マシンイメージ

このページでは、マシンイメージの概要とその用途について説明します。また、データを保存するスナップショットやカスタム イメージなどの他のリソースとの違いについても併せて説明します。マシンイメージの作成方法については、マシンイメージの作成をご覧ください。

マシンイメージは、仮想マシン(VM)インスタンスを作成するために必要な構成、メタデータ、権限、および 1 つ以上のディスクのデータをすべてを保存する Compute Engine リソースです。インスタンスの作成、バックアップと復元、インスタンスのクローン作成など、さまざまなシステム メンテナンスのシナリオでマシンイメージを使用できます。

マシンイメージの用途

次の表は、マシンイメージ、永続ディスクのスナップショットインスタンス テンプレートカスタム イメージの用途を比較したものです。

シナリオ マシンイメージ 永続ディスクのスナップショット カスタム イメージ インスタンス テンプレート
単一ディスクのバックアップ ×
複数ディスクのバックアップ × ×
×
差分バックアップ × ×
インスタンスのクローン作成とレプリケーション ×
VM インスタンス構成 × ×

上記の表を見るとわかるように、マシンイメージは次のユースケースに最適なリソースです。

ディスクのバックアップ

マシンイメージは、複数ディスクのバックアップと単一ディスクのバックアップの両方をサポートします。ディスクのバックアップは差分スナップショットとして作成されます。

マシンイメージを使用してディスクをコピーする場合、Compute Engine はクラッシュ整合性が確保されるように、ある時点での(複数の)ディスクのデータをマシンイメージにキャプチャします。Compute Engine はこの整合性を保証するために、グローバルに整合性のとれたタイムスタンプを使用します。VM インスタンスの実行中にすべてのディスクでバックアップ ポイントが維持されるようにするには、この整合性が極めて重要です。複数のディスクにわたってバックアップ ポイントが維持されていれば、すべてのディスクで同じ時点に戻ってマシンイメージを復元できます。

複数ディスクのバックアップ

マシンイメージは、VM インスタンスにアタッチされているすべてのディスクのバックアップを作成する場合に役立ちます。マシンイメージを使用すると一度に複数のディスクをバックアップできるため、マシンイメージにキャプチャされたデータの整合性がすべてのディスクにわたって確保されます。永続ディスクのスナップショットでは、一度に 1 つのディスクしかバックアップできません。

ディスクの差分バックアップ

マシンイメージには、イメージの差分スナップショットが保存されます。VM インスタンスからマシンイメージを生成する場合、最初のマシンイメージにはディスクのすべてのデータが完全にコピーされます。パフォーマンスの向上とスペースの効率利用を目的に、以降のイメージは差分コピーまたは増分コピーとして保存されます。これは、永続ディスクのスナップショットで使用されるメカニズムと似ています。

インスタンスのクローン作成とレプリケーション

インスタンスを作成するのに、マシンイメージを使用できます。マシンイメージを使用すると、ソース インスタンスの VM 構成の大部分を含むインスタンスのコピーを作成できます。作成したコピーは、トラブルシューティング、VM インスタンスのスケーリング、デバッグ、システム メンテナンスに使用できます。

マシンイメージに保存される情報

マシンイメージには、ソース インスタンスから次の情報が収集されます。

マシンイメージには、ソース インスタンスの次の情報は収集されません。

  • メモリ内のデータ
  • ローカル SSD 内のデータ。ただし、マシンイメージにはローカル SSD のデバイス マッピングがキャプチャされます。
  • ソース インスタンスに固有の属性(名前、IP アドレスなど)

マシンイメージの保存場所

コンプライアンスのニーズを満たすには、データの保存場所を管理する必要があります。マシンイメージを保存する地理的な場所を管理するには、マシンイメージの作成時に storageLocation を指定します。マシンイメージは、Cloud Storage マルチリージョン ロケーションasia など)または Cloud Storage リージョン ロケーションasia-south1 など)のいずれにも保存できます。

インスタンスからマシンイメージを作成すると、デフォルトでは、マシンイメージはそのソース インスタンスがある Cloud Storage マルチリージョン バケットに保存されるか、ソース インスタンスに地理的に最も近い Cloud Storage マルチリージョン バケットに保存されます。

たとえば、ソース インスタンスが us-central1 に保存されている場合、マシンイメージはデフォルトで us マルチリージョンに保存されます。ただし、australia-southeast1 のようなデフォルトのロケーションはマルチリージョンのいずれにも該当しません。最も近いマルチリージョンは asia です。

マシンイメージの保存場所に関係なく、適切な権限を設定することで、マシンイメージにグローバルにアクセスできます。

次のステップ