料金

Cloud Translation では、月間使用量に基づいて請求されます。このページでは、Cloud Translation - Basic と Cloud Translation - Advanced の使用料金について説明します。翻訳の使用量は 100 万文字(1,000,000 = 106)単位で計算されます。

1 か月あたりの料金

言語の検出やテキストの翻訳のリクエストに含めるテキストなど、Cloud Translation が処理するテキストの量に対して課金されます。この translate メソッドに原文の言語を指定しない場合、Cloud Translation によって原文の言語が検出されます。請求は提供したテキスト分のみ発生します。翻訳に加えて行われる検出に対しては、追加の請求は発生しません。たとえば、原文の言語を指定せずに 1,000 文字を翻訳する場合、請求は 1,000 文字に対してのみ発生します。

料金は「比例」計算で課金されます。料金は実際に Cloud Translation に送信された文字数に応じて請求されます。たとえば、1 か月以内に 575,000 文字を処理するように送信した場合、$1.50 が請求されます。最初の 500,000 文字が無料で、言語検出、翻訳、またはその両方の追加の 75,000 文字に対して請求が発生します。

Cloud Translation - Basic

以下の料金に関する情報は、detect メソッド呼び出しと translate メソッド呼び出しに適用されます。

機能 月間使用量 料金
NMT モデルまたは PBMT モデルのどちらかを使用した言語の検出テキストの翻訳の総使用量 最初の 500,000 文字*

無料($10 のクレジットとして適用)†

500,000 から 10 億文字*

$20 /1,000,000 文字

10 億文字以上*

割引料金についてのご相談は、営業担当者にお問い合わせください。

* 料金は API での処理に送られる文字数に基づきます。文字のカウントについての詳細は、課金対象の文字をご覧ください。

† クレジットの使用は、Cloud Translation - Basic と Cloud Translation - Advanced に一括して適用されます。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

Cloud Translation - Advanced

以下の料金に関する情報は、detectLanguagetranslateTextbatchTranslateText メソッド呼び出しに適用されます。Cloud Translation では、用語集の作成などの他のリクエストに対して請求は発生しません。

一括翻訳については、処理される文字数はソース言語の文字数にターゲット言語の数を乗じたものになります。たとえば、一括翻訳のリクエストで 5,000 文字を送信して 2 つのターゲット言語を含む場合、処理する文字数の合計は 10,000 です。オペレーションが失敗した場合、Cloud Translation では返された正常な翻訳文に対してのみ請求が発生します。

機能 月間使用量 料金
NMT モデルまたは PBMT モデルのどちらかを使用した言語の検出テキストの翻訳一括翻訳の総使用量 最初の 500,000 文字*

無料($10 のクレジットとして適用)†

500,000 から 10 億文字*

$20 /1,000,000 文字

10 億文字以上*

割引料金についてのご相談は、営業担当者にお問い合わせください。

AutoML Translation カスタムモデルを使用したテキストの翻訳 月々の使用量に基づいた段階的料金
AutoML Translation の料金をご覧ください)

* 料金は API での処理に送られる文字数に基づきます。文字のカウントについての詳細は、課金対象の文字をご覧ください。

† クレジットの使用は、Cloud Translation - Basic と Cloud Translation - Advanced に一括して適用されます。

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

課金対象の文字

使用量を計算するため、Google では、文字がマルチバイトの場合でも、文字単位で課金されます。それぞれの文字はコードポイントに対応しています。

Cloud Translation に含むすべての文字に対して(未翻訳の文字も含む)請求は発生します。たとえば、空白文字が含まれます。<p>こんにちは</p> を英語に翻訳する場合、請求の対象となるのは 12 文字です。

また、Google では、空白のクエリについても請求が発生します。コンテンツなしのリクエストを送った場合、Google ではそのリクエストに対して 1 文字分の請求が発生します。

課金対象のプロジェクト

Cloud Translation - Basic については、認証済みのリクエストを行う際に使用した秘密鍵に関連するプロジェクトに対して請求が発生します。

Cloud Translation - Advanced については、リクエストを行った際に使用したプロジェクトではなく、使用する翻訳モデルを含むプロジェクトに対して請求が発生します。たとえば、以下のリクエストは project-number-1 で行われました。しかし、呼び出し元は、project-number-2 にあるモデル(カスタムモデル、PBMT モデル、NMT モデル)にアクセス可能な状態であり、そのモデルを使用しました。この場合、Google は、project-number-2 に対して課金します。

POST https://translation.googleapis.com/v3/projects/project-number-1/locations/us-central1:translateText
{
  "model":"projects/project-number-2/locations/us-central1/models/model",
  "sourceLanguageCode": "en",
  "targetLanguageCode": "ru",
  "contents": ["Dr. Watson, please discard your trash."]
}

同様に、複数のプロジェクトの複数のモデルを使用する一括翻訳についても、そのモデルを含むプロジェクトが請求の対象となり、リクエストを行ったプロジェクトはその対象ではありません。

その他の Google Cloud の費用

翻訳するドキュメントを Cloud Storage に保存する場合や、他の Google Cloud リソース(App Engine インスタンスなど)を Cloud Translation と併用する場合は、そのサービスの利用料も請求の対象となります。現行料金に基づいてその他の費用を試算するには、Google Cloud の料金計算ツールをご利用ください。

Cloud Console で現在の課金ステータス(使用状況や現在の請求額を含む)を確認するには、[お支払い] ページをご覧ください。アカウントの管理について詳しくは、Cloud Billing のドキュメントまたは課金サポートをご覧ください。