Windows VM の使用に関するクイックスタート

このページでは、Google Cloud Platform Console を使用して Compute Engine で Windows 仮想マシン インスタンスを作成する方法について説明します。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Cloud Platform Console プロジェクトを選択または作成します。

    [プロジェクト] ページに移動

  3. プロジェクトの課金を有効にします。

    課金の有効化

  4. ローカルマシンで Windows を使用していない場合は、FusionLabs の Chrome RDP など、サードパーティの RDP クライアントをインストールしておきます。

仮想マシン インスタンスを作成する

  1. GCP Console の [VM インスタンス] ページに移動します。

    [VM インスタンス] ページに移動

  2. [インスタンスを作成] をクリックします。
  3. [ブートディスク] の [変更] をクリックし、ブートディスクの構成を開始します。
  4. OS イメージタブでWindows Server 2012 R2を選択します。
  5. [選択] をクリックします。
  6. [ファイアウォール] で、[HTTP トラフィックを許可する] を選択します。
  7. [作成] をクリックしてインスタンスを作成します。

必要なオプションを設定した状態の VM インスタンス作成ウィンドウのスクリーンショット

インスタンスが起動するまで、しばらくお待ちください。準備が完了すると、[VM インスタンス] ページに緑色のステータス アイコン付きで表示されます。

インスタンスへの接続

  1. Google Cloud Platform Console の [VM インスタンス] ページに移動します。

    VM インスタンスのページに移動

  2. [名前] 列で、仮想マシン インスタンスの名前をクリックします。
  3. [リモート アクセス] セクションで、[Windows パスワードの設定] ボタンをクリックします。
  4. ユーザー名を指定して [設定] をクリックし、その Windows インスタンスの新しいパスワードを生成します。インスタンスにログインできるように、ユーザー名とパスワードを保存しておきます。
  5. RDP を使用して、次のようにインスタンスに接続します。
    • FusionLabs で Chrome RDP をインストールした場合は、[リモート アクセス] セクションの下の [RDP] ボタンをクリックします。
    • 別の RDP クライアント(Windows のリモート デスクトップ接続など)を使用している場合は、RDP ボタンのオーバーフロー メニューをクリックして RDP ファイルをダウンロードします。この RDP ファイルをクライアントで開きます。

クリーンアップ

このチュートリアルで使用するリソースについて Google Cloud Platform アカウントに課金されないようにする手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud Platform Console の [VM インスタンス] ページに移動します。

    [VM インスタンス] ページに移動

  2. 作成したインスタンスの名前をクリックします。
  3. インスタンスの詳細ページの上部にある [削除] をクリックします。

次のステップ

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント