カスタマイズしたブートディスクの作成

インスタンスを作成する場合は、インスタンスのブートディスクを、公開イメージ、カスタム イメージ、または別のブートディスクのスナップショットから作成する必要もあります。ブートディスクを作成する場合は、MBR パーティショニングの制限を考慮してディスクサイズを 2 TB に制限します。

インスタンスを作成すると、Compute Engine によってブート永続ディスクが自動的に作成されます。インスタンスに追加のデータ保存容量が必要な場合は、セカンダリ インスタンス ストレージ オプションを少なくとも 1 つ追加します。

スタンドアロンのブート永続ディスクを作成して、インスタンスに後で接続することもできます。または、ブート永続ディスクのサイズを変更してパフォーマンスを改善し、追加のアプリケーションやオペレーティング システム ファイル用に空きスペースを用意することもできます。詳しくは、永続ディスクの追加またはサイズ変更をご覧ください。

リージョン永続ディスクは、ブートディスクに使用しないことをおすすめします。フェイルオーバーの場合に、VM インスタンスに強制接続されません。

始める前に

イメージからスタンドアロンのブート永続ディスクを作成する

インスタンスの作成とは別に、スタンドアロンのブート永続ディスクを作成し、後でそれをインスタンスに追加できます。

Console

  1. [新しいディスクの作成] ページに移動します。

    [新しいディスクの作成] ページに移動

  2. [ソースの種類] で、[イメージ] を選択します。リストからイメージを選択します。
  3. ディスクを作成します。

gcloud

スタンドアロンのブート永続ディスクを作成するには、gcloud compute disks create コマンドを使用します。

gcloud compute disks create example-disk --image example-image

API

API を使用して新しいブート永続ディスクを作成するには、次の URI を使用します。

https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/example-project/zones/us-central1-f/disks?sourceImage=IMAGE

ここで、IMAGE は、この永続ディスクに適用する、URL エンコードされたソースイメージの完全修飾 URI です。

リクエストの本文には、新しい永続ディスクの名前を含める必要があります。

{
  "name": "example-disk"
}

イメージよりも大きいブート永続ディスクを作成すると、ブート永続ディスクのパーティションを設定しなおす必要が生じることがあります。

スナップショットからブート永続ディスクを作成する

ブート永続ディスクのスナップショットを作成すると、そのスナップショットから新しい永続ディスクにデータを適用できるようになります。スナップショットのデータの適用は、永続ディスクを最初に作成した場合にのみ可能です。スナップショットを既存の永続ディスクに適用することはできません。また、そのスナップショットと異なるプロジェクトに属している永続ディスクに適用することもできません。

Console

  1. [新しいディスクの作成] ページに移動します。

    [新しいディスクの作成] ページに移動

  2. [ソースの種類] で、[スナップショット] を選択します。
  3. リストからスナップショットを選択します。
  4. ディスクのプロパティを設定し、作成を完了します。

gcloud

永続ディスク スナップショットのデータを適用するには、次のコマンドを実行します。

gcloud compute disks create example-disk --source-snapshot example-snapshot

API

スナップショットを使用して新しいブート永続ディスクを作成するには、次の URI に対して POST リクエストを発行します。

POST https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/example-project/zones/us-central1-f/disks

リクエストの本文に、新しい永続ディスクの名前と使用するスナップショットへの URL を含める必要があります。

{
  "name": "example-disk",
  "sourceSnapshot": "zones/us-central1-f/snapshots/example-snapshot"
}

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント