VM テナンシーについて


仮想マシン(VM)インスタンスのテナンシーは、VM が他の Google Cloud プロジェクトの VM と Compute Engine サーバーを共有するかどうかを示します。VM が他の Cloud プロジェクトの VM と Compute Engine サーバーを共有する場合、マルチテナント VM になります。VM が他のプロジェクトの VM と Compute Engine サーバーを共有しない場合、VM は単一テナント VM になります。

VM はデフォルトでマルチテナントです。VM を作成した後、Compute Engine は、それをマルチテナント サーバーに配置します。Compute Engine を使用すると、他の Cloud プロジェクトのユーザーがそのサーバーに VM を作成できます。

単一テナンシーは、Compute Engine サーバーに排他的にアクセスする必要があるワークロードに適しています。単一テナンシーを使用すると、単一テナントノードに独占的にアクセスできます。単一テナントノードは、Cloud プロジェクトから VM をホストすることに特化した Compute Engine サーバーです。

料金に関する考慮事項

マルチテナント VM の場合、VM を作成するマシンのタイプに対して料金が発生します。そのため、マルチテナント VM の料金は、その VM のマシン ファミリーに基づきます。

単一テナント VM の場合、物理サーバー全体を予約するため、サーバー上のすべてのハードウェア リソースに対して支払いが発生します。単一テナントノードの料金は、単一テナントノードのテンプレートを作成する際に指定する単一テナントノードのタイプの料金に基づきます。この料金には、物理サーバー全体を予約するため、プレミアム料金が含まれています。

ワークロードの考慮事項

一般的なワークロードの場合は、マルチテナント VM を作成します。ただし、次の特性を持つワークロードがある場合は、単一テナントノードの使用を検討してください。

  • 特定のコンピューティング パフォーマンス要件を持つゲームのワークロード。
  • セキュリティとコンプライアンスの要件がある財務または医療ワークロード。
  • ライセンス要件がある Windows ワークロード。
  • 機械学習、データ処理、画像レンダリングのワークロード。

単一テナントを使用することで利益が得られるワークロードの詳細については、単一テナントノードのワークロードの考慮事項をご覧ください。

メンテナンス イベントの考慮事項

マルチテナント サーバーでのメンテナンス イベントの場合、Compute Engine は同じゾーン内の別のサーバーに VM をライブ マイグレーションします。

単一テナントノードでのメンテナンス イベントの場合、Compute Engine は単一テナントノード グループメンテナンス ポリシーの構成に従って VM を移行します。