リソースベースの確約利用割引の効果を分析する

概要

リソースベースの確約利用割引(CUD)は Compute Engine でのみ利用でき、特定のリージョンの最小レベルの Compute Engine リソースを使用することのコミットメントと引き換えに、割引料金が適用されます。この割引は、vCPU、メモリ、GPU、ローカル SSD に適用されます。

Compute Engine の確約利用割引では、1 年間または 3 年間の使用を確約することを条件に、VM の使用量に対して大幅な割引を実施します。サービスの利用の有無にかかわらず、選択した期間の月額料金が購入時に請求されます。CUD では大幅な割引が適用される可能性があり、ワークロードが安定しており、予測可能な場合はおすすめのプランです。

確約利用割引分析レポートを使用すると、購入した確約利用割引の効果と金銭的影響を視覚化して把握できます。CUD 分析レポートでは、使用している Compute Engine リソースの使用状況とコミットメントを分析し、次のような疑問に答えることができます。

  • 確約利用割引で費用がどのくらい節約できているか。
  • 既存のコミットメントを十分に活用できているか。
  • 対象となる使用量の中で、どのくらいの量がコミットメントでカバーされているのか。
  • コミットメントを増やすことで、さらなる節約につながるかどうか。
  • 割引の共有を有効にすることでコミットメントの利用を改善できるかどうか。

確約利用割引分析レポートの例

必要な権限

Cloud 請求先アカウントのすべてのプロジェクトについて CUD 分析レポートを表示するには、請求先アカウント管理者または請求先アカウント閲覧者であることが必要です。具体的には、Cloud 請求先アカウントの billing.accounts.getSpendingInformation 権限が必要です。

CUD 分析レポートの表示に必要な権限は、Cloud Billing レポートの表示に必要な権限とは異なります。プロジェクト オーナー、プロジェクト編集者、プロジェクト閲覧者は、特定のプロジェクトの Cloud Billing レポートを閲覧できますが、デフォルトでは、これらのロールに特定のプロジェクトの CUD 分析レポートの表示権限が付与されていません。

Cloud Billing 権限の詳細については、次をご覧ください。

レポートの表示

Cloud 請求先アカウントの確約利用割引の分析結果を表示するには:

  1. Google Cloud Console にログインします。

    Cloud Console にログインする

  2. Cloud Console のナビゲーション メニューを開き、[お支払い] をクリックします。

    複数の Cloud 請求先アカウントがある場合は、次のいずれかを行います。

    • 現在のプロジェクトの Cloud Billing を管理するには、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。
    • 別の Cloud Billing アカウントを見つけるには、[請求先アカウントを管理] を選択し、管理するアカウントを選択します。
  3. ナビゲーション メニューの [お支払い] から [コミットメント] を選択します。

  4. [確約利用割引の分析の表示] を選択します。

CUD 分析レポートの読み方

概要カードの見方

積み上げ棒グラフの上に、3 つの概要カードが表示されます。

確約利用割引分析レポートの概要カード

概要カードには次の情報が表示されます。

  • リージョン: 使用量のコミットメントと利用データを表示するリージョンを表します。

    • レポートを集計モードで表示している場合、すべてのリージョンまたはフィルタで選択したリージョン(たとえば、フィルタで選択した 4 つのリージョン)をまとめたレポートが表示されます。
    • レポートをリージョン別に表示している場合、分析に選択したリージョン(たとえば、us-central1)ごとに 1 つのレポートが表示されます。
  • 有効なコミットメント: 選択したフィルタセットで現在購入しているコミットメントの数。

  • コミットメントの使用率: 使用したコミットメントの割合(%)。選択した期間で現在のフィルタセットに基づいて計算されます。割合の横にあるヘルプ ツールチップ にカーソルを合わせると、詳細が表示されます。

積み上げ棒グラフとサマリー テーブルの読み方

積み上げ棒グラフ:

概要カードの下の積み上げ棒グラフには次の情報が表示されます。

  • コミットメントでカバーされる使用量の 1 日あたりの平均量(棒の下のほうに、グレー以外の色で表示されます)。この使用量に基づいて、確約利用割引のクレジットが提供されます。
  • 有効なオンデマンド使用量(棒のグレーの部分) この使用量には標準の使用料金が適用されます。
  • アクティブなコミットメントは、事前に購入済みの確約利用分です(点線で表示されます)。 購入済みの使用量の毎日の分量を表します。

    アクティブなコミットメントの 1 か月の費用は、費用内訳レポート確約利用の費用で確認できます。

使用量、使用率、1 日の割り当て量など、1 日の詳細を表示するには、情報を表示したい日にちの棒にカーソルを合わせます

確約利用割引分析レポートの例

サマリー テーブル

積み上げ棒グラフの下にサマリー テーブルが表示されます。ここには、選択したフィルタについて、表示されている期間全体の集計値が表示されます。

使用料金の詳細を表示するには、[ハイライト] 列の [使用料金を表示] をクリックして、Cloud Billing レポートを表示します。

分析機能の使い方

コミットメント タイプを選択する

コミットメントはリソースの種類ごとに適用されます。上のグラフで、表示したいコミットメント タイプのタブを選択します(たとえば、vCPU、RAM、ローカル SSD など)。レポートのタブに、CUD の対象となる使用量が表示されます(そのタイプのコミットメントを購入していない場合でも表示されます)。

確約利用割引分析レポートのコミットメント タイプのタブの例

フィルタを使用する

グラフに表示するコミットメントや使用量を表示する期間を調整するには、フィルタを使用します。

確約利用割引分析レポートのフィルタの例

表示

コミットメントは、リージョンとプロジェクトごとに個別に購入します。 表示するグラフの種類を選択します。

  • 集計: 集計ビューでは、選択したコミットメント タイプに 1 つのグラフが表示されます。このビューには、選択したリージョンとプロジェクト全体での CUD の状況が表示されます。

  • リージョン別: このビューには、選択したコミットメント タイプのリージョンごとに 1 つのグラフが表示されます。CUD の個々の使用状況をすぐに確認できます。レポートにグラフを表示するときに、スクロールが必要になることもあります。生成されるグラフの数は、選択したリージョンとプロジェクトによって異なります。

    [リージョン別] を選択すると、次の並べ替えオプションを設定できます。

    • コミットメント レベル(高 > 低)(デフォルト): リージョンごとに 1 つのグラフが表示されます。購入されたコミットメント数が最も多いリージョンから表示され、購入数が最も少ないリージョンが最後に表示されます。
    • 使用量(高 > 低): リージョンごとに 1 つのグラフが表示されます。全体の使用量が最も多いリージョンから表示され、最も少ないリージョンが最後に表示されます。
    • アルファベット昇順(A > Z): リージョン名のアルファベット順にグラフが表示されます。

範囲

  • 期間: 使用状況データと対象のコミットメントを表示し、分析する期間を選択できます。プリセットを使用することもできます。デフォルトは [先月] です。

  • 次が含まれるリージョンからデータを追加する: ここで使用できるオプションは、レポートに選択したコミットメント タイプ(vCPU、RAM、ローカル SSD など)によって異なります。

    例:

    コミットメント タイプに vCPU を選択した場合、次のものが表示されます。

    • vCPU コミットメント: vCPU コミットメントを購入したリージョンごとに 1 つのグラフが生成されます(または、集計グラフが生成されます)。vCPU コミットメントを購入していないリージョンは除外されます。
    • すべての vCPU 使用量: vCPU の使用が発生しているリージョンごとにグラフが生成されます(または、集計グラフが生成されます)。vCPU コミットメントを購入していないリージョンにも vCPU の使用量が表示されます。

    コミットメント タイプに RAM を選択した場合、次のものが表示されます。

    • RAM コミットメント: RAM コミットメントを購入したリージョンごとに 1 つのグラフが生成されます(または、集計グラフが生成されます)。RAM コミットメントを購入していないリージョンは除外されます。
    • すべての RAM 使用量: RAM の使用が発生しているリージョンごとにグラフが生成されます(または、集計グラフが生成されます)。RAM コミットメントを購入していないリージョンにも RAM の使用量が表示されます。

フィルタ

  • リージョン: レポートにすべてのリージョン(デフォルト)、複数または 1 つのリージョンを選択します。

  • プロジェクト: レポートにすべてのプロジェクト(デフォルト)、複数または 1 つのプロジェクトを選択します。

どちらのフィルタを使用する場合でも、次のことに注意してください。

コミットメントの使用率を理解する

任意の日にちで次の操作を行います。

  • コミットメントをすべて使用した場合、コミットメントでカバーされる使用量とアクティブ コミットメントは同じになり、コミットメントの使用率は 100% になります。
  • コミットメントを完全に使用していない場合は、コミットメントでカバーされる使用量は、アクティブ コミットメントよりも少なくなり、コミットメント使用率は 100% を下回ります。

次の場合、コミットメントが十分に活用されていない可能性があります。

  • 集計した 1 日の平均使用量がコミットメントを下回っている。
  • 1 日の中で使用量が変化し、時間帯によってはコミットメントを下回っている。
  • 使用量とコミットメントが異なるリージョンになっている。
  • 使用量とコミットメントが異なるプロジェクトにあり、Cloud 請求先アカウントに対して割引の共有が有効になっていない
  • 上記の任意の組み合わせ。

コミットメントを完全に使用していない場合でも、コミットメントでカバーされている使用量には大幅な割引が適用されるため、同じ使用量がオンデマンド料金で課金される場合と比べても、全体の費用は低くなる可能性があります。

コミットメントの対象範囲について

レポートに有効なオンデマンド使用量が表示されている場合、これは、使用量の一部がアクティブなコミットメントに含まれていないことを意味します。この場合、コミットメントでカバーされる割引使用量は 100% を下回ります。

  • 追加の使用量が安定したワークロードから発生している場合、追加のコミットメントを購入することで、費用を節約できる可能性があります。
  • 確約利用割引を購入していない他のプロジェクトから追加の使用量が発生するときは、Cloud 請求先アカウントに対して割引の共有を有効にすると有用な場合があります。

コミットメントと潜在的な収益の割引対象外の使用量を示している確約利用割引分析レポートのサマリー テーブルの例

データの粒度に対する 1 日あたりの制限

棒グラフには、1 日の平均使用量が表示されますが、1 日の中で使用パターンが変化することもあります。たとえば、1 日の中の 12 時間が 0 コアで、12 時間が 200 コアの場合、1 日の平均は 100 コアになります。ただし、コミットメントは 1 日を通じてマイクロ秒単位で測定され、適用されます。

このようなデータの粒度のため、次のような制限があります。

  • 1 日を通じて正確な使用パターンを明示的に表示できない。
  • 1 日の中でコミットメントが十分に活用されていない時間を正確に診断できない。
  • 1 日を通じて使用パターンが変動するため、CUD 分析グラフだけではコミットメント購入プランを作成できない。

コミットメントの推奨について

確約利用割引の推奨では、Google Cloud プロジェクト内で安定した VM の使用パターンを見極めることができます。推奨されたコミットメントを購入すると、コンピューティング コストの最適化に役立ちます。

推奨の表示

確約利用割引の推奨は、Google Cloud Console で確認できます。

Cloud 請求先アカウントの確約利用割引の推奨を表示するには:

  1. Google Cloud Console にログインします。

    Cloud Console にログインする

  2. Cloud Console のナビゲーション メニューを開き、[お支払い] をクリックします。

    複数の Cloud 請求先アカウントがある場合は、次のいずれかを行います。

    • 現在のプロジェクトの Cloud Billing を管理するには、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。
    • 別の Cloud Billing アカウントを見つけるには、[請求先アカウントを管理] を選択し、管理するアカウントを選択します。
  3. ナビゲーション メニューの [お支払い] から [コミットメント] を選択します。

  4. 推奨バナーで見積もった費用削減の最適化案を確認します。

  5. 推奨バナーの推奨の一覧を表示するには、[推奨を表示] を選択します。メニューから [推奨] を選択することもできます。

  6. 推奨の概要カードを表示するには、一覧でクリックします。

推奨の概要カードについて

推奨を導き出す方法を説明する推奨の概要カードと関連するグラフの例を、次に示します。

確約利用割引の推奨の概要カードの例。

概要カードには次のように表示されます。

  • 推奨されるコミットメント - 対象範囲(プロジェクトまたは請求先アカウント)、リージョン、コミットメント タイプ、推奨されるコミットメントのサイズが含まれます。
  • コスト削減額の見積もり - 推奨の影響をハイライト表示します。これは、コミットメントの契約期間全体にわたるコスト削減額の見積もりです(1 年と 3 年で切り替えて、それぞれのコスト削減額を確認できます)。これは、過去 30 日間の費用に基づいて、今後 30 日間のコスト削減額を見積もります。

積み上げ棒グラフには次のように表示されます。

  • コミットメントでカバーされる使用量の 1 日あたりの平均量(棒の下部、青色のセクション)。
  • 追加の推奨されているコミットメントでカバーされる使用量(棒の中央部、オレンジ色のセクション)。
  • 過去または推奨のコミットメントでカバーされていない使用量(棒の上部、グレーのセクション)。

推奨の購入

コミットメントの推奨を購入するには、推奨の受け入れをご覧ください。

割引の共有について

同じ Cloud 請求先アカウントを共有するプロジェクトが複数ある場合は、確約利用割引の共有を有効にすることをおすすめします。

デフォルトでは、確約利用割引は、購入したプロジェクトに適用されます。複数のプロジェクトがあり、購入した特定のプロジェクトのみに適用されている場合、購入した割引のメリットを十分に活用できない場合があります。確約利用割引の共有を有効にするにして、その Cloud Billing アカウント内のすべてのプロジェクトですべての確約利用割引契約を共有できます。これにより、Cloud Billing アカウントとそのプロジェクトにまたがって割引を分散できます。

割引の共有を行うと、Cloud 請求先アカウントにリンクされているすべてのプロジェクトにコミットメントが適用されます。割引とコミットメントの料金は、Cloud 請求先アカウント内の対象となる使用量の合計に対する各プロジェクトの分量に基づいて共有されます。所定のコミットメントの一部が使用されていない場合、コミットメントを購入したプロジェクトにコミットメント料金の残高が残ります。

Cloud 請求先アカウントに対して割引の共有が有効になっているかどうかを確認するには、レポートページの上部で [確約の対象範囲] を選択します。

  • [現在の対象] が [プロジェクト] の場合、割引の共有は無効になっています。確約利用割引は、購入したプロジェクト内のみの、対象となる使用量に適用されます。
  • [現在の対象] が [請求先アカウント] の場合、割引の共有は有効になっています。確約利用割引は、その Cloud 請求先アカウントにリンクされているすべてのプロジェクト内のすべての対象となる使用量に適用されます。

コミットメントを最大限利用した例

次の例は、確約利用割引が最大限利用されている、複数のプロジェクトがあり、割引の共有が有効になっている Cloud 請求先アカウントを示しています。Cloud 請求先アカウントは 3 つのプロジェクト(プロジェクト 1、プロジェクト 2、プロジェクト 3)にリンクされています。プロジェクト 1 とプロジェクト 2 では確約利用割引が購入されていますが、プロジェクト 3 では購入されていません。

この例では、プロジェクトに次のコミットメントと 1 日あたりの N1 標準 VM 使用量があることを前提としています。

プロジェクト 1 プロジェクト 2 プロジェクト 3 合計
コミットメント(コア) 100(1 年間の CUD) 60(3 年間の CUD) 0 160
使用量(コア) 50 40 110 200

この例では、購入したコミットメントの合計は 160 コアで、Cloud 請求先アカウントの VM の合計使用量は 200 コアです。Cloud 請求先アカウントに対して割引の共有が有効になっているため、Cloud 請求先アカウントの合計使用量の比率として、プロジェクト使用量に基づき、3 つのすべてのプロジェクトでコミットメント(160 コア)の料金が共有されます。

プロジェクト 1 プロジェクト 2 プロジェクト 3
使用量(コア) 50 40 110
請求先アカウントの使用率 50 / 200 = 25% 40 / 200 = 20% 110 / 200 = 55%
コミットメントの対象となるコア(CUD クレジット) 最小(160 * 25%、50) = 40 最小(160 * 20%、40) = 32 最小(160 * 55%、110) = 88
対象となるコアから発生したコミットメント料金 1 年: 100 * 25% = 25
3 年: 60 * 25% = 15
1 年: 100 * 20% = 20
3 年: 60 * 20% = 12
1 年: 100 * 55% = 88
3 年: 60 * 55% = 33
プロジェクトで購入した部分の未使用のコミットメント料金(コア) 1 年: 100 * 0% = 0 3 年: 60 * 0% = 0 なし

この例では、コミットメントの対象となるコアは合計で 160(40 + 32 + 88)であり、購入されたコミットメントは最大限利用されています。

Cloud 請求先アカウントの合計請求書(すべてのプロジェクトの合計)は、通常の確約利用割引の請求フォーマットに従います。

  • お客様は、すべてのコア使用量の料金をオンデマンド料金で受け取ります(200 コアが 24 時間稼働)。
  • 確約利用割引クレジットにより、コミットメントを購入しなかったプロジェクトも含め、Cloud 請求先アカウントにリンクされた各プロジェクトで使用される 160 コアが部分的にオフセットされます。
  • 使用量に関係なく、24 時間稼働する 160 コアに対する毎月のコミットメント料金が請求されます。

各プロジェクトの詳細な請求データは、お客様の Cloud Billing レポートBigQuery への Cloud Billing データのエクスポートで確認できます。

十分に利用されていないコミットメントの例

この例は、確約利用割引が最大限利用されていない、複数のプロジェクトがあり、割引の共有が有効になっている Cloud 請求先アカウントを示しています。Cloud 請求先アカウントは 3 つのプロジェクト(プロジェクト 1、プロジェクト 2、プロジェクト 3)にリンクされています。プロジェクト 1 とプロジェクト 2 では確約利用割引が購入されていますが、プロジェクト 3 では購入されていません。

この例では、プロジェクトに次のコミットメントと 1 日あたりの N1 標準 VM 使用量があることを前提としています。

プロジェクト 1 プロジェクト 2 プロジェクト 3 合計
コミットメント(コア) 100(1 年間の CUD) 60(3 年間の CUD) 0 160
使用量(コア) 50 40 10 100

この例では、購入したコミットメントの合計は 160 コアで、Cloud 請求先アカウントの VM の合計使用量は 100 コアです。Cloud 請求先アカウントに対して割引の共有が有効になっており、コミットメントが最大限利用されていないため、各プロジェクト内のすべてのコアがコミットメントの対象になります。残りの未使用のコミットメント(60 コア)は、コミットメントを最初に購入した各プロジェクトに比例して課金されます。残りの未使用のコミットメントもプロジェクトに対して請求されるため、お客様は最初に購入した確約利用割引のメリットを完全には得られません。

プロジェクト 1 プロジェクト 2 プロジェクト 3
使用量(コア) 50 40 10
請求先アカウントの使用率 50 / 100 = 50% 40 / 100 = 40% 10 / 100 = 10%
コミットメントの対象となるコア(CUD クレジット) 最小(160 * 50%、50) = 50
(完全にカバー)
最小(160 * 40%、40) = 40
(完全にカバー)
最小(160 * 10%、10) = 10
(完全にカバー)
対象となるコアから発生したコミットメント料金 1 年: 100 * 62.5% * 50% = 31.25
3 年: 60 * 62.25% * 50% = 18.75
1 年: 100 * 62.5% * 40% = 25
3 年: 60 * 62.25% * 40% = 15
1 年: 100 * 62.5% * 10% = 6.25
3 年: 60 * 62.25% * 10% = 3.75
プロジェクトで購入した部分の未使用のコミットメント料金(コア) 1 年: 未使用のコア 60 * 100/160 = 37.5 3 年: 未使用のコア 60 * 40/160 = 22.5 なし

この例では、未使用のコミットメントは、購入したコミットメントの元の数量に基づいてプロジェクト 1 とプロジェクト 2 に対して請求されます。

Cloud 請求先アカウントの合計請求書(すべてのプロジェクトの合計)は、通常の確約利用割引の請求フォーマットに従います。

  • お客様は、すべてのコア使用量の料金をオンデマンド料金で受け取ります(100 コアが 24 時間稼働)。
  • 確約利用割引クレジットにより、コミットメントを購入しなかったプロジェクトも含め、Cloud 請求先アカウントにリンクされた各プロジェクトで使用される 100 コアが完全にオフセットされます。
  • 使用量に関係なく、24 時間稼働する 160 コアに対する毎月のコミットメント料金が請求されます。

各プロジェクトの詳細な請求データは、お客様の Cloud Billing レポートBigQuery への Cloud Billing データのエクスポートで確認できます。

カスタム マシンタイプの SKU を使用する場合のアトリビューション

割引を共有すると、使用する SKU の組み合わせに関係なく、確約利用割引がすべてのプロジェクトにわたって均等に配分されます。割引の共有を有効にしてカスタム マシンタイプ(CMT)SKU を使用すると、SKU レベルのレポートに対する影響が生じます。

カスタム マシンタイプの SKU を使用すると、事前定義されたマシンの SKU を使用する場合よりも費用がかかります。コスト削減を最適化するために、最初にカスタム マシンタイプにコミットメント クレジットが適用されてから、事前定義が行われます。これは、対象となる合計使用量(事前定義、CMT、または単一テナント)に基づいて、コミットメント クレジットが Cloud 請求先アカウントにリンクされているすべてのプロジェクトに均一に起因するものであるときに、SKU レベルのレポートに影響を及ぼします。

コミットメント費用を組織単位(フォルダ、プロジェクト、ユーザーラベル)別に表示すると、コミットメントの料金とクレジットが均等に配分されます。ただし、特定のプロジェクトの SKU レベルのレポートにドリルダウンすると、カスタム マシンタイプに適用されるクレジットが増加するため、特定の SKU にマイナスの費用が表示される場合があります。これは意図的なものであり、Cloud 請求先アカウントにリンクされているすべてのプロジェクトにわたってコミットメント クレジットが均等に分配されます。Cloud 請求先アカウント レベルで正確な SKU レベルのレポートを表示できます。

データ レイテンシ

VM の使用料金が Cloud 請求先アカウントに報告されるタイミングと、コミットメントやその他の獲得割引が報告されるタイミングは異なります。VM の使用料金データは、Cloud 請求先アカウントに 1 日に複数回報告されます。コミットメント料金、確約利用割引クレジット、継続利用割引クレジットの Cloud 請求先データについては、最長で 1 日半の遅延が生じる場合があります。このタイミングの違いにより、これらの料金を相殺するためのクレジットがまだ考慮されないため、現在と前日の最新の費用が予想よりも高く表示されることがあります。

追加の使用状況データはレイテンシ期間に届くため、割引の配分は複数回修正される可能性があります。また、BigQuery への Cloud Billing エクスポート データのデータセットで、使用量の項目が増加する可能性があります。