プロジェクトの請求設定の変更

概要

Cloud 請求先アカウントは、特定のリソースセットに対する支払いを誰が行うかの定義に使用され、1 つ以上のプロジェクトにリンクできます。プロジェクトの利用料金は、リンクされた Cloud 請求先アカウントに請求されます。

1 つの Cloud 請求先アカウントにしか課金管理者がいない場合、作成する新しいプロジェクトが既存の Cloud 請求先アカウントに自動的にリンクされます。複数の Cloud 請求先アカウントを作成するか、またはアクセスする場合は、プロジェクトの請求先となる Cloud 請求先アカウントを変更できます。この記事では、プロジェクトの Cloud 請求先アカウントの変更方法と、プロジェクトの課金を有効または無効にする方法について説明します。

請求書または明細書をメールで受信する場合や、受信者を変更する場合は、お支払いに関する連絡先担当者と通知の変更をご覧ください。

必要な権限

この記事で説明するタスクを実行するために必要な権限は、タスクによって異なります。必要な権限については、各トピックの冒頭で説明します。

Cloud Billing 権限の詳細については、次をご覧ください。

課金がプロジェクトで有効になっていることを確認する

このタスクに必要な権限

プロジェクトにリンクされている Cloud 請求先アカウントを表示するには、Cloud 請求先アカウントに対する請求先アカウント閲覧者の役割が必要です。

特に、このタスクを実行するには、次の権限が必要です。

  • billing.resourceAssociations.list

プロジェクトにリンクされている Cloud 請求先アカウントを表示する手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud Console にログインします。

    Cloud Console にログインする

  2. Google Cloud Console ページの上部にある [プロジェクト] プルダウン([マイ プロジェクト])で、プロジェクトを選択します。

  3. Console のナビゲーション メニュー)を開き、[お支払い] を選択します。

請求が有効になっていない場合:

  • プロジェクトで課金が有効になっていない場合は、ポップアップ ウィンドウが表示され、次のようなテキストが表示されます。

    「このプロジェクトは請求先アカウントにリンクされていません。」

    • プロジェクトで課金を有効にするには、[請求先アカウントをリンク] を選択します。
    • お客様の組織の請求先アカウントのリストを表示するには、[請求先アカウントを管理] を選択します。

課金が有効な場合:

  • プロジェクトで課金が有効になっていて、Cloud 請求先アカウントが 1 つだけの場合は、[お支払い] の [概要] ページが表示されます。

  • プロジェクトで課金が有効になっていて、Cloud 請求先アカウントが複数ある場合、ポップアップ ウィンドウが表示され、次のようなテキストが表示されます。

    「請求先アカウント「[お客様の請求先アカウント]」はこのプロジェクトにリンクされています」

    • プロジェクトにリンクされている Cloud 請求先アカウントの [お支払い] の [概要] ページを表示するには、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。
    • お客様の組織の Cloud 請求先アカウントのリストを表示するには、[請求先アカウントを管理] を選択します。

すべてのプロジェクトのリストと各プロジェクトにリンクされている Cloud 請求先アカウントの表示について詳しくは、請求先アカウントがリンクされているプロジェクトを表示するをご覧ください。

プロジェクトの Cloud 請求先アカウントを変更する

このタスクに必要な権限

プロジェクトの Cloud 請求先アカウントを変更するには、プロジェクトを 1 つの Cloud 請求先アカウントから別の Cloud 請求先アカウントに移動できる必要があります。このタスクを実行するには、既存の Cloud 請求先アカウントからプロジェクトのリンクを解除し、プロジェクトを移動先の Cloud 請求先アカウントにリンクするための適切な権限が必要です。

このタスクの実行に必要な権限が付与されている役割:

  • プロジェクトのプロジェクト オーナーまたはプロジェクト請求管理者、かつ移動先の Cloud 請求先アカウントの請求先アカウント管理者または請求先アカウント ユーザー。

このタスクを実行するには、次の権限が必要です。

操作 権限 リソース
Cloud 請求先アカウントからプロジェクトのリンクを解除する billing.resourceAssociations.delete 請求先アカウント
または
resourcemanager.projects.deleteBillingAssignment プロジェクト
プロジェクトを Cloud 請求先アカウントにリンクする billing.resourceAssociations.create 請求先アカウント
かつ
resourcemanager.projects.createBillingAssignment プロジェクト

プロジェクトの Cloud 請求先アカウントを変更するには、次の操作を行います。

  1. Google Cloud Console にログインします。

    Cloud Console にログインする

  2. Console のナビゲーション メニュー)を開き、[お支払い] を選択します。

    複数の Cloud 請求先アカウントがある場合は、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択して、現在のプロジェクトの請求を管理します。

  3. [お支払い] ナビゲーション メニューで [アカウント管理] をクリックします。

  4. [この請求先アカウントにリンクされているプロジェクト] で、請求先を変更するプロジェクトの名前を探し、その横にあるメニュー()をクリックします。

  5. [お支払い情報を変更] を選択し、目的の Cloud 請求先アカウントを選択します。

  6. [アカウントを設定] をクリックします。

トランザクション履歴でまだ報告されていない料金がすでに発生している場合は、変更前の Cloud 請求先アカウントに請求されます。これにはプロジェクトを移動する 2 日前までの料金が含まれます。

プロジェクトの課金を有効にする

課金を有効にする方法は、新しいプロジェクトを作成するか、既存のプロジェクトに対して課金を再度有効にするかによって異なります。

新しいプロジェクトの課金を有効にする

新しいプロジェクトを作成すると、プロジェクトにリンクする Cloud 請求先アカウントを選択するように求められます。Cloud 請求先アカウントが 1 つだけの場合、そのアカウントが自動的にプロジェクトにリンクされます。

Cloud 請求先アカウントがない場合、Google Cloud の多くの機能を使用できるようにするには、Cloud 請求先アカウントを作成してプロジェクトの課金を有効にする必要があります。新しい請求先アカウントを作成してプロジェクトの課金を有効にするには、新しい Cloud 請求先アカウントを作成するの手順に沿って操作します。

既存のプロジェクトの課金を有効にする

課金が一時的に無効になっているプロジェクトがある場合は、課金を再度有効にできます。

このタスクに必要な権限

プロジェクトの課金を再度有効にするには、プロジェクトを Cloud 請求先アカウントにリンクするための適切な権限が必要です。

このタスクの実行に必要な権限が付与されている役割:

  • プロジェクトのプロジェクト オーナーまたはプロジェクト請求管理者、かつ移動先の Cloud 請求先アカウントの請求先アカウント管理者または請求先アカウント ユーザー。

このタスクを実行するには、次の権限が必要です。

  • プロジェクトを Cloud 請求先アカウントにリンクするには、プロジェクトに対する resourcemanager.projects.createBillingAssignment と、かつ Cloud 請求先アカウントに対する billing.resourceAssociations.create が必要です。

プロジェクトに対する課金を再度有効にするには、次の手順を行います。

  1. Google Cloud Console の [請求先アカウントを管理] ページにログインします。

    [請求先アカウントを管理] にログインする

  2. [マイ プロジェクト] タブを選択すると、プロジェクトのリストと、各プロジェクトに関連する Cloud 請求先アカウントが表示されます。

  3. プロジェクトのリストで、課金を再度有効にするプロジェクトを探し、その横にあるメニュー()をクリックします。

  4. [お支払い情報を変更] を選択し、目的の Cloud 請求先アカウントを選択します。

  5. [アカウントを設定] をクリックします。

プロジェクトの課金を無効にする

プロジェクトの自動支払いを停止するには、プロジェクトの課金を無効にする必要があります。課金を無効にしても、アカウントの未払い料金については、すべてお客様の負担となります。Cloud 請求先アカウントに設定されているお支払い方法は、未払い料金の支払いにも使用されます。

このタスクに必要な権限

プロジェクトの課金を無効にするには、プロジェクトと Cloud 請求先アカウントのリンクを解除するのに十分な権限が必要です。

このタスクの実行に必要な権限が付与されている役割:

  • プロジェクトのプロジェクト オーナーまたはプロジェクト請求管理者、またはCloud 請求先アカウントの請求先アカウント管理者。

このタスクを実行するには、次の権限が必要です。

  • Cloud 請求アカウントからプロジェクトのリンクを解除するには、プロジェクトに対する resourcemanager.projects.deleteBillingAssignmentまたは Cloud 請求先アカウントに対する billing.resourceAssociations.delete が必要です。

プロジェクトの課金を無効にするには

  1. Google Cloud Console にログインします。

    Cloud Console にログインする

  2. Console のナビゲーション メニュー)を開き、[お支払い] を選択します。

    複数の Cloud 請求先アカウントがある場合は、次のいずれかを行います。

    • 現在の Cloud プロジェクトの Cloud Billing を管理するには、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。
    • 別の Cloud 請求先アカウントを見つけるには、[請求先アカウントを管理] を選択し、管理するアカウントを選択します。
  3. [お支払い] ナビゲーション メニューで [アカウント管理] をクリックします。

  4. [この請求先アカウントにリンクされているプロジェクト] で、課金を無効にするプロジェクトの名前を探し、その横にあるメニュー()をクリックします。

  5. [課金を無効にする] を選択します。このプロジェクトの課金を無効にしてよいか確認するよう求められます。

  6. [課金を無効にする] をクリックします。