Compute Engine の IAM 権限

Google Identity Access and Management(IAM)は、カスタマイズされた IAM の役割を作成する機能を提供します。カスタムの IAM の役割を作成し、この役割に 1 つ以上の権限を割り当てることができます。その後、新しく作成された役割を共同編集者に付与できます。Google が提供する定義済みの役割とともに、カスタムの役割を使用してニーズを直接的に反映するアクセス制御モデルを作成します。

各メソッドに必要な権限は、Compute Engine API リファレンス ドキュメントに示されています。

このドキュメントでは、カスタムの役割の作成方法については説明しません。カスタムの役割の詳細や段階的な作成方法については、カスタムの役割の作成と管理をご覧ください。

始める前に

Cloud Platform Console の権限

Google Cloud Platform Console を使用して Compute Engine リソースにアクセスするには、プロジェクトに対する次の権限を持つ役割が必要です。

compute.projects.get

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント