インスタンスの停止または削除

このページでは、インスタンスを停止または削除する方法について説明します。

インスタンスを一時的に停止し、後で復帰させることができます。停止したインスタンスに対して料金は発生しませんが、そのインスタンスに接続されているすべてのリソースについては料金が発生します。インスタンスの使用が終わった場合にインスタンスとそのリソースを削除すれば、料金は発生しなくなります。

始める前に

インスタンスの停止

インスタンスを停止すると、Compute Engine からインスタンスに ACPI 電源オフ信号が送信されます。最新のゲスト オペレーティング システムは、電源オフ信号に応じて電源を切る前に、クリーン シャットダウンを行うよう構成されています。Compute Engine は、ゲスト オペレーティング システムがシャットダウンを完了するのをしばらく待ってから、インスタンスを TERMINATED 状態に切り替えます。

停止したインスタンスに対して料金は発生しませんが、そのインスタンスに接続されているすべてのリソースについては料金が発生します。たとえば、永続ディスクや外部 IP アドレスに対しては、インスタンスが停止している間も料金表に従って請求が発生します。接続されたリソースに対する請求を停止するには、停止したインスタンスの構成を変更してこれらのリソースを使用しないようにしてから、インスタンスを削除します。

ローカル SSD が接続されたインスタンスは停止できません。代わりに、インスタンスを完全に削除する前に、重要なデータをローカル SSD から永続ディスクまたは別のインスタンスに移行する必要があります。Compute Engine には、ローカル SSD の接続されたインスタンスがゲスト オペレーティング システム内からシャットダウンされるのを防止する機能はないため、ゲスト オペレーティング システムからインスタンスを停止する場合は特に注意してください。

インスタンスを停止するには、Google Cloud Platform Consolegcloud ツール、または API を使用します。

Console

  1. GCP Console の [VM インスタンス] ページに移動します。

    [VM インスタンス] ページに移動

  2. 停止したいインスタンスを選択します。インスタンスは複数選択できます。
  3. [VM インスタンス] ページで、[停止] をクリックします。

gcloud

instances stop コマンドを使用して停止したいインスタンスを 1 つまたは複数指定します。

gcloud compute instances stop example-instance-1 example-instance-2

API

API で POST リクエストを作成して、インスタンスを停止します。

POST https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/myproject/zones/us-central1-f/instances/example-instance/stop

TERMINATED 状態のインスタンスは、構成の設定とインスタンス メタデータを保持した状態で残りますが、メモリ内データと仮想マシン状態は失われます。停止したインスタンスに接続されたリソースは、手動で接続を解除するか、インスタンスを削除するまで接続されたままになります。

インスタンスが TERMINATED 状態になったら、インスタンスの再起動削除を実行できます。インスタンスはいつまでも TERMINATED 状態にしておいてかまいません。ただし、インスタンスを再起動する予定がない場合は、停止状態で残すのではなく削除してください。

オペレーティング システムからのインスタンスの停止

必要に応じ、sudo shutdown -h now または sudo poweroff コマンドを使用して、ゲスト オペレーティング システムからインスタンスを停止できます。仮想マシンにログインした状態で、次のいずれかのコマンドを実行します。

me@example-instance:~$ sudo shutdown -h now
me@example-instance:~$ sudo poweroff

停止したインスタンスへの請求

TERMINATED 状態のインスタンスは、秒単位の仮想マシン使用量に対して料金が請求されることはなく、またリージョナル CPU 割り当てにもカウントされないため、使用していないインスタンスを停止すれば、アクティブでないインスタンスに対して課金されることがなくなります。再び使用したい場合には、同じインスタンス プロパティ、メタデータ、リソースを保持したままでインスタンスを再開できます。

TERMINATED 状態のインスタンスに対して、秒単位の使用料金が請求されることはありませんが、静的 IP や永続ディスクなど仮想マシンに接続されたリソースに対しては、削除されるまで課金されます

停止したインスタンスに関連するリソースの状態

インスタンスを停止すると、インスタンスとそれに関連するリソースに次のように影響します。

リソース 影響
永続ディスク

インスタンスを停止しても、永続ディスクは維持されます。これは、自動削除が設定された永続ディスクでも同様です。

停止した仮想マシンに関連付けられた永続ディスクは、仮想マシンに関連付けられていない永続ディスクと同様に課金され続けます。

RAM と仮想マシンの状態

電源オンの状態にリセットされ、データは保存されません。

GPU

インスタンスの停止中、GPU には課金されません。停止中のインスタンスに割り当てられている GPU は、プロジェクトの割り当てにはカウントされません。

外部のエフェメラル IP

インスタンスを停止すると、エフェメラル IP は解除されます。インスタンスを再開すると、新しいエフェメラル IP アドレスが取得されます。

外部の静的 IP

静的外部 IP は維持されます。

停止したインスタンスに割り当てられた静的 IP は、他のインスタンスに接続されていない場合と同様に課金されます。詳しくは、料金ページをご覧ください。

内部 IP / MAC アドレス

内部 IP と MAC アドレスは維持されます。

課金

停止したインスタンスに対しては課金されませんが、インスタンスを再開した場合、1 分の最小請求時間が適用されます。

インスタンスが停止している場合でも、次の操作を停止中のインスタンスに対して行えます。

  • マシンタイプの変更
  • 接続ディスクの追加と削除
  • ディスクの自動削除設定の更新
  • インスタンス タグの変更
  • カスタム インスタンス メタデータの変更
  • プロジェクト全体のメタデータの変更
  • 新しい静的 IP の削除と設定
  • インスタンスのスケジュール設定の変更

ただし、インスタンスのイメージを変更することはできません。

インスタンスの削除

インスタンスを完全に削除することで、インスタンスと関連するリソースをプロジェクトから削除できます。インスタンスがインスタンス グループの一部である場合、特定のグループサイズを維持するために、グループがインスタンスを再作成する場合があります。 その場合は、インスタンス グループのサイズを変更するか、オートスケーラーを再構成してください。

Console

  1. GCP Console の [VM インスタンス] ページに移動します。

    [VM インスタンス] ページに移動

  2. 削除したいインスタンスにチェックマークを付けます。
  3. [削除] ボタンをクリックします。

gcloud

gcloud compute instances delete コマンドを使用します。この方法でインスタンスを削除すると、インスタンスがシャットダウンしてインスタンスのリストから削除されます。また、永続ディスクや静的 IP アドレスなどインスタンスに接続されたすべてのリソースが解除されます。

インスタンスを削除するには、次のコマンドを使用します。

gcloud compute instances delete example-instance [example-instance-2 example-instance-3..]

API

delete メソッドを使用します。

DELETE https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/example-project/zones/us-central1-f/instances/example-instance

シャットダウン時間

インスタンスをシャットダウンまたは削除すると、Compute Engine が ACPI 電源オフ信号をインスタンスに送り、インスタンスが完全にシャットダウンするのをしばらく待ちます。この猶予期間後、まだインスタンスが実行されている場合は、シャットダウン スクリプトが実行中であっても、Compute Engine は強制的にインスタンスを終了します。

シャットダウン時間の長さは、インスタンスの種類によって異なります。

この間にシャットダウン スクリプトを実行する場合は、オペレーティング システムがシャットダウンを完了し、ディスクのバッファをフラッシュできるよう、この時間内にシャットダウン スクリプトを完了する必要があります。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント