Google Cloud Platform サービスの再開

Google がお支払いを処理できなかったことが原因で Google Cloud Platform サービスがシャットダウンされた場合は、アカウントを再度有効にした後で、一部のサービスを手動で再開する必要があります。

請求先アカウントが閉鎖された場合は、その請求先アカウントを使用している、全プロジェクトの関連課金対象サービスがすべて停止されます。プロジェクトがシャットダウンされた場合は、そのプロジェクト内のリソースのみが停止されます。

いずれの場合も、復元するサービスを手動で再開する必要があります。Google Cloud Platform の場合、Compute Engine 仮想マシン(VM)インスタンス、エフェメラル IP アドレス、ソリッドステート永続ディスク(SSD)などが対象になります。ほとんどすべてのインスタンスは停止と再開ができますが、ローカル SSD を使用した仮想マシン インスタンスは例外で、再開することはできません。

クラウド サービスを復元するには、次の手順に沿って Google Cloud Platform でインスタンスを再開する必要があります。

  1. Google Cloud Platform Console に移動します。
  2. Console 左側のメニュー(menu)を開き、[Compute Engine] を選択します。
  3. 左側で [VM インスタンス] を選択します。
  4. プロンプトが表示されたら、プロジェクトを選択します。
  5. 開始するインスタンスの横にあるチェックボックスを選択します。
  6. ページの右上にある [開始] ボタンをクリックして、インスタンスを再起動します。

関連トピック

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Billing のドキュメント
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。