コンピューティング オプションの選択

このページでは、Google Cloud Platform のアプリケーションをホスティングするためのオプションについて説明します。ストレージ、ネットワーキング、ビッグデータ等の Cloud Platform で提供されているサービス、および Google レベルのセキュリティ全ての利点を、これらのオプションにより、利用することができます。

オプションの比較

Google では、PaaS(platform-as-a-service)および IaaS(infrastructure-as-a-service)を、オプションとして提供しています。これらのオプションとその説明は次の表のとおりです。

サービス ニーズ 特性 一般的なユースケース

Google App Engine
Google App Engine

高可用性アプリの構築のためのフレキシブルな操作不要プラットフォーム

  • コードの書き込みに焦点を置いており、サーバー、クラスタ、インフラストラクチャに触れたくない場合
  • 独自で全ての作業を行わずに、信頼性が高く、拡張可能なアプリもしくはコンポーネントを構築したい場合
  • インフラストラクチャ制御におけるデベロッパー速度を重視している場合
  • 操作上のオーバーヘッドを削減したい場合
  • スマートなデフォルトと高いカスタマイズ性を兼ね備えた、キュレート済みスタック
  • Java、Python、PHP、Go、Ruby(ベータ版)、Node.js(ベータ版)、独自のアプリ ランタイムに対応
  • 統合型 SDK、管理されたサービス、ローカル開発環境
  • ゼロダウンタイム アップグレード装備アプリ バージョニング
  • トラフィック分割
  • 自動スケーリングを備えた自動的高可用性
  • ウェブサイト
  • モバイルアプリやゲーム バックエンド
  • RESTful API
  • 内部 LOB(業務処理)アプリ
  • IoT(モノのインターネット)アプリ

Google Container Engine
Google Container Engine

Kubernetes によるロジカル インフラストラクチャ、オープンソース コンテナのオーケストレーション システム

  • OS からアプリを分離することで、速度を上げ、操作性を劇的に改善したい場合
  • コンテナの管理において、安全で拡張可能な方法が必要な場合
  • 特定の OS に依存していない場合
  • ロジカル インフラストラクチャ - 仮想マシンではなく、アプリ コンポーネントにフォーカス
  • 疎結合分散型システムの構築のための簡単なメカニズム
  • ラップトップ、オンプレミス、クラウドと同じアプリケーション
  • コンテナ化ワークロード
  • クラウドネイティブ分散型システム
  • ハイブリッド アプリケーション

Google Compute Engine
Google Compute Engine

Google グローバル データセンター ネットワークの仮想マシン

  • インフラストラクチャにおける全制御が必要な場合
  • パフォーマンスの低下を防ぐため、独自のネットワーク、グラフィックドライバーの提供等、OS レベルの変更が必要な場合
  • 書き換えをせずに、独自のコロケーションやデータセンターから、クラウドへとアプリケーションを移動したい場合
  • コンテナ化が難しいソフトウェア パッケージを実行する必要がある場合、もしくは既存の VM イメージを使用したい場合
  • ネットワーク接続および超高性能ローカル ストレージ オプション装備仮想マシン
  • 低コストな一括ジョブおよびフォールトトレラント ワークロードのためのプリエンプティブ仮想マシン
  • 共通の VM におけるカスタマイズ可能な負荷分散および自動スケーリング
  • Linux および Windows OS の多くの機能に対応
  • 特定の OS もしくは OS 設定を必要とするワークロード
  • Cloud で実行するデプロイ済み、オンプレミス ソフトウェア

オプションの組み合わせ

全てのアプリケーションに対応するコンピューティングの選択は、ひとつに制限されるわけではありません。オプションを組み合わせ、アプリケーション コンポーネントにあった適切なアプローチを選択、接続することが可能です。たとえば、次のようなことが可能です。

  • Redis を Compute Engine で実行しながら、フロントエンド サービング レイヤのために App Engine を使用する
  • Windows を実行する Compute Engine VM を使用しているレンダリング マイクロサービスのために Container Engine を使用する
  • データベースとしてのウェブ フロントエンド、Cloud SQL、ビッグデータ処理用 Container Engine のために App Engine を使用する

コンピューティング オプションをエンドツーエンド ソリューションに適応させる方法に関する詳細は、Google Cloud Platform の使用方法を参照してください。

次のステップ

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。

フィードバックを送信...