診断情報の収集


このページでは、診断ツールを使用して VM に関する情報を収集する方法について説明します。収集した情報は、サポートに問い合わせる前に基本的なトラブルシューティングを行う際に役立ちます。このツールは、指定した VM の情報のみを収集します。収集した情報はそのプロジェクトでのみ保存されます。このツールは Cloud Storage バケットに情報を10 日間保存します。デフォルトでは、この Cloud Storage バケットにのみアクセスできます。この情報を Google サポートに送信する前に、機密情報や個人を特定できる情報(PII)を確認し、必要に応じて情報を削除するか、マスキングしてください。

この診断ツールは次の情報を収集します。

Compute Engine がこれらの情報を収集する方法については、公開リポジトリをご覧ください。

始める前に

  • このガイドのコマンドラインのサンプルを使用する場合は、以下を行ってください。
    1. gcloud コマンドライン ツールの最新バージョンをインストールするか、最新バージョンに更新します。
    2. デフォルトのリージョンとゾーンを設定します。
  • このガイドの API の例を使用する場合、API アクセスを設定します
  • Windows イメージのバージョンが v20190714 より古い場合、またはカスタム イメージを使用している場合は、googet install google-compute-engine-diagnostics コマンドを使用してツールをインストールします。それ以外の場合、Compute Engine は v20190714 より後の Windows イメージの公開バージョンに診断ツールをデフォルトでインストールします。

このタスクに必要な権限

このタスクを実行するには、次の権限が必要です。

  • プロジェクトに対する roles/iam.serviceAccountTokenCreator

VM からの診断情報の収集

診断ツールを VM から直接実行するか、gcloud コマンドライン ツールを使用してリモートから実行します。Windows ベースの VM の場合、診断ツールは C:\Program Files\Google\Compute Engine\diagnostics ディレクトリにあります。

gcloud

  1. プロジェクトに対する iam.serviceAccountTokenCreator ロールを付与します。

    gcloud projects add-iam-policy-binding PROJECT_ID --member user:EMAIL --role roles/iam.serviceAccountTokenCreator
    

    次のように置き換えます。

    • PROJECT_ID: プロジェクト ID。
    • EMAIL: iam.serviceAccountTokenCreator ロールを付与するメールアドレス。
  2. 診断情報を収集する前に、診断ツールを有効にする VM の名前で VM_NAME を置き換え、VM で診断を有効にします。

    gcloud compute instances add-metadata VM_NAME --metadata enable-diagnostics=true
    

    メタデータをプロジェクト レベルで設定することもできます。また、VM で直接 Compute Engine Windows エージェントの構成ファイルを変更することもできます。Windows エージェントの構成ファイルのパスは C:\Program Files\Google\Compute Engine\instance_configs.cfg です。

  3. 診断情報をオブジェクトとして Cloud Storage バケットにエクスポートします。

    gcloud beta compute diagnose export-logs VM_NAME [--collect-process-traces]
    

    次のように置き換えます。

    • VM_NAME: 診断情報を収集する VM の名前。

    • --collect-process-traces: 省略可。診断ツールがプロセスの実行に関する追加情報を収集するかどうかを指定するフラグ。

  4. Compute Engine は、診断情報を含むバケットの名前を diagnostic_logs_project_PROJECT_NUMBER という形式で設定します。gsutil tool を使用するか、Google Cloud Console の Cloud Storage のページでバケットを表示するか、ダウンロードします。

    ストレージ ページ

  5. 省略可: 診断情報を収集したら、診断ツールを無効にします。VM_NAME は、診断ツールを無効にする VM の名前で置き換えます。

    gcloud compute instances add-metadata VM_NAME --metadata enable-diagnostics=false
    

次のステップ