Cloud Billing データを BigQuery にエクスポートする

BigQuery への Cloud Billing のエクスポート機能を使用することで、指定した BigQuery データセットに Google Cloud の詳細な課金データ(使用量、費用予測、料金データなど)を終日、自動的にエクスポートできます。これにより、BigQuery から Cloud Billing データにアクセスして、詳細な分析を行うことが可能になります。また、Google データポータルでデータを可視化することもできます。このエクスポート メソッドでは、データを JSON ファイルにエクスポートすることもできます。

タイミングが重要です。分析のニーズに合わせて、より包括的な Google Cloud 課金データのセットにアクセスできるようにするには、Cloud 請求先アカウントを作成すると同時に BigQuery への Cloud Billing データのエクスポートを有効にすることをおすすめします。

BigQuery への請求データのエクスポートに影響する可能性がある制限事項をご確認ください。

次のステップ

コストを効率的に管理し、報告することは、財務管理に欠かせない作業です。これは、数十億ドル規模の事業の場合も、小規模な予算の場合も同じことです。Google Cloud のコストと使用量についてデータドリブンな意思決定を行うには、その判断に必要なデータを収集することから始める必要があります。

以下のタスクについては、このセクションのガイドをご覧ください。

BigQuery への Cloud Billing データのエクスポートを設定する

Cloud Billing データの収集を開始するには、BigQuery への Cloud Billing データのエクスポートを有効にする必要があります。

設定ガイドでは、Cloud Billing データを BigQuery へエクスポートするためのベスト プラクティスと詳細な手順について説明しています。エクスポートできる Cloud Billing データには次のタイプがあります。

  • 標準的な使用料金データ - アカウント ID、請求書の日付、サービス、SKU、プロジェクト、ラベル、ロケーション、費用、使用量、クレジット、調整、通貨など、標準の Cloud 請求先アカウントの使用料金情報が含まれます。

    標準的な使用量データのエクスポートを使用して、費用データの幅広い傾向を分析できます。

  • 詳細な使用料金データ - Cloud 請求先アカウントの費用の詳細が含まれます。標準的な使用料金データに加えて、リソースレベルの費用データ(サービスの使用状況を生成する仮想マシンや SSD など)も含まれます。

    詳細なエクスポートを使用して、リソースレベルでの費用を分析し、コスト増加を引き起こしている可能性のあるリソースを特定します。

  • 料金データ - アカウント ID、サービス、SKU、プロダクト、地理的メタデータ、料金の単位、通貨、集計、階層など、Cloud 請求先アカウントの料金情報が含まれます。

BigQuery を使用して Cloud Billing データの保存およびクエリを行うと、最低料金が発生します。詳細については、使用料金をご覧ください。

BigQuery への請求データのエクスポートに影響する可能性がある制限事項をご確認ください。

Cloud Billing データテーブルについて

BigQuery への Cloud Billing のエクスポートを有効にすると、Cloud Billing のデータテーブルBigQuery データセットに自動的に作成されます。

エクスポートされたコンテンツのデータスキーマを理解するには、BigQuery データセットの各テーブルにエクスポートされた Cloud Billing データのコンテンツのリファレンス情報をご覧ください。

Cloud Billing データのクエリの例を検索する

SQL を使用して Cloud Billing データに対するクエリを実行する場合のヒントとガイダンスについては、クエリの例をご覧ください。

サンプルクエリのページには、次を含めさまざまな SQL の例が示されています。

使用料金

BigQuery を使用して使用量データを保存すると、通常は最低料金が発生します。

  • 指定されたデータセットへのデータの読み込みは、BigQuery の共有リソースのプールを利用してデータを一括で読み込むため無料になります。

  • BigQuery を使用して Cloud Billing データをエクスポートして分析する場合、ストリーミング、保存、クエリのデータ量により、関連するコストが異なります。

一般に、詳細なコスト エクスポートでクエリを実行すると、標準エクスポートにクエリを実行するよりもコストがかかる可能性があります。費用を最適化するには、標準エクスポートで費用の傾向を分析し、詳細なエクスポートによりリソースレベルで費用を追跡して、コスト増加につながる可能性のあるリソースを特定することをおすすめします。

課金対象については、ストレージとクエリの費用をご覧ください。

BigQuery の料金の概要

ここでは、BigQuery で Cloud Billing データをエクスポートして分析する際に請求される可能性がある BigQuery の費用の概要を示します。詳細については、BigQuery の料金をご覧ください。

SKU 料金 詳細
アクティブ ストレージ $0.020/GB 毎月 10 GB まで無料。
長期保存 1 GB あたり $0.010 毎月 10 GB まで無料。
分析 1 TB あたり $5.00 のオンデマンド料金 毎月 1 TB まで無料。
定額料金は、多くの容量をご使用のお客様にご利用いただけます。
ストリーミング挿入 200 MB あたり $0.010 最小サイズは 1 KB で、行ごとに課金されます。
* この SKU に対して無料使用枠はありません。

パーティションへのデータの読み込み、パーティションのコピー、パーティションからのデータのエクスポートなど、パーティション分割テーブルのオペレーションの多くは無料です。これらのオペレーションは無料ですが、BigQuery の割り当てと制限が適用されます。すべての無料オペレーションについては、BigQuery 料金ページの無料のオペレーションをご覧ください。

BigQuery で費用を管理するためのベスト プラクティスについては、BigQuery での費用の管理をご覧ください。

制限事項

Cloud Billing データを BigQuery にエクスポートする場合、次の制限があります。

  • BigQuery データセットに接続されている Cloud 請求先アカウントが非アクティブな場合(たとえば、お支払い方法に問題がある場合)、BigQuery データセットにはアカウントが無効になっている間のデータはありません。
  • 標準使用料金と価格データを含むお客様の BigQuery データセットには、Cloud Billing のエクスポートを設定した日以降に生成された Google Cloud Billing データのみが反映されます。すなわち、Google Cloud の課金データが過去にさかのぼって追加されることはありません。エクスポートを有効にする前の Cloud Billing データは表示されません。詳細については、データの可用性をご覧ください。
  • 詳細な使用料データを含むお客様の BigQuery データセットには、再有効化を実施しない限り、エクスポートを最初に有効にした時点を含む月の開始時点以降に生成された Google Cloud 課金データが反映されます。つまり、Google Cloud の課金データは、当月と前月についてのみ遡及的に追加されます。詳細については、データの可用性をご覧ください。
  • 詳細な使用状況データをエクスポートする場合は、米国(US)や欧州連合(EU)などのマルチリージョン ロケーションで構成されたデータセットにエクスポートする必要があります。マルチリージョン ロケーションではないデータセットを選択すると、Cloud Billing で詳細な課金データがそのデータセット内の適切なテーブルに書き込まれなくなります。
  • BigQuery に請求データをエクスポートする場合、顧客管理の暗号鍵(CMEK)はサポートされません。課金データのデータセットに対して CMEK を有効にすると、Cloud Billing はデータセット内の適切なテーブルに課金データを書き込むことができなくなります。代わりに、データセットを構成して、Google が管理する鍵の暗号化を使用する必要があります。