アルファ クラスタ

このページでは、Kubernetes アルファ版機能の概要と Google Kubernetes Engine でのアルファ クラスタの動作について説明します。アルファ クラスタを作成する方法については、クラスタの作成をご覧ください。

概要

Kubernetes のアルファ版機能を体験するには、アルファ クラスタを作成します。アルファ クラスタは有効期限の短いクラスタであり、Kubernetes の安定版リリースを実行します。このクラスタでは、Kubernetes API と機能のすべてを使用できます。アルファ クラスタは熟練したユーザーおよびアーリー アドプターが、新機能が本番環境に対応する前に、新機能を利用するワークロードを体験できるように提供されています。アルファ クラスタは通常の GKE クラスタと同様に使用できます。

アルファ クラスタは、現在のデフォルト バージョンの Kubernetes を既定値として実行します。クラスタの作成中に異なるバージョンを指定できます。利用可能な Kubernetes バージョンを確認するには、バージョニングとアップグレードおよびリリースノートをご覧いただくか、gcloud container get-server-config を実行してください。

アルファ クラスタには次のような制限があります。

  • GKE SLA の対象外
  • アップグレード不可
    • アルファ クラスタでは、ノードの自動アップグレードと自動修復は無効になっています
  • 30 日後に自動的に削除
  • セキュリティ アップデートは受領しない

アルファ クラスタとアルファ GKE バージョンの違い

アルファ クラスタは、必ずしも「アルファ」バージョンの GKE を実行するわけではありません。アルファ クラスタという用語は、クラスタが実行されている Kubernetes のバージョンにかかわらず、アルファ API が Kubernetes と GKE の両方に対して有効になっていることを意味します。テストと検証のため、通常は利用できない GKE バージョンをお客様がテストする機能を Google は定期的に提供します。この早期アクセス バージョンは、アルファ クラスタとして実行したり、Kubernetes アルファ API を有効にしないクラスタとして実行することもできます。

最新の Kubernetes アルファ機能

Kubernetes の大半のリリースには、アルファ クラスタでテストできる新しいアルファ版機能が含まれています。Kubernetes のリリースと各リソースに含まれる機能については、Kubernetes の変更履歴をご覧ください。

機能のステージについて

新しい Kubernetes 機能は、初期開発段階、アルファ版、ベータ版、安定版の 4 段階で導入されます。

安定性と本番環境での品質を維持するため、通常の GKE クラスタではベータ版以降の機能だけを有効にします。アルファ機能は本番環境またはアップグレードに対応していないため、通常のクラスタでは有効になっていません。

GKE は Kubernetes コントロール プレーンを自動的にアップグレードするため、本番環境でアルファ版機能を有効にすると、新しいバージョンで互換性のない変更が行われた場合にクラスタの信頼性が損なわれる可能性があります。

Kubernetes 機能のステージの詳細については、Kubernetes ドキュメントでアルファ版、ベータ版、安定版の情報をご覧ください。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Kubernetes Engine のドキュメント