バケットの命名ガイドライン

このページでは、Cloud Storage でバケットを作成する際に従う必要のある命名規則について説明します。バケットの作成方法について詳しくは、ストレージ バケット作成のガイドをご覧ください。

バケット名の要件

バケット名は次の要件を満たす必要があります。

  • バケット名に使用できる文字は、小文字、数字、ダッシュ(-)、下線(_)、ドット(.)のみです。スペースは使用できません。ドットを使用している名前には確認が必要です。
  • バケット名の先頭と末尾は、数字または文字にする必要があります。
  • バケット名の長さは 3~63 文字でなければなりません。ドットを使用している名前には最大 222 文字を使用できますが、ドットで区切られている各要素は 63 文字以下とします。
  • バケット名はドット区切りの十進表記の IP アドレス(例: 192.168.5.4)として表すことはできません。
  • バケット名の先頭に接頭辞「goog」は使用できません。
  • バケット名に「google」や「google」と類似する表記(「g00gle」など)を含めることはできません。

また、DNS 準拠と将来の互換性確保のため、アンダースコア(_)は使用しないでください。ドットを連続して使用することもできません。また、ドットとダッシュを隣り合わせて使用しないでください。たとえば、「..」、「-.」、「.-」は、DNS 名では有効でありません。

バケット名の考慮事項

バケット名は、1 つの Cloud Storage 名前空間内に格納されます。そのため、以下のようになります。

  • すべてのバケット名が一意である必要があります。
  • バケット名は一般公開されます。

既存のバケットに属している名前のバケットを作成しようとすると、Cloud Storage によってエラー メッセージが返されます。ただし、バケットを削除すると、新しいバケットにその名前を再利用できます。

バケット名を割り当てることができるのは作成中のみに限られ、既存のバケット名を変更することはできません。代わりに希望の名前で新しいバケットを作成し、古いバケットから新しいバケットにコンテンツを移動することは可能です。詳しい手順については、バケットの移動と名前の変更をご覧ください。

命名方法のベスト プラクティスセクションもご覧ください。このセクションには、バケット名からの機密情報の除外に関する推奨事項が記載されています。

次のステップ