基本的な Apache ウェブサーバーの実行

Google Compute Engine の仮想マシン インスタンスは、通常の Linux サーバーと同じように制御できます。シンプルな Apache ウェブサーバーをデプロイすると、仮想マシン インスタンスでサーバーを実行するための基礎を学ぶことができます。

事前準備

HTTP トラフィックを許可する Linux インスタンスを作成します。

  • クイックスタートの手順に沿って、新しい Linux インスタンスを作成して接続します。
  • Linux インスタンスを作成する際に、[ファイアウォール] セクションにスクロールし、[HTTP トラフィックを許可する] ボックスをオンにします。このボックスをオンにすると、外部 IP アドレスが有効になります。

Apache のインストール

  1. Debian のパッケージ マネージャを使用して、apache2 パッケージをインストールします。

    sudo apt-get update && sudo apt-get install apache2 -y
    
  2. 次のコマンドを使用して、Apache ウェブサーバーのデフォルトのウェブページを上書きします。

    echo '<!doctype html><html><body><h1>Hello World!</h1></body></html>' | sudo tee /var/www/html/index.html
    

サーバーのテスト

インスタンスの外部 IP でトラフィックが処理されているかどうかをテストします。

  1. Google Cloud Platform Console の [VM インスタンス] ページに移動します。

    [VM インスタンス] ページに移動

  2. [外部 IP] 列で、インスタンスの外部 IP をコピーします。
  3. ブラウザで、http://[EXTERNAL_IP] に移動します。

「Hello World!」ページが表示されます。

クリーンアップ

テストが完了したら、仮想マシン インスタンスに課金されないように、クイックスタートの手順に従ってクリーンアップを実行します。

トラブルシューティング

Connection Refused エラーが発生する

Connection Refused エラーが表示される場合は、次のような可能性があります。

  • ファイアウォール ルールまたはタグが次のように誤って構成されているため、VM インスタンスが一般公開されていない。

    • Compute Engine が VM インスタスに該当するファイアウォール ルールを適用するための適切なタグが、インスタンスに構成されていない。
    • インスタンスの外部 IP アドレスへのトラフィックを許可するファイアウォール ルールが、プロジェクトに構成されていない。
  • https アドレスを使用して VM にアクセスしようとしている。URL が https://[EXTERNAL_IP] ではなく http://[EXTERNAL_IP] であることを確認してください。

VM インスタンスに正しいタグが設定されていることを確認するには:

  1. Google Cloud Platform Console の [VM インスタンス] ページに移動します。

    [VM インスタンス] ページに移動

  2. 接続するインスタンスの名前をクリックします。
  3. ページ上部の [編集] をクリックします。
  4. [ファイアウォール] までスクロールし、[HTTP トラフィックを許可する] ボックスがオンになっていることを確認します。オンになっていない場合には、オンにします。
  5. 変更を保存します。これにより、正しいタグが VM インスタンスに確実に追加されます。

ファイアウォール ルールを適切な状態にするには:

  1. Google Cloud Platform Console で [ファイアウォール ルール] ページに移動します。

    [ファイアウォール ルール] ページに移動

  2. ファイアウォール ルールで、TCP:80 を経由するすべての IP 範囲を許可しているものを探します。通常、このルールは default-allow-http ルールという名前になっています。
  3. ルールが存在しない場合は、作成します。
    1. [ファイアウォール ルールの作成] をクリックします。
    2. ルールの名前(default-allow-http など)を入力します。
    3. [ソース IP の範囲] に「0.0.0.0/0」と入力して、すべてのソースからのトラフィックを許可します。
    4. [プロトコルとポート] で、[指定したプロトコルとポート] をオンにして「tcp:80」と入力します。
    5. ファイアウォール ルールを作成します。

サーバーを再度テストするために、インスタンスの外部 IP アドレスにアクセスします。

http://[EXTERNAL_IP]

次のステップ

Google Compute Engine でウェブサイトをホストする方法を学びます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント