がユーザーに付与されます。bigquery.dataOwner アクセス権により、ユーザーはデータセットおよびデータセット内のテーブルやビューのラベルを更新できます。

BigQuery での Cloud IAM 役割と権限については、事前定義された役割と権限をご覧ください。

タグへのラベルの変換

ラベルをタグに変換するには:

Console

  1. Cloud Console で、データセット、テーブル、またはビューを選択します。

  2. データセットの場合は、データセットの詳細ページが自動的に開きます。テーブルとビューの場合は、[詳細] をクリックして詳細ページを開きます。

    テーブルの詳細

  3. 詳細ページで、[ラベル] の右にある鉛筆アイコンをクリックします。

    ラベル鉛筆

  4. [ラベルの編集] ダイアログで、次の操作を行います。

    • 既存のラベルの値を削除します。
    • [更新] をクリックします。

従来の UI

  1. ウェブ UI で、データセット、テーブル、またはビューを選択します。

  2. データセットの場合は、[Dataset Details] ページが自動的に開きます。テーブルとビューの場合は、[Details] をクリックして詳細ページを開きます。

  3. 詳細ページで、[Labels] の右にある [Edit] をクリックします。

  4. [Edit Labels] ダイアログで、次の操作を行います。

    • 既存のラベルの値を削除します。
    • [OK] をクリックします。

      タグを追加

CLI

ラベルをタグに変換するには、bq update コマンドに set_label フラグを指定します。キーを指定して、後ろにコロンを付けますが、値は指定しません。これにより、既存のラベルがタグに更新されます。

bq update \
--set_label key: \
resource_id

ここで

  • key: は、タグに更新するラベルキーです。
  • resource_id は、有効なデータセット、テーブル、またはビューの名前です。リソースがデフォルト プロジェクト以外のプロジェクトにある場合は、project_id:dataset の形式でプロジェクト ID を追加します。

例:

次のコマンドを入力して、mydataset の既存の test_data:development ラベルをタグに変更します。mydataset はデフォルト プロジェクトではなく myotherproject にあります。

bq update --set_label test_data: myotherproject:mydataset

出力は次のようになります。

Dataset 'myotherproject:mydataset' successfully updated.

API

既存のラベルをタグに変換するには、datasets.patch メソッドまたは tables.patch メソッドを呼び出し、データセット リソースまたはテーブル リソース内のラベル値を空の文字列("")に置き換えます。

ビューはテーブル リソースと同様に扱われるため、tables.patch メソッドを使用してビューとテーブルの両方を変更できます。また、tables.update メソッドはデータセット リソース全体を置き換えるため、tables.patch メソッドを使用します。

次のステップ