BigQuery の概要

適切なハードウェアとインフラストラクチャを用意せずに大規模なデータセットの保存や、それに対するクエリを行うと、時間と費用がかかってしまいます。エンタープライズ データ ウェアハウスである Google BigQuery は、Google のインフラストラクチャの処理能力を活用して SQL クエリを超高速で実行し、こうした問題を解決します。データを BigQuery に読み込んだら、後の処理は Google にお任せください。また、データの表示やクエリの実行権限を自分以外のユーザーに付与できるため、業務上の必要に応じてプロジェクトや自分のデータに対するアクセスを制御することも可能です。

BigQuery へのアクセスには、Cloud Console従来のウェブ UIbqコマンドライン ツールが使用できるほか、Java、.NET、Python などの各種クライアント ライブラリを使用して BigQuery REST API を呼び出すこともできます。また、各種サードパーティ製ツールを使用して BigQuery と通信し、データの可視化や、データの読み込みができます。

BigQuery はフルマネージド サービスです。ご利用を開始するにあたり、お客様がディスクや仮想マシンなどのリソースを用意する必要はありません。ウェブクエリを実行するか、bq コマンドライン ツールを使用して、すぐに開始できます。

書籍を入手する

Google BigQuery: Definitive Guide: Data Warehousing, Analytics, and Machine Learning at Scale(Valliappa Lakshmanan、Jordan Tigani 著)は、BigQuery の仕組みについて解説し、サービスの使用方法に関するエンドツーエンドのチュートリアルを提供しています。