ストレージ バケットの作成

このページでは、Cloud Storage バケットの作成方法について説明します。バケットの概要については、主な用語をご覧ください。リクエストで指定されていない限り、バケットは、US マルチリージョンで作成され、デフォルトのストレージ クラスは Standard Storage になります。

新しいストレージ バケットを作成するには:

Console

  1. Google Cloud Console で Cloud Storage ブラウザを開きます。
    Cloud Storage ブラウザを開く
  2. [バケットを作成] をクリックして、バケット作成フォームを開きます。
  3. 新しいバケット。

  4. バケット情報を入力し、[続行] をクリックして各ステップを完了します。
    • バケット名の要件に従って、名前を指定します。
    • バケットデータを永続的に保存するロケーション タイプロケーションを選択します。
    • バケットのデフォルトのストレージ クラスを選択します。デフォルトのストレージ クラスは、デフォルトでバケットにアップロードされたすべてのオブジェクトに割り当てられます。

      注: 右側の [毎月の費用の見積もり] パネルでは、選択したストレージ クラスとロケーション、予想されるデータサイズとオペレーションに基づいてバケットの毎月のコストを見積もります。

    • [アクセス制御モデル] を選択して、バケットのオブジェクトに対するアクセスの制御方法を決定します。
    • 必要に応じて、バケットラベルの追加、保持ポリシーの設定、暗号化方式の選択を行えます。
  5. [作成] をクリックします。

Cloud Storage ブラウザで失敗したオペレーションに関する詳細なエラー情報を確認する方法については、トラブルシューティングをご覧ください。

gsutil

gsutil mb コマンドを使用します。

gsutil mb gs://BUCKET_NAME

ここで

  • BUCKET_NAME は、バケットに付ける名前で、命名要件の対象となります。例: my-bucket

リクエストが成功すると、コマンドから次のメッセージが返されます。

Creating gs://BUCKET_NAME/...

次のオプション フラグを設定すると、バケットの作成をより詳細に管理できます。

例:

  gsutil mb -p PROJECT_ID -c STORAGE_CLASS -l BUCKET_LOCATION -b on gs://BUCKET_NAME

コードサンプル

の JSON API リファレンスをご覧ください。

C++

詳細については、Cloud Storage C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace gcs = google::cloud::storage;
using ::google::cloud::StatusOr;
[](gcs::Client client, std::string const& bucket_name,
   std::string const& storage_class, std::string const& location) {
  StatusOr<gcs::BucketMetadata> bucket_metadata =
      client.CreateBucket(bucket_name, gcs::BucketMetadata()
                                           .set_storage_class(storage_class)
                                           .set_location(location));

  if (!bucket_metadata) {
    throw std::runtime_error(bucket_metadata.status().message());
  }

  std::cout << "Bucket " << bucket_metadata->name() << " created."
            << "\nFull Metadata: " << *bucket_metadata << "\n";
}

C#

詳細については、Cloud Storage C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Apis.Storage.v1.Data;
using Google.Cloud.Storage.V1;
using System;

public class CreateRegionalBucketSample
{
    /// <summary>
    /// Creates a storage bucket with region.
    /// </summary>
    /// <param name="projectId">The ID of the project to create the buckets in.</param>
    /// <param name="location">The location of the bucket. Object data for objects in the bucket resides in
    /// physical storage within this region. Defaults to US.</param>
    /// <param name="bucketName">The name of the bucket to create.</param>
    /// <param name="storageClass">The bucket's default storage class, used whenever no storageClass is specified
    /// for a newly-created object. This defines how objects in the bucket are stored
    /// and determines the SLA and the cost of storage. Values include MULTI_REGIONAL,
    /// REGIONAL, STANDARD, NEARLINE, COLDLINE, ARCHIVE, and DURABLE_REDUCED_AVAILABILITY.
    /// If this value is not specified when the bucket is created, it will default to
    /// STANDARD.</param>
    public Bucket CreateRegionalBucket(
        string projectId = "your-project-id",
        string bucketName = "your-unique-bucket-name",
        string location = "us-west1",
        string storageClass = "REGIONAL")
    {
        var storage = StorageClient.Create();
        Bucket bucket = new Bucket
        {
            Location = location,
            Name = bucketName,
            StorageClass = storageClass
        };
        var newlyCreatedBucket = storage.CreateBucket(projectId, bucket);
        Console.WriteLine($"Created {bucketName}.");
        return newlyCreatedBucket;
    }
}

Go

詳細については、Cloud Storage Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"
	"time"

	"cloud.google.com/go/storage"
)

// createBucketClassLocation creates a new bucket in the project with Storage class and
// location.
func createBucketClassLocation(w io.Writer, projectID, bucketName string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// bucketName := "bucket-name"
	ctx := context.Background()
	client, err := storage.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("storage.NewClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	ctx, cancel := context.WithTimeout(ctx, time.Second*10)
	defer cancel()

	storageClassAndLocation := &storage.BucketAttrs{
		StorageClass: "COLDLINE",
		Location:     "asia",
	}
	bucket := client.Bucket(bucketName)
	if err := bucket.Create(ctx, projectID, storageClassAndLocation); err != nil {
		return fmt.Errorf("Bucket(%q).Create: %v", bucketName, err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Created bucket %v in %v with storage class %v\n", bucketName, storageClassAndLocation.Location, storageClassAndLocation.StorageClass)
	return nil
}

Java

詳細については、Cloud Storage Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import com.google.cloud.storage.Bucket;
import com.google.cloud.storage.BucketInfo;
import com.google.cloud.storage.Storage;
import com.google.cloud.storage.StorageClass;
import com.google.cloud.storage.StorageOptions;

public class CreateBucketWithStorageClassAndLocation {
  public static void createBucketWithStorageClassAndLocation(String projectId, String bucketName) {
    // The ID of your GCP project
    // String projectId = "your-project-id";

    // The ID to give your GCS bucket
    // String bucketName = "your-unique-bucket-name";

    Storage storage = StorageOptions.newBuilder().setProjectId(projectId).build().getService();

    // See the StorageClass documentation for other valid storage classes:
    // https://googleapis.dev/java/google-cloud-clients/latest/com/google/cloud/storage/StorageClass.html
    StorageClass storageClass = StorageClass.COLDLINE;

    // See this documentation for other valid locations:
    // http://g.co/cloud/storage/docs/bucket-locations#location-mr
    String location = "ASIA";

    Bucket bucket =
        storage.create(
            BucketInfo.newBuilder(bucketName)
                .setStorageClass(storageClass)
                .setLocation(location)
                .build());

    System.out.println(
        "Created bucket "
            + bucket.getName()
            + " in "
            + bucket.getLocation()
            + " with storage class "
            + bucket.getStorageClass());
  }
}

Node.js

詳細については、Cloud Storage Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment the following lines before running the sample.
 */
// The ID of your GCS bucket
// const bucketName = 'your-unique-bucket-name';

// The name of a storage class
// See the StorageClass documentation for other valid storage classes:
// https://googleapis.dev/java/google-cloud-clients/latest/com/google/cloud/storage/StorageClass.html
// const storageClass = 'coldline';

// The name of a location
// See this documentation for other valid locations:
// http://g.co/cloud/storage/docs/bucket-locations#location-mr
// const location = 'ASIA';

// Imports the Google Cloud client library
const {Storage} = require('@google-cloud/storage');

// Creates a client
// The bucket in the sample below will be created in the project associated with this client.
// For more information, please see https://cloud.google.com/docs/authentication/production or https://googleapis.dev/nodejs/storage/latest/Storage.html
const storage = new Storage();

async function createBucketWithStorageClassAndLocation() {
  // For default values see: https://cloud.google.com/storage/docs/locations and
  // https://cloud.google.com/storage/docs/storage-classes
  const [bucket] = await storage.createBucket(bucketName, {
    location,
    [storageClass]: true,
  });

  console.log(
    `${bucket.name} created with ${storageClass} class in ${location}`
  );
}

createBucketWithStorageClassAndLocation().catch(console.error);

PHP

詳細については、Cloud Storage PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\Storage\StorageClient;

/**
 * Create a Cloud Storage Bucket.
 *
 * @param string $bucketName name of the bucket to create.
 * @param string $options options for the new bucket.
 *
 */
function create_bucket($bucketName, $options = [])
{
    $storage = new StorageClient();
    $bucket = $storage->createBucket($bucketName, $options);
    printf('Bucket created: %s' . PHP_EOL, $bucket->name());
}

Python

詳細については、Cloud Storage Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import storage

def create_bucket_class_location(bucket_name):
    """Create a new bucket in specific location with storage class"""
    # bucket_name = "your-new-bucket-name"

    storage_client = storage.Client()

    bucket = storage_client.bucket(bucket_name)
    bucket.storage_class = "COLDLINE"
    new_bucket = storage_client.create_bucket(bucket, location="us")

    print(
        "Created bucket {} in {} with storage class {}".format(
            new_bucket.name, new_bucket.location, new_bucket.storage_class
        )
    )
    return new_bucket

Ruby

詳細については、Cloud Storage Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

def create_bucket_class_location bucket_name:
  # The ID to give your GCS bucket
  # bucket_name = "your-unique-bucket-name"

  require "google/cloud/storage"

  storage = Google::Cloud::Storage.new
  bucket  = storage.create_bucket bucket_name,
                                  location:      "ASIA",
                                  storage_class: "COLDLINE"

  puts "Created bucket #{bucket.name} in #{bucket.location} with #{bucket.storage_class} class"
end

REST API

JSON API

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するように Playground を構成します。
  2. バケットの設定を含む .json ファイルを作成します。この設定には、バケットの name を含める必要があります。設定の一覧については、Buckets:Insert のドキュメントをご覧ください。一般的な設定は次のとおりです。
  3. {
      "name": "BUCKET_NAME",
      "location": "BUCKET_LOCATION",
      "storageClass": "STORAGE_CLASS",
      "iamConfiguration": {
        "uniformBucketLevelAccess": {
          "enabled": true
        },
      }
    }

    ここで

  4. cURL を使用して JSON API を呼び出します。
    curl -X POST --data-binary @JSON_FILE_NAME.json \
         -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
         -H "Content-Type: application/json" \
         "https://storage.googleapis.com/storage/v1/b?project=PROJECT_ID"

    ここで

    • JSON_FILE_NAME は手順 2 で作成した JSON ファイルの名前です。
    • OAUTH2_TOKEN は、ステップ 1 で生成したアクセス トークンです。
    • PROJECT_ID は、バケットが関連付けられるプロジェクトの ID です。例: my-project

XML API

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するように Playground を構成します。
  2. 次の情報を含む .xml ファイルを作成します。
  3. <CreateBucketConfiguration>
       <LocationConstraint>BUCKET_LOCATION</LocationConstraint>
       <StorageClass>STORAGE_CLASS</StorageClass>
    </CreateBucketConfiguration>

    ここで

  4. cURL を使用して、XML API を呼び出します。
    curl -X PUT --data-binary @XML_FILE_NAME.xml \
         -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
         -H "x-goog-project-id: PROJECT_ID" \
         "https://storage.googleapis.com/BUCKET_NAME"

    ここで

    • XML_FILE_NAME は手順 2 で作成した XML ファイルの名前です。
    • OAUTH2_TOKEN は、ステップ 1 で生成したアクセス トークンです。
    • PROJECT_ID は、バケットが関連付けられるプロジェクトの ID です。例: my-project
    • BUCKET_NAME は、バケットに付ける名前で、命名要件の対象となります。例: my-bucket

次のステップ

使ってみる

Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Cloud Storage のパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。

Cloud Storage 無料トライアル