請求書または領収書の受け取り

特定の月の請求書は翌月の第 5 営業日までに取得できます。たとえば、9 月分の請求書は遅くとも 10 月 5 日には準備されます。週末または銀行の休日には請求書は発行されないため、その分お待ちください。

請求書には請求先住所、納税者番号、その月のすべてのお支払いと税金が記載されています。

その月に発生したお支払いの領収書だけが必要な場合は、控え用のお支払い領収書をいつでも印刷できます。

請求書または明細書をメールで受け取りたい場合、またはそれらの受信者を変更する場合は、請求に関する連絡先と通知の変更をご覧ください。

請求書の取得

請求書を取得するには:

  1. Google Cloud Platform Console にログインします。
  2. Console の左側のメニューを開き、[お支払い] を選択します。
  3. 請求先アカウントが複数ある場合は、現行プロジェクトの請求を管理するために、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。別の請求先アカウントを見るには、[請求先アカウントを管理] を選択します。
  4. [履歴] をクリックします。
  5. ページの中央で、表示する請求書に対応する日付範囲を設定します。

    1. デフォルトは [過去 3 か月間] で、最新の請求書を見ることができます。
    2. 以前の請求書を表示するには、メニュー オプションを使用して日付範囲を調整します。たとえば、過去 12 か月間の請求書を見るには [前年] を選択します。
  6. [トランザクション] テーブルの目的の日付範囲の下で [ドキュメント] 行を展開し、請求書を表示します。

  7. 請求書番号のリンクをクリックして、PDF 版または CSV 版の請求書を開きます。

当月の請求書のリンクは月末まで表示されません。

領収書の取得

領収書を取得するには:

  1. Google Cloud Platform Console にログインします。
  2. Console の左側のメニューを開き、[お支払い] を選択します。
  3. 請求先アカウントが複数ある場合は、現行プロジェクトの請求を管理するために、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。別の請求先アカウントを見るには、[請求先アカウントを管理] を選択します。
  4. [履歴] をクリックします。
  5. 下の表のツールバーで [詳細] をクリックします。
  6. [内容] 列にある適切な [お支払い] リンクをクリックします。
  7. 印刷可能な領収書が新しいブラウザ ウィンドウで開きます。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。