診断情報の収集


このドキュメントでは、診断ツールを使用して仮想マシン(VM)インスタンスの情報を収集する方法について説明します。サポートに問い合わせる前に、ツールで収集した情報を基本的なトラブルシューティングに活用してください。

ツールは次の処理を行います。

  • 指定した VM からのみ情報を収集します。

  • 情報はプロジェクトにのみ保存されます。

  • 情報を Cloud Storage バケットに 10 日間保存します。デフォルトで Cloud Storage バケットにアクセスできるのは自分だけです。

収集した情報を Google サポートと共有する前に、次のことを行ってください。

  1. 機密情報または個人を特定できる情報(PII)に関して確認します。

  2. 情報を削除またはマスキングします。

VM から収集された診断情報

この診断ツールは次の情報を収集します。

Compute Engine がこれらの情報を収集する方法については、公開リポジトリをご覧ください。

制限事項

  • 診断情報は、Windows Server に基づいて作成された VM からのみ収集できます。

始める前に

  • このガイドのコマンドラインの例を使用する場合は、次の操作を行います。
    1. Google Cloud CLI の最新バージョンをインストールするか、最新バージョンに更新します。
    2. デフォルトのリージョンとゾーンを設定します。
  • このガイドの API の例を使用する場合、API アクセスを設定します
  • Compute Engine は、v20190714 以降の Windows Server イメージの公開バージョンに診断ツールをデフォルトでインストールします。Windows Server イメージのバージョンが v20190714 よりも前の場合、またはカスタム イメージを使用している場合は、googet install google-compute-engine-diagnostics コマンドを使用してツールをインストールします。

VM からの診断情報の収集

診断ツールを VM から直接実行するか、Google Cloud CLI を使用してリモートから実行します。Windows ベースの VM の場合、診断ツールは C:\Program Files\Google\Compute Engine\diagnostics ディレクトリにあります。

このタスクに必要な権限

このタスクを行うには、次の権限が必要です。

  • プロジェクトに対する roles/iam.serviceAccountTokenCreator

gcloud

  1. プロジェクトに対する iam.serviceAccountTokenCreator ロールを付与します。

    gcloud projects add-iam-policy-binding PROJECT_ID \
        --member user:EMAIL \
        --role roles/iam.serviceAccountTokenCreator
    

    以下を置き換えます。

    • PROJECT_ID: プロジェクト ID
    • EMAIL: iam.serviceAccountTokenCreator ロールを付与するメールアドレス。
  2. 診断情報をオブジェクトとして Cloud Storage バケットにエクスポートします。

    gcloud compute diagnose export-logs VM_NAME \
      [--collect-process-traces]
    

    オプションの --collect-process-traces フラグは、実行中のシステムの 10 分間のトレース(CPU、ディスク、ファイル、ネットワーク アクティビティを含む)を収集するかどうかを指定します。Windows ベースの VM では、Windows パフォーマンス レコーダーが使用されます。

    以下を置き換えます。

    • VM_NAME: 診断情報を収集する VM の名前
  3. ログのエクスポート処理が完了するまで数分かかる場合があります。ステータスを表示するには、gcloud compute instances get-serial-port-output コマンドを使用します。

  4. Compute Engine は、診断情報を含むバケットの名前を diagnostic_logs_project_PROJECT_NUMBER という形式で設定します。バケットを表示またはダウンロードするには、gsutil tool を使用するか、Google Cloud Console の [Cloud Storage] ページを使用します。

    [ストレージ] に移動

次のステップ