請求書、明細書、領収書などの Cloud Billing ドキュメントを取得する

Cloud Billing ドキュメントについて

Google Cloud Console では、[ドキュメント] ページからほとんどの Cloud Billing ドキュメントにアクセスできます。特定のドキュメント(明細書や請求書など)の検索、一括または個別でのダウンロード、ドキュメントを表示するためのカスタム フィルタの作成が可能です。

お支払い領収書をお探しの場合は、Google Cloud Console の [料金の履歴] ページでご確認いただけます。

この記事では、Cloud 請求先アカウント タイプに対して利用可能なすべての Cloud Billing ドキュメントを見つける方法について説明します。

明細書

明細書は請求書ではありません。これは、セルフサービス / オンライン アカウントとして設定された Cloud 請求先アカウントに対して生成される、毎月の請求アクティビティの概要です。セルフサービスの Cloud 請求先アカウントは、請求サイクルに基づいて Google Cloud の費用を自動的に支払うように構成されます。自動支払いに加えて、セルフサービスの Cloud 請求先アカウントに対して、いつでも手動でクレジット カード払いが可能です。

明細書には、合法的に登記された法人の住所、納税者番号、その月のすべてのお支払いと税金、その月の使用料金の概要が記載されます。

請求期間に基づくか、手動支払いを行った場合は 1 か月に複数回のお支払いが可能です。毎月の明細書には、お支払いがトランザクションとして表示されます。

明細書をメールで受信する場合や、受信者を変更する場合は、お支払いに関する連絡先担当者と通知の変更をご覧ください。

請求書

請求書には合法的に登記された法人の住所、納税者番号、その月のすべてのお支払いと税金が記載されています。通常、請求書発行アカウントとして設定された Cloud 請求先アカウントでは毎月 1 つの請求書が生成されます。

特定の月の請求書は翌月の第 5 営業日までに取得できます。たとえば、9 月分の請求書は遅くとも 10 月の第 5 営業日までに作成されます。週末または銀行の休日には請求書は発行されないため、その分お待ちください。

毎月の請求書発行のお申し込み時に同意していただいた利用規約に、お支払いについての記載があります。請求書のお支払い方法をご確認ください。

請求書をメールで受信する場合や、受信者を変更する場合は、お支払いに関する連絡先担当者と通知の変更をご覧ください。

お支払い領収書

お支払い領収書は、すべての Cloud 請求先アカウントに対してご利用いただけます。Cloud Billing Console の [料金の履歴] ページで、いつでもレコードに対する領収書を取得できます。

領収書をメールで受信する場合や、受信者を変更する場合は、お支払いに関する連絡先担当者と通知の変更をご覧ください。

明細書や請求書を取得する

明細書請求書は、各 Cloud 請求先アカウントの [ドキュメント] ページで確認できます。表示されるドキュメント タイプは、表示している Cloud 請求先アカウント タイプによって異なります。

お支払い領収書をお探しの場合お支払い領収書は、Cloud Billing Console の [料金の履歴] ページで確認できます。詳細については、お支払い領収書を取得するをご覧ください。

明細書、請求書、その他の Cloud Billing ドキュメントを見つけるには、次のセクションで、表示する Cloud 請求先アカウントのタイプセルフサービス アカウントまたは請求書発行アカウント)が表示されるタブを選択して、ドキュメントを見つける手順を確認します。

セルフサービス アカウント

セルフサービス(オンライン)の Cloud 請求先アカウントで使用できるドキュメント タイプには、特定の Cloud 請求先アカウントに該当する明細書、デビットメモ、クレジットメモ、請求書などがあります。

Cloud Billing のドキュメントを見つけるには、Cloud Console の Cloud Billing の [ドキュメント] ページまたは Google お支払いセンターの [ドキュメント] セクションにアクセスします。次の情報は、Cloud Console を使用してドキュメントを取得する方法を示しています。

[ドキュメント] ページにアクセスする

Google Cloud の明細書やその他のドキュメントを取得するには:

  1. Google Cloud Console にログインします。

    Cloud Console にログインする

  2. Cloud Console のナビゲーション メニューを開き、[お支払い] をクリックします。

    複数の Cloud 請求先アカウントがある場合は、次のいずれかを行います。

    • 現在の Cloud プロジェクトの Cloud Billing を管理するには、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。
    • 別の Cloud 請求先アカウントを確認するには、[請求先アカウントを管理] を選択し、明細書を表示する対象のアカウントを選択します。
  3. [お支払い] ナビゲーション メニューから [ドキュメント] をクリックします。

[ドキュメント] ページ

[ドキュメント] では、特定の明細書の検索、明細書のダウンロード(個別 / 一括)、明細書表示用のカスタム フィルタの作成などを行えます。

ドキュメント タイプを選択する

テーブルの上部にあるプルダウン メニューから、プリセットまたはカスタム フィルタを選択して、テーブルに一覧表示されるドキュメント タイプを指定します。

  • デフォルトのオプションは [すべての請求書とメモを表示] で、Cloud 請求先アカウントに該当するすべての明細、デビットメモ、クレジットメモ、請求書が表示されます。

  • Cloud 請求先アカウントに該当する場合は、次のようなプリセット ビュー オプションがあります。

    • すべての明細書: 使用可能なすべての毎月の課金明細書が表示されます。
    • すべてのクレジットメモ: すべてのクレジットが表示されます。
    • すべての税務書類と法定書類(お住まいの国に該当する場合): 税務書類と法定書類(使用 VAT 請求書、見積請求書、受領書、調整明細)が表示されます。

ドキュメントをフィルタする

テーブルに表示されるドキュメントをカスタマイズするには、フィルタを追加します。

  1. テーブルの上にある [+ フィルタを追加] をクリックします。
  2. 適用するフィルタの種類を選択します。
  3. フィルタの内容に応じて情報を入力します。
  4. [適用] をクリックします。必要に応じてフィルタを追加できます。

    • たとえば、特定の期間に生成された明細書のリストを表示するには、[発行日] フィルタを追加して、開始日と終了日を設定します。

    • フィルタを削除するには [X] をクリックします。

列の表示と非表示の切り替え

テーブルに表示する列の選択や、列の順序の並べ替えができます。

  1. テーブルの右端にある列ヘッダー行で、[編集] をクリックします。
  2. 表示と非表示を切り替える列を選択します。
  3. テーブル内の列の順序を並べ替えるには、編集ボックス内で列名をドラッグします。
  4. [保存] をクリックします。

表示されたドキュメントを並べ替える

表示されている列のいずれかで並べ替えることで、テーブル内でドキュメントの並べ替え順序を変更できます。

  • ドキュメントを昇順または降順で並べ替えるには、並べ替える列のヘッダーをクリックします。
  • 昇順と降順を切り替えるには、同じ列ヘッダーをもう一度クリックします。

カスタム フィルタを作成して保存し、再利用する

目的のドキュメントのみを表示するようにドキュメントの列を追加して並べ替え、フィルタし(たとえば、金額が $500 を超えるすべての明細書を降順で)、将来の使用のためにこのカスタマイズを保存します。

  • 再利用するためにフィルタの設定を保存するには、[カスタム フィルタを保存] を選択して、カスタム フィルタの名前を入力して、[新規保存] をクリックします。
  • 保存したカスタム フィルタを使用するには、テーブルの上部にあるプルダウン メニューをクリックし、プリセット フィルタのリストをスクロールして、[カスタム フィルタ] のセクションに移動します。
  • カスタム フィルタを削除するには、カスタム フィルタを開き、[カスタム フィルタを保存] を選択して [削除] をクリックします。
  • 既存のカスタム フィルタを編集する手順は次のとおりです。
    1. カスタム フィルタを開きます。
    2. 列の調整、並べ替え、フィルタ設定を行います。
    3. [カスタム フィルタを保存] を選択します。
      • 新しいカスタム フィルタとして保存するには、カスタム フィルタ名を編集して一意の名前を付け、[新規保存] をクリックします。
      • 既存のお客様のフィルタを新しいフィルタ設定に置き換えるには、名前を変更せずに [更新] をクリックします。

個別または複数の明細書やその他のドキュメントをダウンロードする

明細書には毎月の費用とお支払いの概要が記載されており、PDF 形式でダウンロードできます。1 か月の費用の明細を確認するには、価格表レポートをご覧ください。

ドキュメントをダウンロードする手順は次のとおりです。

  1. ダウンロードする明細書またはドキュメントの左側にあるチェックボックスをオンにします。

    テーブルに表示されるすべてのドキュメントを選択するには、テーブルの列ヘッダー行にあるチェックボックスをオンにします。

  2. [選択したアイテムをダウンロード] をクリックします。

    ドキュメントに複数のページがあり、そのすべてをダウンロードするように選択した場合は、表示しているページのみをダウンロードするオプションか、選択したドキュメントのすべてのページをダウンロードするオプションを選択します。

  3. 1 つのドキュメントをダウンロードするように選択した場合、そのドキュメントの PDF がダウンロードされます。複数のドキュメントをダウンロードするように選択した場合は、選択した各ドキュメントの PDF が含まれる .zip ファイルが作成されてダウンロードされます。

[料金の履歴] ページ

[料金の履歴] ページでも、他のドキュメントや請求書をダウンロードできます。

  1. Cloud Console の [お支払い] ナビゲーション メニューで、[料金の履歴] をクリックします。

  2. [料金の履歴] ページで、切り替えボタンを使用して表示されるデータを調整し、ダウンロードする請求書の日付範囲を設定します。

    • デフォルトは [過去 3 か月間] で、直近の明細書にアクセスできます。
    • 以前の明細書にアクセスするには、メニュー オプションを使用して日付範囲を調整します。たとえば、今年の明細書にアクセスする場合は、[今年] を選択します。
  3. [料金の履歴] テーブルで [ドキュメント] 行を展開し、利用可能な明細書を表示します。

  4. PDF 版の明細書をダウンロードするには、明細書番号をクリックします。

請求書発行アカウント

請求書発行 Cloud 請求アカウントで利用できるドキュメント タイプには、特定の Cloud 請求アカウントに該当する請求書、デビットメモ、クレジットメモ、税金メモなどがあります。

Cloud Billing のドキュメントを見つけるには、Cloud Console の Cloud Billing の [ドキュメント] ページまたは Google お支払いセンターの [ドキュメント] セクションにアクセスします。次の情報は、Cloud Console を使用してドキュメントを取得する方法を示しています。

[ドキュメント] ページにアクセスする

Google Cloud の請求書やその他のドキュメントを取得するには:

  1. Google Cloud Console にログインします。

    Cloud Console にログインする

  2. Cloud Console のナビゲーション メニューを開き、[お支払い] をクリックします。

    複数の Cloud 請求先アカウントがある場合は、次のいずれかを行います。

    • 現在の Cloud プロジェクトの Cloud Billing を管理するには、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。
    • 別の Cloud 請求先アカウントを確認するには、[請求先アカウントを管理] を選択し、請求書を表示する対象のアカウントを選択します。
  3. [お支払い] ナビゲーション メニューから [ドキュメント] をクリックします。

[ドキュメント] ページ

[ドキュメント] では、特定の請求書の検索、請求書のダウンロード(個別 / 複数)、請求書表示用のカスタム フィルタの作成などを行うことができます。

ドキュメント タイプを選択する

テーブルの上部にあるプルダウン メニューから、プリセットまたはカスタム フィルタを選択して、テーブルに一覧表示されるドキュメント タイプを指定します。

  • デフォルトのオプションは [すべての請求書とメモ] で、完了または支払済みの請求書を含むすべての請求書が表示されます。
  • Cloud 請求先アカウントに該当する場合は、次のプリセット オプションがあります。
    • 未決済の請求書とデビットメモ: 支払いが必要な未決済の請求書とデビットがすべて表示されます。
    • 未決済のクレジットメモ: 未決済の請求書に適用されるクレジットが表示されます。
    • すべてのクレジットメモ: すでに請求書に適用済みのものを含め、すべてのクレジットが表示されます。
    • すべての税務書類と法定書類(お住まいの国に該当する場合): 税務書類と法定書類(使用 VAT 請求書、見積請求書、受領書、調整明細)が表示されます。

ドキュメントをフィルタする

テーブルに表示されるドキュメントをカスタマイズするには、フィルタを追加します。

  1. テーブルの上にある [+ フィルタを追加] をクリックします。
  2. 適用するフィルタの種類を選択します。
  3. フィルタの内容に応じて情報を入力します。
  4. [適用] をクリックし、必要に応じてフィルタを追加します。
    • たとえば、支払い期限の過ぎた請求書を表示するには、ステータス フィルタを追加して、[期限超過] を選択します。
    • フィルタを削除するには [X] をクリックします。

特定の請求書またはドキュメントを検索する

[ドキュメント内を検索] を使用してフィルタ条件を絞り込むことが可能です。

  • 探している請求書やドキュメントを検索するのに役立つテキストを入力します。ドキュメントに表示されているテキストは検索可能です。次の方法で検索の精度を高めることも可能です。
    • AND(すべて大文字)を使用して、両方の語句を含むドキュメントを検索します。例: ビデオ AND ゲーム
    • OR(すべて大文字)を使用して、いずれかの語句を含むドキュメントを検索します。例: 11 月 OR 12 月

列の表示と非表示の切り替え

テーブルに表示する列の選択や、列の順序の並べ替えができます。

  1. テーブルの右端にある列ヘッダー行で、[編集] をクリックします。
  2. 表示と非表示を切り替える列を選択します。
  3. テーブル内の列の順序を並べ替えるには、編集ボックス内で列名をドラッグします。
  4. [保存] をクリックします。

表示されたドキュメントを並べ替える

表示されている列のいずれかで並べ替えることで、テーブル内でドキュメントの並べ替え順序を変更できます。

  • ドキュメントを昇順または降順で並べ替えるには、並べ替える列のヘッダーをクリックします。
  • 昇順と降順を切り替えるには、同じ列ヘッダーをもう一度クリックします。

カスタム フィルタを作成して保存し、再利用する

目的のドキュメントのみを表示するように請求書の列を追加、並べ替え、検索、フィルタし(たとえば、特定のプロダクトの未決済の請求書を降順で)、将来の使用のためにこのカスタマイズを保存します。

  • 再利用するためにフィルタの設定を保存するには、[カスタム フィルタを保存] を選択して、カスタム フィルタの名前を入力して、[新規保存] をクリックします。
  • 保存したカスタム フィルタを使用するには、テーブルの上部にあるプルダウン メニューをクリックし、プリセット フィルタのリストをスクロールして、[カスタム フィルタ] のセクションに移動します。
  • カスタム フィルタを削除するには、カスタム フィルタを開き、[カスタム フィルタを保存] を選択して [削除] をクリックします。
  • 既存のカスタム フィルタを編集する手順は次のとおりです。
    1. カスタム フィルタを開きます。
    2. 列の調整、並べ替え、検索、フィルタ設定を行います。
    3. [カスタム フィルタを保存] を選択します。
      • 新しいカスタム フィルタとして保存するには、カスタム フィルタ名を編集して一意の名前を付け、[新規保存] をクリックします。
      • 既存のお客様のフィルタを新しいフィルタ設定に置き換えるには、名前を変更せずに [更新] をクリックします。

個別または複数の請求書やその他のドキュメントをダウンロードする

ドキュメントをダウンロードする手順は次のとおりです。

  1. ダウンロードする請求書またはドキュメントの左側にあるチェックボックスをオンにします。

    テーブルに表示されるすべてのドキュメントを選択するには、テーブルの列ヘッダー行にあるチェックボックスをオンにします。

  2. [選択したアイテムをダウンロード] をクリックします。

    ドキュメントに複数のページがあり、そのすべてをダウンロードするように選択した場合は、表示しているページのみをダウンロードするオプションか、選択したドキュメントのすべてのページをダウンロードするオプションを選択します。

  3. 請求書のダウンロードに使用する形式を選択します。デフォルトでは、PDF が選択されています。

  4. [ダウンロード] をクリックします。

請求書の詳細を確認する

Documents テーブルで、詳細を確認する請求書またはドキュメントの行をクリックします。請求書番号、請求金額、ステータス、注文番号、アカウントの詳細などがポップアップ表示されます。[ドキュメント アクティビティ] セクションでは、請求書の送付先とメールアドレスを確認できます。

  • ポップアップを閉じるには、左上の [X] をクリックします。
  • 請求書をダウンロードするか、請求書のリビジョンをリクエストするには、請求書のポップアップの右上にある [操作] をクリックします。

  • 請求書の PDF バージョンと CSV バージョンの両方をダウンロードできます。

  • [操作] プルダウンに、[情報を更新して請求書を再作成する] リンクが表示される場合があります。最近注文番号を更新した場合や請求先住所を変更した場合は、請求書を再作成して新しい情報を反映させる必要があります。

[料金の履歴] ページ

また、[料金の履歴] ページから請求書にアクセスすることもできます。

  1. Cloud Console の [お支払い] ナビゲーション メニューで、[料金の履歴] をクリックします。

  2. [料金の履歴] ページで、切り替えボタンを使用して表示されるデータを調整し、ダウンロードする請求書の日付範囲を設定します。

    • デフォルトは [過去 3 か月間] で、直近の請求書を見ることができます。
    • 以前の請求書を表示するには、メニュー オプションを使用して日付範囲を調整します。たとえば、今年の請求書にアクセスする場合は、[今年] を選択します。
  3. [料金の履歴] テーブルで [ドキュメント] 行を展開し、利用可能な明細書へのリンクを表示します。

  4. ドキュメントのリンクをクリックして、ドキュメント センターにアクセスします。たとえば、[請求書を表示] をクリックして [ドキュメント] ページに移動します。[ドキュメント] ページでは、請求書を CSV 形式または PDF 形式でダウンロードできます。

お支払い領収書を取得する

領収書は、すべての Cloud 請求先アカウントに対してご利用いただけます。レコードに対する領収書は、Cloud Billing Console の [料金の履歴] セクションでいつでも取得できます。

領収書を取得するには:

  1. Google Cloud Console にログインします。

    Cloud Console にログインする

  2. Cloud Console のナビゲーション メニューを開き、[お支払い] をクリックします。

    複数の Cloud 請求先アカウントがある場合は、次のいずれかを行います。

    • 現在の Cloud プロジェクトの Cloud Billing を管理するには、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。
    • 別の Cloud 請求先アカウントを確認するには、[請求先アカウントを管理] を選択し、領収書を表示する対象のアカウントを選択します。
  3. [お支払い] ナビゲーション メニューから [料金の履歴] をクリックします。

  4. [料金の履歴] ページで、テーブルの上にある切り替えボタンを使用してビューを制御し、料金の履歴リストをフィルタリングします。

    1. ビューのプルダウンで、[詳細] を選択します。
    2. [タイプ] プルダウンで [お支払い] を選択します。料金の履歴リストがフィルタリングされて、完了したお支払いが表示されます。
    3. [期間] プルダウンで、表示する領収書に対応する [ 期間] を設定します。
  5. トランザクションのリストの [説明] 列で [お支払い] をクリックして、お支払い領収書を表示します。領収書が新しいブラウザ ウィンドウで開きます。

請求またはドキュメントが見つからない

Google Cloud サービスや Google Maps Platform API に関連する特定の請求またはトランザクションが見つからない場合は、Cloud Billing サポートへのお問い合わせをご覧ください。

Cloud Billing のベスト プラクティスと Google Cloud リソースの管理方法ついては、Cloud Billing オンボーディング チェックリストをご覧ください。

その他の関連トピック: