プロジェクトの課金の有効化、無効化、変更

概要

Cloud 請求先アカウントは、特定のリソースセットに対する支払いを誰が行うかの定義に使用され、1 つ以上のプロジェクトにリンクできます。プロジェクトの利用料金は、リンクされた Cloud 請求先アカウントに請求されます。

1 つの Cloud 請求先アカウントにしか課金管理者がいない場合、作成する新しいプロジェクトが既存の Cloud 請求先アカウントに自動的にリンクされます。複数の Cloud 請求先アカウントを作成するか、またはアクセスする場合は、プロジェクトの請求先となる Cloud 請求先アカウントを変更できます。この記事では、プロジェクトの Cloud 請求先アカウントの変更方法と、プロジェクトの課金を有効または無効にする方法について説明します。

請求書をメールで受信する場合や、受信者を変更する場合は、お支払いに関する連絡先担当者と通知の変更をご覧ください。

必要な権限

この記事で説明するタスクを実行するために必要な権限は、タスクによって異なります。必要な権限については、各トピックの冒頭で説明します。

Cloud Billing 権限の詳細については、次をご覧ください。

プロジェクトで請求が有効になっているかどうかを確認する

以下の条件を満たすと、プロジェクトで課金が有効になります。

  1. プロジェクトが Cloud 請求先アカウントにリンクされている。
  2. リンクされた Cloud 請求先アカウントがアクティブで、良好な状態である(請求先アカウントが閉鎖または停止されていない)。

プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを判断する方法については、プロジェクトの課金ステータスを確認するをご覧ください。

プロジェクトにリンクされている Cloud 請求先アカウントを変更する

プロジェクトを別の Cloud 請求先アカウントに切り替えても、サービスの中断やサーバーのダウンタイムは発生しませんが、Google Cloud Marketplace の購入では以下の例外があります。

Cloud Marketplace のお客様は、最初に次のことを行ってください。

プロジェクトで Google Cloud Marketplace から購入を行った場合は、プロジェクトを切り替える前に新しい Cloud 請求先アカウントで同じ購入を行ってください。これにより、必要なリソースが失われてプロジェクトの無効化やデータの消失が起きるのを防ぐことができます。Cloud Marketplace の購入に対する請求方法については、こちらのドキュメントをご覧ください。

このタスクに必要な権限

プロジェクトの Cloud 請求先アカウントを変更するには、プロジェクトを 1 つの Cloud 請求先アカウントから別の Cloud 請求先アカウントに移動できる必要があります。これを実行するには、現在の Cloud 請求先アカウントからプロジェクトの関連付けを解除し、プロジェクトを移動先の Cloud 請求先アカウントに関連付けるための権限が必要です。

プロジェクトの権限と請求先アカウントの権限の両方が必要です。次の事前定義ロールには、このタスクを実行するのに必要な権限が設定されています。

  • プロジェクト: プロジェクト支払い管理者 + プロジェクト閲覧者、またはプロジェクト オーナー

    および

  • 現在の Cloud 請求先アカウント: 請求先アカウント ユーザー + 請求先アカウント閲覧者または請求先アカウント管理者

特に、このタスクを実行するには、次の権限が必要です。

操作 権限 権限を持つロール リソース
プロジェクトの表示と Cloud 請求先アカウントの関連付けの表示 billing.resourceAssociations.list 請求先アカウント閲覧者、請求先アカウントの費用管理者、請求先アカウント管理者 請求先アカウント
および
resourcemanager.projects.get プロジェクト閲覧者、プロジェクト編集者、またはプロジェクト オーナー プロジェクト
Cloud 請求先アカウントからプロジェクトのリンクを解除する billing.resourceAssociations.delete 請求先アカウント管理者 請求先アカウント
または
resourcemanager.projects.deleteBillingAssignment プロジェクト支払い管理者またはプロジェクト オーナー プロジェクト
プロジェクトを Cloud 請求先アカウントにリンクする billing.resourceAssociations.create 請求先アカウント ユーザーまたは請求先アカウント管理者 請求先アカウント
および
resourcemanager.projects.createBillingAssignment プロジェクト支払い管理者またはプロジェクト オーナー プロジェクト

プロジェクトの請求先アカウントを変更する方法

プロジェクトの Cloud 請求先アカウントを変更するには、次の操作を行います。

  1. Google Cloud コンソールの [お支払い] セクションで、次のいずれかの方法でプロジェクトを検索します。

    • 特定の請求先アカウントにリンクされているプロジェクトの一覧を表示します。

      1. Google Cloud コンソールで、Cloud 請求先アカウントの [アカウント管理] ページに移動します。

        Cloud Billing の [アカウント管理] に移動

      2. プロンプトで、表示する Cloud 請求先アカウントを選択します。

      3. [アカウント管理] ページのプロジェクトのリストで、管理するプロジェクトを見つけます。

    • すべてのプロジェクトと関連する Cloud 請求先アカウントのリストを表示します。

      1. Google Cloud コンソールで、[お支払い] セクションの [マイ プロジェクト] ページに移動します。

        Cloud Billing の [マイ プロジェクト] に移動

      2. プロジェクトのリストから、管理するプロジェクトを見つけます。

  2. プロジェクトの行で、[アクション] メニュー()を開き、[お支払い情報を変更] を選択して、目的の宛先である Cloud 請求先アカウントを選択します。

  3. [アカウントを設定] をクリックします。

  4. (省略可)プロジェクトを請求先アカウントにリンクした後、リンクをロックすると、プロジェクトが別の請求先アカウントに意図せず移動(リンク)したり、請求先アカウントからプロジェクトのリンクが削除されるのを防ぐことができます。

プロジェクトの課金を有効にする

課金を有効にする方法は、新しいプロジェクトを作成するか、既存のプロジェクトに対して課金を再度有効にするかによって異なります。

新しいプロジェクトの課金を有効にする

新しいプロジェクトを作成すると、プロジェクトにリンクする Cloud 請求先アカウントを選択するように求められます。Cloud 請求先アカウントが 1 つだけの場合、そのアカウントが自動的にプロジェクトにリンクされます。

Cloud 請求先アカウントがない場合、Google Cloud の多くの機能を使用できるようにするには、Cloud 請求先アカウントを作成してプロジェクトの課金を有効にする必要があります。新しい請求先アカウントを作成してプロジェクトの課金を有効にするには、新しい Cloud 請求先アカウントを作成するの手順に沿って操作します。

既存のプロジェクトの課金を有効にする

課金が一時的に無効になっているプロジェクトがある場合は、課金を再度有効にすることができます。課金が無効になっているときに Google Cloud リソースが一時停止された場合、リソースが再び開始されるまで最大 24 時間かかることがあります。

このタスクに必要な権限

プロジェクトの課金を再度有効にするには、プロジェクトを Cloud 請求先アカウントにリンクするための適切な権限が必要です。

プロジェクトの権限と請求先アカウントの権限の両方が必要です。次の事前定義ロールには、このタスクを実行するのに必要な権限が設定されています。

  • プロジェクト: プロジェクト支払い管理者 + プロジェクト閲覧者、またはプロジェクト オーナー

    および

  • 対象の Cloud 請求先アカウント: 請求先アカウント ユーザー + 請求先アカウント閲覧者、または請求先アカウント管理者

特に、このタスクを実行するには、次の権限が必要です。

操作 権限 権限を持つロール リソース
プロジェクトの表示と Cloud 請求先アカウントの関連付けの表示 billing.resourceAssociations.list 請求先アカウント閲覧者、請求先アカウントの費用管理者、請求先アカウント管理者 請求先アカウント
および
resourcemanager.projects.get プロジェクト閲覧者、プロジェクト編集者、またはプロジェクト オーナー プロジェクト
プロジェクトを Cloud 請求先アカウントにリンクする billing.resourceAssociations.create 請求先アカウント ユーザーまたは請求先アカウント管理者 請求先アカウント
および
resourcemanager.projects.createBillingAssignment プロジェクト支払い管理者またはプロジェクト オーナー プロジェクト

既存のプロジェクトで課金を有効にする方法

プロジェクトに対する課金を再度有効にするには、次の手順を行います。

  1. Google Cloud コンソールの [請求先アカウントを管理] ページにログインします。

    [請求先アカウントを管理] にログインする

  2. [マイ プロジェクト] タブを選択すると、プロジェクトのリストと、各プロジェクトに関連する Cloud 請求先アカウントが表示されます。

  3. プロジェクトのリストで、課金を再度有効にするプロジェクトを見つけます。ヒント: 請求先アカウントにリンクされていないプロジェクトの場合は、[請求先アカウント] 列で「お支払いは無効になっています」を探します。

  4. プロジェクトの行で、[アクション] メニュー()を開き、[お支払い情報を変更] を選択して、目的の宛先である Cloud 請求先アカウントを選択します。

  5. [アカウントを設定] をクリックします。

  6. (省略可)プロジェクトを請求先アカウントにリンクした後、リンクをロックすると、プロジェクトが別の請求先アカウントに意図せず移動(リンク)したり、請求先アカウントからプロジェクトのリンクが削除されるのを防ぐことができます。

プロジェクトの課金を無効にする

プロジェクトの自動支払いを停止するには、プロジェクトの課金を無効にします。プロジェクトの未払い料金はすべて、引き続きお客様の負担となります。Cloud 請求先アカウントに設定されているお支払い方法は、未払い料金の支払いにも使用されます。

このタスクに必要な権限

プロジェクトの課金を無効にするには、プロジェクトと Cloud 請求先アカウントのリンクを解除するのに十分な権限が必要です。

プロジェクトの権限と請求先アカウントの権限の両方が必要です。次の事前定義ロールには、このタスクを実行するのに必要な権限が設定されています。

  • プロジェクト: プロジェクト支払い管理者 + プロジェクト閲覧者、またはプロジェクト オーナー

    または

  • 対象の Cloud 請求先アカウント: 請求先アカウント管理者

特に、このタスクを実行するには、次の権限が必要です。

操作 権限 権限を持つロール リソース
プロジェクトの表示と Cloud 請求先アカウントの関連付けの表示 billing.resourceAssociations.list 請求先アカウント閲覧者、請求先アカウントの費用管理者、請求先アカウント管理者 請求先アカウント
および
resourcemanager.projects.get プロジェクト閲覧者、プロジェクト編集者、またはプロジェクト オーナー プロジェクト
Cloud 請求先アカウントからプロジェクトのリンクを解除する billing.resourceAssociations.delete 請求先アカウント管理者 請求先アカウント
または
resourcemanager.projects.deleteBillingAssignment プロジェクト支払い管理者またはプロジェクト オーナー プロジェクト

プロジェクトの課金を無効にする方法

プロジェクトに対する課金を無効にするには、次の手順を行います。

  1. Google Cloud コンソールの [お支払い] セクションで、次のいずれかの方法でプロジェクトを検索します。

    • 特定の請求先アカウントにリンクされているプロジェクトの一覧を表示します。

      1. Google Cloud コンソールで、Cloud 請求先アカウントの [アカウント管理] ページに移動します。

        Cloud Billing の [アカウント管理] に移動

      2. プロンプトで、表示する Cloud 請求先アカウントを選択します。

      3. [アカウント管理] ページのプロジェクトのリストで、管理するプロジェクトを見つけます。

    • すべてのプロジェクトと関連する Cloud 請求先アカウントのリストを表示します。

      1. Google Cloud コンソールで、[お支払い] セクションの [マイ プロジェクト] ページに移動します。

        Cloud Billing の [マイ プロジェクト] に移動

      2. プロジェクトのリストから、管理するプロジェクトを見つけます。

  2. プロジェクトの行で [アクション] メニュー()を開き、[課金を無効にする] を選択します。このプロジェクトの課金を無効にしてよいか確認するよう求められます。

  3. [課金を無効にする] をクリックします。

使ってみる

Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。

無料で開始