クイックスタート: Cloud Console を使用してインスタンスを作成する

このページでは、Google Cloud Console を使用してマネージド ノートブック インスタンスを作成する方法について説明します。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Notebooks API を有効にします。

    API を有効にする

  5. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  6. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  7. Notebooks API を有効にします。

    API を有効にする

インスタンスの作成

  1. Cloud Console で、[マネージド ノートブック] ページに移動します。

    [マネージド ノートブック] に移動

  2. [新しいノートブック] をクリックします。

  3. [ノートブック名] に「my-instance」と入力します。

  4. [作成] をクリックします。

    マネージド ノートブック インスタンスが作成されます。インスタンスが使用可能な状態になると、[Open JupyterLab] リンクがアクティブになります。

このチュートリアルを終了した後、作成したリソースを削除すると、それ以上の請求は発生しません。詳しくは、クリーンアップをご覧ください。

JupyterLab を開く

  1. Cloud Console で、[マネージド ノートブック] ページに移動します。

    [マネージド ノートブック] に移動

  2. マネージド ノートブック インスタンス名の横にある [Open JupyterLab] をクリックします。

  3. [Authorize Google Cloud credentials] ダイアログで、リンクをクリックして認証コードを取得します。

  4. アカウントの認証ダイアログを完了して、認証コードをコピーします。

  5. [Authorize Google Cloud credentials] ダイアログで、認証コードを貼り付けて [認証] をクリックします。

    マネージド ノートブック インスタンスで JupyterLab が開きます。

新しいノートブック ファイルを開く

  1. [File] > [New] > [Notebook] の順に選択します。

  2. [Select Kernel] ダイアログで [Python] を選択し、[Select] をクリックします。

  3. 新しいノートブック ファイルが開きます。

インスタンスの停止

  1. Cloud Console で、[マネージド ノートブック] ページに移動します。

    [マネージド ノートブック] に移動

  2. 停止するインスタンスを選択します。

  3. 上部の [停止] をクリックします。

インスタンスの起動

  1. Cloud Console で、[マネージド ノートブック] ページに移動します。

    [マネージド ノートブック] に移動

  2. 起動するインスタンスを選択します。

  3. 上部の [開始] をクリックします。

インスタンスのリセット

  1. Cloud Console で、[マネージド ノートブック] ページに移動します。

    [マネージド ノートブック] に移動

  2. リセットするインスタンスを選択します。

  3. 上部の [リセット] をクリックします。

クリーンアップ

このページで使用したリソースについて、Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、次の手順を行います。

インスタンスの削除

  1. Cloud Console で、[マネージド ノートブック] ページに移動します。

    [マネージド ノートブック] に移動

  2. 削除するインスタンスを選択します。

  3. 上部にある [削除] をクリックします。

プロジェクトの削除

マネージド ノートブック インスタンスの外部でリソースを使用した場合は、プロジェクトを削除して、課金が発生しないようにすることをおすすめします。

  1. Cloud Console で [リソースの管理] ページに移動します。

    [リソースの管理] に移動

  2. プロジェクト リストで、削除するプロジェクトを選択し、[削除] をクリックします。
  3. ダイアログでプロジェクト ID を入力し、[シャットダウン] をクリックしてプロジェクトを削除します。

次のステップ

  • 新しいマネージド ノートブック インスタンスに含まれているチュートリアルの 1 つを試す。JupyterLab ファイル ブラウザで tutorials フォルダを開き、いずれかのノートブック ファイルを開きます。

    JupyterLab ファイル ブラウザのチュートリアル フォルダ