オートスケーラーの管理

ここで説明している手順に沿って、オートスケーラーの管理タスク(オートスケーラーの作成、リスト、取得、更新、削除など)を行います。

始める前に

オートスケーラーの作成

オートスケーラーの作成手順は、使用する自動スケーリングのポリシーによって多少異なります。オートスケーラーの作成手順については次のページをご覧ください。

オートスケーラーに関する情報の取得

特定のオートスケーラーに関する詳細情報を取得したり、オートスケーラーが正常に作成されたことを確認したりするには、instance-groups managed describe サブコマンドまたは API の get() メソッドを使用します。

gcloud

gcloud ツールで、describe サブコマンドを使用:

gcloud compute instance-groups managed describe GROUP

API

API で GET リクエストを作成:

GET https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/myproject/zones/us-central1-f/autoscalers/example-autoscaler
200 OK

{

 "kind": "compute#autoscaler",
 "name": "",
 "target": "https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/myproject/zones/us-central1-f/instanceGroupManagers/test-managed-group",
 "autoscalingPolicy": {
  "minNumReplicas": 2,
  "maxNumReplicas": 10,
  "coolDownPeriodSec": 60,
  "cpuUtilization": {
   "utilizationTarget": 0.8
  }
 },
 "id": "14869149674555507326",
 "creationTimestamp": "2015-03-25T01:56:56.084711335+00:00",
 "selfLink": "https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/myproject/zones/us-central1-f/autoscalers/example-autoscaler"
}

オートスケーラーの更新

gcloud コマンドライン ツールの set-autoscaling コマンドまたは API の PUT メソッドを使用して、オートスケーラーを更新します。

オートスケーラーを更新する際には、最初にオートスケーラーを作成するときと同様に、リクエスト内でオートスケーラーのすべての構成を行う必要があります。そうしないと、リクエスト内で明示的に定義されていない設定はデフォルト値にリセットされてしまいます。

たとえば、レプリカの最大数とレプリカの最小数を新しい値に更新する際に、その他の構成パラメータ(CPU の目標使用率、クールダウン期間など)を明示的に定義しなかった場合は、定義されていないパラメータがすべてデフォルト値にリセットされます。

オートスケーラーを更新する場合に、変更内容が反映されるまでに時間がかかることがあり、オートスケーラーの新しい設定が反映されるまでに数分かかることがあります。

gcloud

すべての更新リクエストでも、オートスケーラーの作成時と同じ必須フィールドが必要です。

gcloud compute instance-groups managed set-autoscaling GROUP \
    --max-num-replicas MAX_NUM ...

オートスケーラーの作成手順については、Stackdriver Monitoring の指標に基づくスケーリングまたは CPU または負荷分散処理機能に基づくスケーリングをご覧ください。

API


オートスケーラーを更新するには、PUT メソッドを使用して update リクエストの本文を指定します。

PUT https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/myproject/zones/us-central1-f/autoscalers/example-autoscaler

{
 "name": "example-autoscaler",
 "autoscalingPolicy": {
  "cpuUtilization": {
   "utilizationTarget": 0.5
  },
  "maxNumReplicas": 20
 },
 "target": "https://www.googleapis.com/replicapool/v1beta2/projects/myproject/zones/us-central1-f/instanceGroupManagers/test-managed-group"
}
200 OK

{
 "kind": "autoscaler#operation",
 "name": "example-autoscaler",
 "operationType": "update",
 "targetLink": "https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/myproject/zones/us-central1-f/autoscalers/example-autoscaler",
 "targetId": "2335397567958752451",
 "status": "DONE",
 "progress": 100
}

データを変更するリクエストを実行する場合は、ゾーン オペレーションのリソースが返され、そのオペレーションに対してクエリを実行して変更のステータスを確認できます。

オートスケーラーの停止

gcloud

stop-autoscaling サブコマンドを使用して、オートスケーラーを停止します。

gcloud compute instance-groups managed stop-autoscaling GROUP

オートスケーラーを停止すると、マネージド インスタンス グループから削除されます。オートスケーラーを再起動するには、set-autoscaling コマンドを使用してオートスケーラーを再作成する必要があります。

gcloud ツールを使用してマネージド インスタンス グループを削除すると、そのマネージド インスタンス グループに接続されているすべてのオートスケーラーも削除されます。

API

API で、DELETE メソッドを使用してリクエストを作成し、オートスケーラーを削除します。

 DELETE https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/myproject/zones/us-central1-f/autoscalers/example-autoscaler

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント