基本的な IIS ウェブサーバーの実行

Google Compute Engine の仮想マシン インスタンスは、通常の Windows サーバーと同じように制御できます。シンプルな IIS ウェブサーバーをデプロイすると、仮想マシン インスタンスでサーバーを実行するための基礎を学ぶことができます。

事前準備

HTTP トラフィックが許可されている新しい Windows インスタンスが必要です。

  • クイックスタートの手順に沿って、新しい Windows インスタンスを作成して RDP で接続します。

IIS のインストール

  1. Windows PowerShell のアイコンを右クリックし、[管理者として実行] を選択して、PowerShell ターミナルを開きます。 Windows Server のデスクトップにある Windows PowerShell アイコンのスクリーンショット。右クリック メニューで [管理者として実行] オプションが選択されています。
  2. 次のコマンドを使用して、IIS サービスをインストールします。
    import-module servermanager
    add-windowsfeature web-server -includeallsubfeature
  3. 次のコマンドを使用して、IIS ウェブサーバーのデフォルトのウェブページを上書きします。
    echo '<!doctype html><html><body><h1>Hello World!</h1></body></html>' > C:\inetpub\wwwroot\index.html

サーバーのテスト

インスタンスの外部 IP でトラフィックが処理されているかどうかを確認します。

  1. Google Cloud Platform Console の [VM インスタンス] ページに移動します。

    [VM インスタンス] ページに移動

  2. [外部 IP] 列でインスタンスの外部 IP をクリックします。

「Hello World!」ページが表示されます。

クリーンアップ

テストが完了したら、このインスタンスに課金されないように、クイックスタートの手順に沿ってクリーンアップを行います。

トラブルシューティング

Connection Refused エラーが発生する

Connection Refused エラーが発生した場合、VM インスタンスが一般公開されていない可能性があります。このエラーには 2 つの原因が考えられます。1 つは、VM インスタンスに正しいタグが設定されていないため、Compute Engine が適切なファイアウォール ルールを適用できない場合、もう 1 つは、インスタンスの外部 IP アドレスへのトラフィックを許可するファイアウォール ルールがプロジェクトに設定されていない場合です。

次の手順に沿って、インスタンスの外部アクセスを確認してください。

  1. Google Cloud Platform Console の [VM インスタンス] ページに移動します。

    [VM インスタンス] ページに移動

  2. 接続するインスタンスの名前をクリックします。
  3. [ファイアウォール] で、[HTTP トラフィックを許可する] ボックスがオンになっていることを確認します。オンになっていない場合には、オンにします。
  4. 変更を保存します。

インスタンスの外部 IP アドレスに移動して、サーバーを再度テストします。

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント