確約利用割引の料金とクレジットのアトリビューション

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

確約利用割引(CUD)では、特定の期間におけるプロダクトの最小使用量または最小リソース使用レベルと引き換えに割引が提供されます。

アトリビューションとは、Cloud 請求先アカウント レベルで共有されるリソース特典を、プロジェクトなどのアカウント レベルのリソースに分割する方法のことです。サブスクリプション(確約利用割引サブスクリプションなど)のアトリビューションにより、料金とクレジットが Cloud 請求先アカウントに適用される方法と、そのアカウントで対象となるプロジェクト間での分割方法が決まります。これは、Cloud Billing の費用管理インターフェース(使用料金のエクスポートGoogle Cloud コンソールなど)での料金やクレジットの表示方法に反映されます。

コミットメント アトリビューションの種類

アトリビューションは、Cloud 請求先アカウントのプロジェクトに確約利用割引とクレジットが適用される方法に影響を及ぼします。これは、費用管理インターフェースに反映されます。以下では、これらの適用方法について説明します。

アトリビューションなし

「アトリビューションなし」の場合、使用量の上限に達すると、サブスクリプション料金とクレジットが Cloud 請求先アカウントのプロジェクトに適用されます。プロジェクトに関連付けられていないサブスクリプション料金は、Cloud 請求先アカウント レベルで請求されます。

他のプロジェクトに関連した使用のタイミングや使用順序のため、このタイプのアトリビューションは、コミットメント料金とクレジットの適用後のプロジェクト費用の予測性に影響を及ぼす可能性があります。

比例アトリビューション

比例アトリビューションでは、各プロジェクトが消費した対象使用量の合計と比較して、クレジットと費用ベースとリソースベースの確約利用割引による利用料金(該当する場合)が Cloud 請求先アカウントのプロジェクトに適用されます。

たとえば、プロジェクト A が $75 分を使用し、プロジェクト B が $25 分を使用した場合、プロジェクト A では使用可能なクレジット量の最大 75% までが対象となり、プロジェクト B では最大 25% までが対象となります。

プロジェクトに関連付けられていないサブスクリプション料金は、Cloud 請求先アカウント レベルで請求されます。

比例アトリビューションは、以下のことを明確にすることで、割引を利用するプロジェクトの実際の費用を把握できます。

  • コミットメントの総額にプロジェクトが占める割合
  • プロジェクトの SKU ベースの使用料
  • プロジェクトの CUD クレジット

リソースベースの確約利用割引で比例アトリビューションを使用するには、Compute Engine の割引共有を有効にする必要があります。

優先アトリビューション

優先順位の高いアトリビューションでは、クレジットとリソースベースの確約利用割引のサブスクリプション料金(該当する)が、指定した分布に従い Cloud 請求先アカウントのプロジェクトに適用されます。割り当ての合計額は、購入したコミットメントの金額を超えることはできません。優先順位のない残りのコミットメント クレジットと料金は、すべてのプロジェクトに比例して適用されます。

指定したプロジェクト間で、購入したすべてのコミットメントを割り当てることができます。たとえば、60 GB のコミットメントを購入した場合、プロジェクト A に 40 GB の割り当てを、プロジェクト B に 20 GB の割り当てを適用するように優先順位を設定できます。この場合、プロジェクト A と B では 60 GB の有効な確約使用量を予約できます。その場合、プロジェクト A と B で 60 GB のコミットメントが完全に使用されている場合、対象となる使用量がある場合でも、Cloud 請求先アカウントの他のプロジェクトにはクレジットと料金が割り当てられません。ただし、プロジェクト A と B が 60 GB のコミットメントを十分に活用していない場合、対象となる使用量があれば、残りのプロジェクトに残りの確約利用クレジットが付与されます。

また、購入したコミットメントの一部を特定のプロジェクトに割り当てることで、残りをすべてのプロジェクトの適格使用量に比例して適用することもできます。たとえば、60 GB のコミットメントを購入した場合、プロジェクト A に 30 GB の割り当てを適用し、残りの 30 GB を他のプロジェクトの適格使用量に比例して適用できます。

優先順位の高い 1 つの割り当てに複数のプロジェクトを選択できます。その場合、割り当ては適格使用量に基づいてプロジェクト間で均等に共有されます。

この期間に購入したコミットメントの一部を使用しなかった場合も、優先プロジェクトに課金されます。たとえば、プロジェクト A に 30 GB の使用量が割り当てられ、その中の 10 GB のみを使用している場合でも、30 GB すべての割り当てに対する料金が発生します。

購入したリソースよりも多くのコミットメント リソースに優先順位を付けることはできません。

優先順位の高いアトリビューションを使用すると、次のことを明確にして、コミットメントが各プロジェクトに与える影響と実際の費用を制御できます。

  • コミットメントの総額にプロジェクトが占める正確な割合
  • プロジェクトの SKU ベースの使用料
  • プロジェクトの CUD クレジット

Compute Engine の割引共有を有効にする

リソースベースのコミットメントに優先アトリビューションを使用するには、Compute Engine の割引共有を有効にする必要があります。これにより、Cloud 請求先アカウントのプロジェクトに対するクレジットと料金に優先順位を設定できます。

Compute Engine の割引共有が有効になっていない場合は、割引共有を有効にする前に、リソースベースのコミットメントに優先アトリビューションを選択して構成することをおすすめします。これにより、優先アトリビューションを選択するまでの間、クレジットと料金の現在のアトリビューション モデル(アトリビューションなし)が維持されます。この場合、優先アトリビューションを選択して構成する前に割引共有を有効にすると、一定期間、原則に従って Cloud 請求先アカウントのプロジェクト全体でコミットメントのクレジットと料金が共有されます。この場合、アトリビューションが共有されないことから、割引の共有、優先アトリビューションへと移行していくと、レポートの動作が不安定になる場合があります。

Compute Engine の割引の共有

割引の共有は、プロジェクト レベルで購入した Compute Engine のリソースベースの確約利用割引でのみ使用できます。割引の共有を有効にすると、リソースの使用量に基づいて、コミットメントのメリットが Cloud 請求先アカウント レベルで共有されます。これにより、適格なリソース使用量のすべてのプロジェクトでコミットメントのクレジットと料金を消費できます。これは金額ではなく、実際に使用されたリソースの量に関係します。

詳細については、割引の共有についてまたは確約利用割引の共有を有効にするをご覧ください。

費用ベースのコミットメントに比例アトリビューションを選択する

プロジェクトの費用を予測可能にするため、2021 年 8 月以降は、費用ベースのコミットメントを購入した際に以下の比例アトリビューションが自動的に使用されます。

  • 既存の Cloud 請求先アカウントに費用ベースのコミットメントがない場合。
  • 新しい Cloud 請求先アカウントを作成し、費用ベースのコミットメントを購入する場合。

Cloud 請求先アカウントが存在し、2021 年 8 月以前に費用ベースのコミットメントを購入した場合は、アカウントを比例アトリビューションに切り替えるようにリクエストできます。

比例アトリビューションを選択する

2021 年 8 月以前に費用ベースのコミットメントを購入した場合、「アトリビューションなし」になる可能性があります。請求先アカウントを比例配分に切り替えると、既存の費用ベースのコミットメントが変換されます。これを行うには、比例アトリビューションのオプトイン フォームで必要事項を送信します。

2021 年 8 月以前に購入した費用ベースのコミットメントに比例アトリビューションが使用されているかどうかわからない場合は、比例アトリビューションのオプトイン フォームで情報を送信し、有効かどうかを確認できます。

リソースベースのコミットメントにアトリビューションを選択する

リソースベースのコミットメントでプロジェクトの費用を予測可能にするには、優先アトリビューションまたは比例アトリビューションを選択できます。アトリビューションは、Compute Engine の割引共有と連携して機能使用します。割引共有をまだ使用していない場合、アトリビューションの設定を選択して構成した後、CUD 割引の共有を有効にしてアトリビューションの設定を有効にする必要があります。優先順位の高いアトリビューションは、コミットメント時にいつでも更新できます。これは、翌日以降(米国太平洋時間)の使用量に適用されます。

次の手順で、リソースベースのコミットメントの [アトリビューションの構成] ページに移動します。

  1. Google Cloud Console で Cloud 請求先アカウントにログインします。

    Cloud 請求先アカウントにログイン

  2. プロンプトで、アトリビューションを構成する Cloud 請求先アカウントを選択します。選択した請求先アカウントの Cloud 請求先の概要ページが表示されます。

  3. ナビゲーション メニューの [お支払い] から [コミットメント] を選択して、確約利用割引のダッシュボードを表示します。

  4. 確約利用割引のダッシュボードから、アトリビューションを構成するリソースベースのコミットメントを見つけます。

  5. リソースベースのコミットメントの [分析を表示] アクション メニュー をクリックし、[アトリビューションの構成] をクリックしてコミットメントの概要を表示します。

  6. 優先アトリビューションまたは比例アトリビューションのいずれかを選択します。

  7. CUD 割引の共有を有効にします(まだ有効にしていない場合)。

優先アトリビューションを選択する

リソースベースのコミットメントの [アトリビューションの構成] ページから、次の手順で優先アトリビューションを選択できます。

  1. コミットメントの概要から、[優先設定] を選択して、有効なコミットメントを表示します。

  2. [割り当てを追加] をクリックします。

  3. [ターゲット 1 ] をクリックして、割り当てを受け取る使用可能なプロジェクトから選択します。

    1 つの割り当てに複数のプロジェクトを選択できます。その場合、割り当ては適格使用量に基づいてプロジェクト間で均等に共有されます。

  4. [割り当て 1] フィールドに、選択したターゲットで優先する量を入力します。

    さらに割り当てを追加するには、[割り当てを追加] をクリックします。

  5. [保存] をクリックして変更を適用します。

  6. アトリビューション構成を有効にする準備ができたら、Compute Engine の割引共有を有効にします(まだ有効にしていない場合)。

    Compute Engine の割引共有をまだ有効にしていない場合は、割引共有を有効にする前に優先アトリビューションを選択して構成できます

    アトリビューションの構成を使用するには、リソースベースのコミットメントで Compute Engine の割引共有を有効にする必要があります。

リソースベースのコミットメントで優先アトリビューションを選択した後に比例アトリビューションに切り替えるには、比例アトリビューションの選択の手順を行います。

次の図は、アトリビューションの構成ページでリソースベースのコミットメントに優先アトリビューションを構成する例を示しています。

リソースベースのコミットメントに優先アトリビューションを構成する例。

比例アトリビューションを選択する

リソースベースのコミットメントの [アトリビューションの構成] ページから、次の手順で比例アトリビューションを選択できます。

  1. コミットメントの概要で、[比例配分(デフォルト)] を選択します。

  2. [保存] をクリックして変更を適用します。

リソースベースのコミットメントで比例アトリビューションを選択した後に優先順位を付けるには、優先アトリビューションを選択するの手順を行います。

レポートでアトリビューションを表示する

請求レポートでは、確約利用割引の料金と、アトリビューションなし、比例アトリビューション、優先アトリビューションの費用配分を確認できます。

レポートページに移動してプロジェクトでグループ化し、SKU でフィルタすると、各プロジェクトに割り当てられたサブスクリプション料金が表示されます。プロジェクトに関連付けられていない残りのサブスクリプション料金は「アトリビューションなし」になり、プロジェクトに固有でない料金に割り当てられます。

Cloud 請求先アカウントの Cloud Billing レポートを表示するには:

  1. Google Cloud Console で Cloud 請求先アカウントにログインします。

    Cloud 請求先アカウントにログイン

  2. プロンプトで、レポートを表示する Cloud 請求先アカウントを選択します。選択した請求先アカウントの Cloud 請求先の概要ページが表示されます。

  3. ナビゲーション メニューの [お支払い] で [レポート] を選択します。

請求レポートの表示について詳しくは、請求レポートと費用傾向の表示をご覧ください。

エクスポートしたデータのアトリビューションを表示する

Cloud Billing BigQuery 使用料金のエクスポートで、確約利用割引の料金と、アトリビューションなし、比例アトリビューション、優先アトリビューションの費用配分を確認できます。

エクスポートされたデータを BigQuery で表示する場合、クレジットを使用する各プロジェクトには、サブスクリプション料金の一部に対応する項目と、そのプロジェクトの使用量とクレジットを表す項目が表示されます。

確約分しか使用しなかった未使用クレジットがある場合、残りのサブスクリプション料金はプロジェクトに固有でない費用に割り当てられ、任意のプロジェクトに関連付けられません。SKU の合計金額は、関連プロジェクトに比例して割り当てられる料金と、プロジェクトに固有ではない費用に割り当てられた「アトリビュートなし」の料金に配分され、同じ金額になります。

費用データを BigQuery にエクスポートする詳しい方法については、Cloud Billing データを BigQuery にエクスポートするをご覧ください。