アルファ クラスタを作成する

このページでは、Google Kubernetes Engine アルファ クラスタの作成方法について説明します。これは、Google Kubernetes Engine で有効にした Kubernetes アルファ版機能を使用できるクラスタです。詳しくは、クラスタのタイプクラスタ アーキテクチャをご覧ください。

始める前に

作業を始める前に、次のことを確認してください。

次のいずれかの方法で gcloud のデフォルトの設定を指定します。

  • gcloud init。デフォルトの設定全般を確認する場合に使用します。
  • gcloud config。プロジェクト ID、ゾーン、リージョンを個別に設定する場合に使用します。

gcloud init の使用

エラー One of [--zone, --region] must be supplied: Please specify location を受信した場合は、このセクションの内容を実施します。

  1. gcloud init を実行して、次の操作を行います。

    gcloud init

    リモート サーバーで SSH を使用している場合は、--console-only フラグを指定して、コマンドがブラウザを起動しないようにします。

    gcloud init --console-only
  2. 手順に従って gcloud を承認し、Google Cloud アカウントを使用します。
  3. 新しい構成を作成するか、既存の構成を選択します。
  4. Google Cloud プロジェクトを選択します。
  5. デフォルトの Compute Engine ゾーンを選択します。

gcloud config の使用

  • デフォルトのプロジェクト ID を設定します。
    gcloud config set project project-id
  • ゾーンクラスタを使用する場合は、デフォルトのコンピューティング ゾーンを設定します。
    gcloud config set compute/zone compute-zone
  • リージョン クラスタを使用する場合は、デフォルトのコンピューティング リージョンを設定します。
    gcloud config set compute/region compute-region
  • gcloud を最新バージョンに更新します。
    gcloud components update

アルファ クラスタを作成する

アルファ クラスタを作成するには、gcloud ツールまたは Google Cloud Console を使用します。

gcloud

次のコマンドを実行します。

gcloud container clusters create cluster-name \
    --enable-kubernetes-alpha \
    [--zone compute-zone] \
    [--cluster-version version]

次のように置き換えます。

  • cluster-name: クラスタに付ける名前。
  • compute-zone: クラスタを作成するゾーン。オプションの --zone フラグを使用すると、デフォルトの compute/zone プロパティ セットが gcloud config set compute/zone で上書きされます。

  • version: クラスタで実行する GKE バージョン。設定しない場合、クラスタは現在のデフォルト バージョンを実行します。現在のデフォルト バージョンについては、バージョニングとアップグレードをご覧ください。

アルファ クラスタはアップグレードされず、30 日後に削除されるという警告が表示され、確認を求められます。

This will create a cluster with all Kubernetes Alpha features enabled.
- This cluster will not be covered by the GKE SLA and should
  not be used for production workloads.
- You will not be able to upgrade the master or nodes.
- The cluster will be deleted after 30 days.

Console

  1. Cloud Console で Google Kubernetes Engine のメニューに移動します。

    Google Kubernetes Engine のメニューに移動

  2. [クラスタを作成] ボタンをクリックします。

  3. [クラスタの基本] セクションで、次の操作を行います。

    1. クラスタの名前を [名前] に入力します。
    2. [ロケーション タイプ] には [ゾーン] を選択し、クラスタに使用するゾーンを選択します。
    3. マルチゾーン クラスタを作成する場合は、ノードのロケーションを指定するチェックボックスをオンにして、クラスタを実行する追加のゾーンを選択します。
    4. [マスターのバージョン] には [静的バージョン] を選択して、GKE バージョンを選びます。

  4. ナビゲーション パネルで、[ノードプール] の下にある [default-pool] をクリックします。

  5. [ノードプールの詳細] セクションで、次の操作を行います。

    1. [名前] に、デフォルトのノードプールの名前を入力します。
    2. [ノードのバージョン] で、ノードのバージョンを選択します。
    3. [ノード数] に、クラスタ内に作成するノードの数を入力します。ノードとそのリソース(ファイアウォール ルートなど)に使用できるリソース割り当てが必要です。
    4. [自動アップグレード] と [自動修復] のオプションを無効にします。
  6. ナビゲーション パネルで、[ノードプール] の下の [ノード] をクリックします。

  7. [イメージの種類] プルダウン リストから、目的のノードイメージを選択します。

  8. インスタンスに使用するデフォルトの [マシンの構成] を選択します。マシンタイプごとに課金方法は異なります。デフォルトのマシンタイプは e2-medium です。マシンタイプごとの料金については、マシンタイプの料金表をご覧ください。

  9. [ブートディスクの種類] プルダウン リストから、目的のディスクの種類を選択します。

  10. [ブートディスク サイズ] を入力します。

  11. ナビゲーション パネルの [クラスタ] の下の [機能] をクリックします。

  12. [このクラスタで Kubernetes アルファ版の機能を有効にする] をクリックします。

  13. [影響について理解しました] を選択して、警告を受け入れます。

  14. [作成] をクリックします。

クラスタを作成した後、コマンドラインからクラスタとやり取りするには、その前に kubectl を構成する必要があります。

アルファ クラスタの有効期限を確認する

アルファ クラスタの有効期限を確認するには、次のコマンドを実行します。

gcloud container clusters list

次のステップ