請求サイクルの確認

費用は、次のいずれかの方法(早く到達した方)で自動的に請求されます。

  • 定期的な月ごとのサイクル(毎月の請求)
  • アカウントの利用料金が一定金額に達したとき(限度額請求)

請求サイクルと請求時期を確認するには:

  1. Google Cloud Platform Console の請求ページに移動します。
  2. 請求先アカウントが複数ある場合は、現行プロジェクトの請求を管理するために、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。別の請求先アカウントを見るには、[請求先アカウントを管理] を選択します。
  3. [概要] ページで、[お支払いの概要] をクリックします。
  4. 最上部のカードに、現在の未払い残高、前回のお支払い日とお支払い額とともに請求サイクルが表示されます。

    • 毎月の自動支払い: この請求先アカウントの請求サイクルは月次となっており、毎月第 2 日目に前月分の利用料金が自動的に請求されます。
    • 自動支払い: この請求先アカウントの請求サイクルは限度額請求となっており、利用料金の合計が限度額に達したとき、または前回の請求から 30 日後のいずれか早い時点で、自動的に請求が行われます。

限度額請求については以下のセクションで詳細に説明します。

利用限度額の確認

利用限度額とは、その金額に達すると請求先アカウントに請求が行われる使用量のレベルです。限度額はまず設定した金額から開始され、30 日以内に利用費用がその金額に達した場合は自動的に引き上げられます。それ以外の場合は、前回の請求から 30 日後に請求が行われます。料金は請求から次の請求までの間、累積されます。

Google Cloud Platform の請求サイクル

利用限度額を確認するには:

  1. Google Cloud Platform Console に移動します。
  2. Console の左側のメニューを開き、[お支払い] を選択します。
  3. 請求先アカウントが複数ある場合は、現行プロジェクトの請求を管理するために、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。別の請求先アカウントを見るには、[請求先アカウントを管理] を選択します。
  4. [概要] ページで、[お支払いの概要] をクリックします。
  5. [お支払い方法] の横に表示されている限度額を確認します。たとえばご利用限度額が $1000.00 の場合は、「残高が $1000.00 に達したとき、または前回の自動支払いから 30 日後のいずれか早い時点で請求が行われます」といったメッセージが表示されます。

利用限度額が引き上げられてもユーザーにメールや通知は送られませんが、現在の限度額は請求ページを見ればいつでも確認できます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。