BigQuery Reservations のモニタリング

INFORMATION_SCHEMA を使用してプロジェクトと予約スロットの使用状況を表示する

プロジェクトと予約の使用状況に関する情報は、INFORMATION_SCHEMA ジョブビューでのクエリに使用できます。予約名は、ジョブビューreservation_id フィールドに格納されます。

Cloud Console を使用したプロジェクトと予約スロットの使用状況を表示する

Cloud Console では、スロットの使用状況をグラフで表示できます。詳細については、管理リソースグラフの概要のドキュメントをご覧ください。

Cloud Monitoring でプロジェクトと予約スロットの使用状況を表示する

情報は、Cloud Monitoring の「Slots Allocated」指標から取得されます。この指標情報には、予約ごと、ジョブごとのスロットの使用状況の内訳が含まれます。また、カスタムグラフの Metric Explorer で情報を可視化することもできます。

予約のモニタリング。

また、次のツールを使用してスロットの使用状況を確認することもできます。

定額料金の表示

定額料金をリアルタイムで表示するには:

  1. Google Cloud Console で、お支払いポータルに移動します。
  2. [レポート] セクションに移動します。

予約の請求レポート。

  1. (省略可)[フィルタ] で次の設定が可能です。
    1. SKU でグループ分け。
    2. 「BigQuery」でフィルタ。

Cloud Console に、各リージョンと各コミットメント タイプの BigQuery 定額料金(年額と月額)が表示されます。

予約 SKU。

予約費用の帰属

この機能を使用すると、予約を使用したすべてのプロジェクトの特定のクエリ使用量に予約料金を帰属させることができます。これにより、各プロジェクトの純費用がより正確になります。

すべての BigQuery Reservations API のお客様には、Cloud Billing データに「Analysis Slots Attribution」という項目があります。これは、各プロジェクトで消費された予約済みスロットの割合を示します。これには、お支払いポータルと Cloud Billing エクスポートの両方が含まれます。この新しい項目に費用はかからず、変更後も、請求書の合計額に影響はありません。

監査ログ

BigQuery の予約に関連するリソースの作成、削除、更新は、オーナー プロジェクトの監査ログに記録されます。詳細については、BigQuery の監査ログをご覧ください。