セルフサービスの Cloud 請求先アカウントの作成、変更、閉鎖

この記事で説明するトピックは、セルフサービス、オンラインの Cloud 請求先アカウントにのみ適用されます。請求書発行の Cloud 請求先アカウントには適用されません。このトピックでは、セルフサービスの Cloud 請求先アカウントの設定、メールアドレスの確認、Cloud 請求先アカウントの住所変更、セルフサービスの Cloud 請求先アカウントの再開の方法について説明します。請求書によって請求される Cloud 請求先アカウントを設定することを検討されている場合は、毎月の請求書発行に申し込むをご覧ください。

Cloud 請求先アカウントについて

  • Cloud 請求先アカウントは、Google Cloud プロジェクトと Google Maps Platform プロジェクトの使用料金を支払います。Cloud 請求先アカウントは、Google Workspace アカウントからは課金されません。Google Workspace のお客様には、個別の Google Workspace 請求先アカウントが必要です。

    製品 プロダクト使用料を支払うために必要な請求先アカウント
    Google Cloud Cloud 請求先アカウント
    Google Maps Platform Cloud 請求先アカウント
    Google Cloud と Google Maps Platform 1 Cloud 請求先アカウント
    Google Workspace Google Workspace 請求先アカウント
    Google Cloud と Google Workspace 1 つの Cloud 請求先アカウント + 1 つの Google Workspace 請求先アカウント
  • 各プロジェクトとそのサービスレベルのリソースは、一度に 1 つの Cloud 請求先アカウントにリンクされます。

  • Cloud 請求先アカウントは単一の通貨で運用され、Google お支払いプロファイルに関連付けられます。

  • Cloud 請求先アカウントは、1 つ以上のプロジェクトにリンクできます。

  • 使用料金はプロジェクトで追跡され、リンクされた Cloud 請求先アカウントに請求されます。

    重要: 有効な Cloud 請求先アカウントにリンクされていないプロジェクトでは、Google Cloud または Google Maps Platform サービスを使用できません。これは、無料のサービスのみを使用している場合もあてはまります。

  • プロジェクトのお支払いに使用している Cloud 請求先アカウントを変更する(つまり、プロジェクトを別の Cloud 請求先アカウントにリンクする)場合は、プロジェクトの課金の有効化、無効化、変更をご覧ください。

  • Google Cloud Console を使用して Cloud 請求先アカウントを管理できます。Cloud Console の詳細については、コンソールに関する一般的なガイドをご覧ください。

料金に関する情報

Google API の料金に関する情報については、使用している API のドキュメントをご覧ください。

必要な権限

Cloud 請求先アカウントの管理に必要な権限は、実行する操作によって異なります。必要な権限については、各トピックの冒頭で説明します。

Cloud Billing 権限の詳細については、次をご覧ください。

新しい Cloud 請求先アカウントを作成する

新しい Cloud 請求先アカウントを作成するには、次の手順を行います。

  1. Google Cloud Console の [請求先アカウントを管理] ページにログインします。

    [請求先アカウントを管理] にログインする

  2. [アカウントを作成] をクリックします。

    1. Cloud 請求先アカウントの [名前] を入力します。

    2. 構成によっては、次のいずれかを選択することも必要になります。

      • [組織]: [組織] プルダウンが表示された場合は、続行する前に組織を選択する必要があります。
      • []: [] を選択するように求められたら、請求先住所に対応する国を選択します。

        • 選択した国によって、次のステップで使用できるお支払い方法が変わる場合があります。
        • Cloud の請求先アカウントに対する通貨は、選択した国に基づいて自動的に割り当てられます。
        • アカウントの作成後に、Cloud 請求先アカウントの国を変更することはできません。既存の請求先アカウントで国を編集する必要がある場合は、新しい請求先アカウントの作成が必要になります。
    3. [続行] をクリックします。

  3. この Cloud 請求先アカウントに関連付けられる Google お支払いプロファイルを選択します。お支払いプロファイルは、すべての Google プロダクト(Google Workspace、Google Cloud、Google Fi など)で共有されて使用されます。既存のお支払いプロファイルを選択するか、新しいお支払いプロファイルを作成できます。作成する場合は、画面の指示に従ってお支払いプロファイルを設定します。

    重要: アカウントの種類について

    • 新しいお支払いプロファイルを作成してアカウントの種類を設定する際に、次の点に注意してください。この設定は永続的なもので、VAT などの税金や本人確認に使用されます。企業、組織、組合、教育機関の場合は [ビジネス] を選択し、それ以外の場合は [個人] を選択します。
    • 既存のお支払いプロファイルをこの Cloud 請求先アカウントに関連付ける場合は、Cloud 用のビジネス プロファイル アカウントを選択します。
    • Google お支払いプロファイルのユーザーとして複数のユーザーを設定する場合は、アカウントの種類ビジネスに設定する必要があります。個人用のアカウントの場合、お支払いプロファイルにリンクできるユーザーは 1 人だけです。
  4. すべてのオプションと詳細の設定が完了したら、[送信して課金を有効にする] をクリックします。

デフォルトでは、Cloud 請求先アカウントの作成者は、その Cloud 請求先アカウントの請求先アカウント管理者になります。

承認リクエストについて

アカウントの設定後、Google から $0.00 の取引が発生する場合があります。これは、Google の請求システムとクレジット カードまたはデビットカードの発行会社との間で承認リクエストが保留中であることを示します。国によっては $1 の承認リクエストが発生します(カード発行会社によって現地通貨に換算される場合があります)。これらの取引は、保留中の取引として明細書に最大 1 か月間表示されます。これらの取引は承認手続きによるもので、実際に請求されることはありません。ご質問がある場合は、発行会社に承認ステータスについてお問い合わせください。

銀行口座の確認について詳しくは、銀行口座の確認をご覧ください。

予備のお支払い方法の追加については、お支払い方法の追加、削除、更新をご覧ください。

メールアドレスの確認

請求に関する通知を確実に受信できるように、メールアドレスを確認するよう求められます。

メールアドレスを確認するには、請求先アカウントの [メインの連絡先] に指定したメールアドレスの受信トレイで確認メールを探し、メール内の確認リンクをクリックして請求先アカウントを有効にします。

確認メールが届いていない場合は、次の手順で新しい確認リンクを要求します。

  1. Google Cloud Console の [請求先アカウントを管理] ページにログインします。

    [請求先アカウントを管理] にログインする

  2. 確認する Cloud 請求先アカウントの名前をクリックします。

    請求先アカウントの [概要] ページが開きます。

  3. [お支払い] ナビゲーション メニューで [お支払い設定] をクリックします。

  4. [お支払いサービスのユーザー] で、[お支払いサービスのユーザーを管理] をクリックします。

  5. [ユーザーの管理] リストで、確認するメールアドレスを探し、[確認メールを再送信] をクリックします。メールアドレスがすでに確認されている場合、このリンクは使用できません。

メインの連絡先メールアドレスが確認されるまで、お支払いとご請求に「請求に関するメインのご連絡先に重要な通知が送信されていません」というエラーが表示されます。

Cloud 請求先アカウントの送付先住所を変更する

この送付先住所は、請求書に印刷される合法的に登記された法人の住所です。

Cloud 請求先アカウントの送付先住所を変更するには、次の手順を行います。

  1. Google Cloud Console の [請求先アカウントを管理] ページにログインします。

    [請求先アカウントを管理] にログインする

  2. 更新する Cloud 請求先アカウントの名前をクリックします。

    請求先アカウントの [概要] ページが開きます。

  3. [お支払い] ナビゲーション メニューで [お支払い設定] をクリックします。

  4. [お支払いプロファイル] で、名前と住所の横にある編集アイコン()をクリックして編集用にプロファイルを開きます。

  5. 送付先住所の情報を更新し、[保存] をクリックします。

    送付先住所の国は編集できません。Cloud 請求先アカウントの住所を変更する必要がある場合は、新しい請求先アカウントを作成しなければなりません。

Cloud 請求先アカウントの名前を変更する

Cloud 請求先アカウントの名前を変更するには、次の手順を行います。

  1. Google Cloud Console の [請求先アカウントを管理] ページにログインします。

    [請求先アカウントを管理] にログインする

  2. 名前を変更する Cloud 請求先アカウントの名前をクリックします。

    請求先アカウントの [概要] ページが開きます。

  3. [お支払い] ナビゲーション メニューで [アカウント管理] をクリックします。

  4. ページの上部にある [請求先アカウント名の変更] をクリックします。

  5. Cloud 請求先アカウントの新しい名前を入力します。

  6. [名前を変更] をクリックして変更を保存します。

    必要に応じてページを更新し、[アカウント管理] ページで新しい名前を確認してください。

[請求先アカウント名を変更] ボタンが表示されない、またはアクセスできない理由とは?

名前を変更する Cloud 請求先アカウントのアカウント管理ページを表示していて、 請求先アカウントの名前を変更する ボタンが表示されない、またはアクセスできない場合は、この Cloud 請求先アカウントの名前を変更するために必要な権限がない可能性があります。Cloud 請求先アカウントの管理者にご連絡ください。

Cloud 請求先アカウントを閉鎖する

アカウントを閉鎖するには:

  1. Google Cloud Console の [請求先アカウントを管理] ページにログインします。

    [請求先アカウントを管理] にログインする

  2. 閉鎖する請求先アカウントの名前をクリックします。

    請求先アカウントの [概要] ページが開きます。

  3. [お支払い] ナビゲーション メニューで [アカウント管理] をクリックします。

  4. ページ上部にある [請求先アカウントを閉鎖] をクリックします。

    Cloud 請求先アカウントを閉鎖すると、サービスをキャンセルするまでに発生した利用分が請求されます。サービスを再び有効にしない限り、これが最後の請求となります。

[請求先アカウントを閉鎖] ボタンが表示されない、またはアクセスできない理由とは?

閉鎖する Cloud 請求先アカウントのアカウント管理ページを表示していて、 請求先アカウントを閉鎖ボタンが表示されない、またはアクセスできない場合は、次のような原因が考えられます。

閉鎖された Cloud 請求先アカウントを再開する

始める前に:

  1. Cloud 請求先アカウントを再開する前に、お支払いに関連する問題や停止を解決する必要があります。不承認となったお支払いの解決のトラブルシューティングの手順に従ってください。
  2. Cloud 請求先アカウントを再開するには、アカウントを再開するために必要な権限を持っていることを確認してください。Cloud 請求先アカウントに対する請求先アカウント管理者である必要があります。

閉鎖したアカウントを再開するには:

  1. Google Cloud Console の [請求先アカウントを管理] ページにログインします。

    [請求先アカウントを管理] にログインする

    デフォルトでは、Cloud 請求先アカウントのリストにアクセスすると、アカウント リストがフィルタリングされて [有効] のアカウントが表示されます。

  2. の [フィルタ] 行で、[ステータス : 有効] フィルタをクリアします。

    すべての Cloud 請求先アカウントが表示されます。ステータスが [終了] の Cloud 請求先アカウントを探します。

  3. 再開する Cloud 請求先アカウントの名前をクリックします。

    請求先アカウントの [概要] ページが開きます。

  4. [お支払い] ナビゲーション メニューで [アカウント管理] をクリックします。

  5. ページ上部にある [請求先アカウントを再開] をクリックします。

[請求先アカウントを再開] ボタンが表示されない、またはアクセスできない理由とは?

閉鎖された Cloud 請求先アカウントのアカウント管理ページを表示していて、 請求先アカウントを再開ボタンが表示されない、またはアクセスできない場合、次のような理由が考えられます。

Cloud 請求先アカウントの削除

Cloud 請求先アカウントは削除できません。Cloud 請求先アカウントを閉鎖した場合でも、レポートと監査のために Cloud 請求アカウントの情報が保持されます。

Cloud 請求先アカウントで請求が発生しないようにするには、関連付けられたプロジェクトに対して Cloud 請求先アカウントを閉鎖するか、課金を無効にします

Cloud 請求先アカウントに関連付けられているお支払い方法を変更するには、Google お支払いセンターでお支払い方法を管理します。

使ってみる

Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。

無料で開始