コンソールを使用したクイックスタート

このページでは、Google Cloud Platform Console を使用して Cloud Storage で基本的なタスクを実行する方法について説明します。

Cloud Storage で発生する費用は、使用するリソースに基づきます。このクイックスタートでは、一般に $0.01 USD もかからない Cloud Storage リソースを使用します。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. GCP プロジェクトを選択または作成します。

    [リソースの管理] ページに移動

  3. プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。

    課金を有効にする方法について

バケットの作成

バケットは、Cloud Storage でデータを格納する基本的なコンテナです。

バケットを作成するには:

  1. Google Cloud Platform Console で Cloud Storage ブラウザを開きます。
    Cloud Storage ブラウザを開く
  2. [バケットの作成] をクリックします。
  3. バケットの名前を入力します。
    • バケットの名前空間はグローバルであり、一般公開されるため、バケット名に機密情報を含めないでください。
  4. [ストレージ クラス] で [リージョン] を選択します。
  5. [場所] で us-east1 を選択します。
  6. [作成] をクリックします。

これで Cloud Storage バケットの作成は完了です。

バケットへのオブジェクトのアップロード

子猫の画像。

上の画像を新しいバケットにアップロードするには:

  1. 上の画像を右クリックして、パソコンにダウンロードします。
  2. Cloud Storage ブラウザで、作成したバケットの名前をクリックします。
  3. [オブジェクト] タブの [ファイルをアップロード] ボタンをクリックします。
  4. ファイルのダイアログで、ダウンロードしたファイルに移動して選択します。

アップロードの完了後、ファイル名やファイル情報(ファイルのサイズや種類など)が表示されます。

オブジェクトのダウンロードと表示

Cloud Storage ブラウザから次の方法を使用してオブジェクトを操作してください。

  1. ファイルを右クリックして、保存するオプションを選択します。
  2. ファイルをクリックして、ブラウザで表示します。

オブジェクトを一般公開で共有する

一般公開されるファイルの URL を作成するには:

  1. ファイルに関連付けられたプルダウン メニューをクリックします。

    プルダウン メニューは、行の右側にある 3 個の点が縦に並んだアイコンです。

  2. プルダウン メニューから [権限を編集] を選択します。

  3. 表示されるオーバーレイで、[+ 項目を追加] ボタンをクリックします。

  4. 追加された行で、次の操作を行います。

    • [エンティティ] 列で [ユーザー] を選択します。
    • [名前] 列で「allUsers」と入力します。
    • [アクセス] 列で、[読み取り] を選択します。
  5. [保存] をクリックします。

ファイルが一般公開され、リンクアイコンが表示されます。リンクアイコンは、次のような共有可能な URL を示します。

https://storage.googleapis.com/<your-bucket-name>/kitten.png

ファイルの一般公開での共有を停止するには:

  1. ファイルに関連付けられたプルダウン メニューをクリックします。

    プルダウン メニューは、行の右側にある 3 個の点が縦に並んだアイコンです。

  2. プルダウン メニューから [権限を編集] を選択します。

  3. 表示されるオーバーレイで、allUsers エントリの右側にある [X] をクリックします。

  4. [保存] をクリックします。

ファイルのリンクアイコンが消えます。

フォルダを作成する

  1. [フォルダを作成] をクリックします。
  2. [名前] に「folder1」と入力し、[作成] をクリックします。

バケット内のフォルダには、オブジェクトと区別できるようにフォルダ アイコンの画像が表示されます。

サブフォルダを作成し、ファイルをアップロードします。

  1. folder1 をクリックします。
  2. [フォルダを作成] をクリックします。
  3. [名前] に「folder2」と入力し、[作成] をクリックします。
  4. folder2 をクリックします。
  5. [ファイルをアップロード] をクリックします。
  6. ファイルのダイアログで、ダウンロードしたスクリーンショットに移動して選択します。

アップロードの完了後、ファイル名やファイル情報(ファイルのサイズや種類など)が表示されます。

オブジェクトを削除する

  1. [バケット] リンクをクリックしてバケットレベルに戻ります。
  2. バケットを選択します。
  3. folder1 の横にあるチェックボックスをオンにします。
  4. [削除] ボタンをクリックします。
  5. [OK] をクリックすると、フォルダとフォルダ内のすべてのオブジェクトとサブフォルダが完全に削除されます。

クリーンアップ

このチュートリアルで使用するリソースで {[gcp_name_short}} アカウントに課金されないようにする手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud Platform Console で Cloud Storage ブラウザを開きます。
    Cloud Storage ブラウザを開く
  2. 作成したバケットの横にあるチェックボックスをオンにします。
  3. [削除] をクリックします。
  4. 表示されるポップアップ ウィンドウで、[削除] をクリックしてバケットとその内容を完全に削除します。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Storage ドキュメント