セッションでクエリ履歴を表示する

このドキュメントでは、BigQuery でセッションの履歴を表示する方法について説明します。このドキュメントは、BigQuery セッションの概要を理解している方を対象としています。

以下の手順を行う前に、セッションの履歴を表示するために必要な権限があることを確認してください。

セッションの履歴を表示する

セッションは、期間内の SQL アクティビティをキャプチャします。この情報は、セッションの履歴に保存されます。セッション履歴では、セッション内で発生した変更を追跡できます。ジョブの失敗または成功はセッション履歴に記録されるため、実行した操作を後で確認できます。

Console

Cloud Console でセッションの履歴を表示するには、セッションを含むエディタタブが存在する必要があります。エディタタブを削除した場合でも、SQL でセッション履歴を取得できます。

  1. Cloud Console で、BigQuery ページに移動します。

    BigQuery に移動

  2. セッションを含むエディタのタブをクリックします。

  3. [クエリ履歴] をクリックします。

SQL

特定のセッションの履歴データを表示するには、セッション ID を取得して、次のクエリを実行します。

SELECT *
FROM `region-us`.INFORMATION_SCHEMA.VIEW
WHERE session_info.session_id = 'SESSION_ID'

ここで

  • VIEW: 操作する INFORMATION_SCHEMA ビュー。 次の設定を選択できます。
    • [JOBS_BY_USER][bigquery/docs/information-schema-jobs#schema]: 現在のプロジェクトで現在のユーザーによって作成されたジョブのみを返します。
    • [SESSIONS_BY_USER][bigquery/docs/information-schema-sessions#schema]: 現在のプロジェクトで現在のユーザーによって作成されたセッションのみを返します。
    • [SESSIONS_BY_PROJECT][bigquery/docs/information-schema-sessions#schema]: 現在のプロジェクト内のすべてのセッションを返します。
  • SESSION_ID: 履歴データを取得するセッションの ID。

このクエリは、セッション ID CgwKCmZhbGl1LXRlc3QQARokMDAzYjI0 を持つセッションの履歴を返します。このセッション ID は独自のものに置き換えることができます。

SELECT creation_time, project_id, user_email, job_id, query
FROM `region-us`.INFORMATION_SCHEMA.JOBS_BY_USER
WHERE session_info.session_id = 'CgwKCmZhbGl1LXRlc3QQARokMDAzYjI0'
AND creation_time > TIMESTAMP_SUB(CURRENT_TIMESTAMP(), INTERVAL 20 DAY)

次のようなクエリ結果が生成されます。

+---------------------+------------------------------------------------------------------------------------------+
|    creation_time    |                                          query                                           |
+---------------------+------------------------------------------------------------------------------------------+
| 2021-06-01 23:04:26 | SELECT * FROM Purchases;                                                                 |
| 2021-06-01 23:02:51 | CREATE TEMP TABLE Purchases(total INT64)  AS SELECT * FROM UNNEST([10,23,3,14,55]) AS a; |
+---------------------+------------------------------------------------------------------------------------------+

次のステップ