BigQuery のおすすめの方法: ストレージの最適化

このページでは、BigQuery ストレージの最適化におすすめの方法について説明します。

有効期限の設定を使用して不要なテーブルとパーティションを削除する

おすすめの方法: データセットにデフォルトのテーブル有効期限を構成し、テーブルに有効期限を構成して、時間分割テーブルにパーティションの有効期限を構成します。

データセット内で新しく作成されたテーブルにデフォルトのテーブル有効期限を設定することで、ストレージ費用を制御し、ストレージ使用率を最適化できます。データセットの作成時にプロパティを設定すると、そのデータセットで作成されたテーブルは有効期限を経過すると削除されます。データセットの作成後にプロパティを設定すると、設定後に作成した新しいテーブルのみが有効期限を経過すると削除されます。

たとえば、デフォルトのテーブルの有効期限を 7 日に設定した場合、1 週間を経過したデータは自動的に削除されます。

このオプションは、最新のデータのみにアクセスする必要がある場合に役立ちます。試験運用版のデータで、データ保存の必要がない場合にも役立ちます。

テーブルが日付で分割されている場合は、データセットのデフォルトのテーブル有効期限が個々のパーティションに適用されます。また、CLI の time_partitioning_expiration フラグまたは API の expirationMs 構成設定を使用して、パーティションの有効期限を制御することもできます。たとえば、次のコマンドでは、パーティションが 3 日後に期限切れになります。

bq mk --time_partitioning_type=DAY --time_partitioning_expiration=259200 [DATASET].[TABLE]

長期保存を活用する

おすすめの方法: データを BigQuery に保持します。

データを無料で BigQuery に読み込むことができます。古いデータを別のストレージ オプション(Google Cloud Storage など)にエクスポートするのではなく、BigQuery の長期保存の料金を活用します。

90 日間連続して編集されていないテーブルがある場合、そのテーブルのストレージの料金は、毎月 1 GB あたり 50% 割り引かれ、$0.01 になります。これは、Cloud Storage Nearline と同じ費用です。

分割テーブルの各パーティションは、長期保存の料金がそれぞれに適用されます。90 日間変更されなかったパーティションのデータは長期保存の料金の対象となり、割引価格で課金されます。

料金計算ツールを使用してストレージ費用を見積もる

おすすめの方法: Google Cloud Platform 料金計算ツールを使用してストレージ費用を見積もります。

Google Cloud Platform 料金計算ツールでストレージ費用を見積もるには、保存されているバイト数を MB、GB、TB、PB のいずれかの単位で入力します。BigQuery では月間 10 GB のストレージが無料で提供されます。

料金計算ツール

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。