Cloud Billing のドキュメント

Cloud 請求先アカウントは、特定の Google Cloud リソースセットに対する支払いを誰が行うかの定義に使用され、1 つ以上のプロジェクトにリンクできます。プロジェクトの利用料金は、リンクされた Cloud 請求先アカウントに請求されます。

Google Cloud サービスを利用するには、プロジェクトにリンクされた有効な Cloud 請求先アカウントが必要です。無料トライアル期間でも、有効な Cloud 請求先アカウントが必要です。Always Free プログラムの対象である Google Cloud のリソースのみを使用している場合も、アカウントが必要になります。

また、Google Maps Platform API の利用料金の支払いにも Cloud 請求先アカウントが必要です。

Google Cloud での課金は、ニーズに合わせてさまざまな方法で構成できます。

  • オンボーディング チェックリストには、Google Cloud リソースと Cloud Billing の構成に関するベスト プラクティスが記載されています。
  • 入門ガイドには、請求先アカウントの設定と管理、費用のモニタリングと分析、請求書に対する支払いなどの情報が記載されています。
  • Cloud Billing のサポート担当者が、Cloud 請求先アカウントや設定、請求書、お支払いなどに関するご質問にお答えします。

いくつかの Cloud Billing API を利用できます。

  • Cloud Billing Account API は、プロジェクトの課金をプログラムで管理するためのメソッドを提供します。
  • Cloud Billing Catalog API は、請求可能 SKU、公開料金、関連メタデータで構成される一般公開の Google Cloud カタログへのアクセスをプログラムで制御します。
  • Cloud Billing Budget API は、Cloud Billing の予算をプログラムで表示、作成、管理を行うためのメソッドを提供します。