概要

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

起動スクリプトは、仮想マシン(VM)インスタンスの起動時に実行されるコマンドを含むファイルです。Compute Engine では、Linux VM と Windows VM 上で起動スクリプトを実行するためのサポートが提供されています。

次の表に、起動スクリプトの使用方法に関するドキュメントへのリンクを示します。

起動スクリプトのタスク 最適な用途 手順へのリンク
起動スクリプトを直接渡す 256 KB までのスクリプト
Linux VM Windows VM
ローカル ファイルから起動スクリプトを渡す 256 KB までのスクリプト
Linux VM Windows VM
Cloud Storage から起動スクリプトを渡す 256 KB を超えるスクリプト
Linux VM Windows VM
起動スクリプトからメタデータにアクセスする 同じスクリプトを使用する VM ごとに異なる値を渡す
Linux VM Windows VM
起動スクリプトを再実行する VM を再起動せずにスクリプトを実行する
Linux VM Windows VM
起動スクリプトの出力を表示する スクリプトの進行状況をモニタリングする
Linux VM Windows VM

次のステップ