インスタンスからのメールの送信

このドキュメントでは、仮想マシン インスタンスからメールを送信する場合のオプションについて説明し、メールを送信するようにインスタンスを設定する方法に関する一般的な推奨事項を示します。

標準メールポートの使用

Google Compute Engine では、ポート 25、465、587 での送信接続は許可されません。これらの送信 SMTP ポートは、不正使用に利用されることが多いため、デフォルトでブロックされています。また、SendGrid、Mailgun、Mailjet などの信頼できるサードパーティ プロバイダを利用すると、Compute Engine で IP 評価と受信者を管理する必要がなくなります。

ブロックされたポートからのメールの送信は許可されませんが、インスタンスでは引き続きメールを受信できます。

使用するメールサービスの選択

標準メールポートはブロックされていますが、メールの送信に使用する標準以外のポートを選択することができます。また、Compute Engine パートナーが提供するメールサービスを利用することもできます。

SendGrid、Mailgun、Mailjet は、Compute Engine のサードパーティ パートナーであり、Compute Engine ユーザーがそのサーバーを介してメールを設定して送信できる無料の階層を提供しています。Google Apps アカウントを所有していない場合は、これらのサードパーティ パートナーを利用して、クリック トラッキング、解析、API などの機能や、メールのニーズに合うその他の機能を活用してください。

または、Google Apps を使い慣れており、メールをサポートする Google Apps アカウントについて支払い済みである場合には、Google Apps を介してメールを送信するようにリレーサービスを設定できます。Gmail と Google Apps ではメール活動に対して制限が適用されることに注意してください。詳細については、Google Apps のメール送信制限をご覧ください。

Google Apps アカウントを所有していない場合や、Google Apps またはサードパーティ メール プロバイダを使用したくない場合は、標準以外のポートを使用して、インスタンス上で独自のメールサーバーを設定できます。Compute Engine によってブロックされていない任意のエフェメラル ポートを選択できます。

カスタムポート上で独自のメールサーバーを使用する場合は、メールサービスに固有のドキュメントを参照して、カスタム メールポートを設定します。

会社のメールサーバーを介したメールの送信

場合によっては、利用可能なメールサービスを既に実行している会社のメールサーバーがあることがあります。会社のメールサーバーを介してメールを送信する必要があるが、上記のポート制限によってブロックされている場合には、VPN を使用してこの制限を回避できます。この方法では、Compute Engine クラスタ上で VPN クライアントを実行し、会社のネットワーク ルーター上で VPN サーバーを実行する必要があります。この設定により、会社のファイアウォールの「内側」にインスタンスが配置され、会社のメールサーバーに対する無制限のアクセスが許可されるようになります。

この設定にはセキュリティ上の考慮事項があり、必要なサービスのみに Compute Engine インスタンスがアクセスするようにする必要があります。

次のステップ

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント