リクエスト元による支払いの使用

コンセプトに移動

このページでは、リクエスト元による支払い機能の設定方法について説明します。また、リクエスト元による支払い機能を有効にしたバケットにリクエストを送信する例についても説明します。

リクエスト元による支払いを設定する

以降のセクションでは、リクエスト元による支払いをオンまたはオフにする方法と、バケットでリクエスト元による支払いが有効かどうかを確認する方法について説明します。

前提条件

  1. バケットのリクエスト元による支払いのステータスを確認するには storage.buckets.get 権限が必要です。また、Google Cloud Console または gsutil でリクエスト元による支払いを有効または無効にする場合にも必要です。

  2. リクエスト元による支払いを有効または無効にするには storage.buckets.update 権限が必要です。

  3. リクエスト元による支払いを無効にする場合は、リクエストに請求先プロジェクトを含めるか resourcemanager.projects.createBillingAssignment 権限を持つ必要があります。詳細については、リクエスト元による支払いの使用条件とアクセス要件をご覧ください。

権限は、ロールによってユーザーに付与されます。たとえば、ストレージ管理者ロールには、上記のすべての storage.buckets 権限があります。ロールはバケットを含むプロジェクトに追加できます。

リクエスト元による支払いを有効にする

バケットでリクエスト元による支払いを有効にするには:

Console

  1. Google Cloud Console で Cloud Storage ブラウザを開きます。
    Cloud Storage ブラウザを開く
  2. バケットリストで、有効にするバケットを見つけ、[リクエスト元による支払い] 列で [オフ] ボタンをクリックします。

  3. 表示されたウィンドウで [有効にする] をクリックします。

有効にすると、バケットの [リクエスト元による支払い] 列に緑色のふきだしと [オン] が表示されます。

Cloud Storage ブラウザで失敗したオペレーションに関する詳細なエラー情報を確認する方法については、トラブルシューティングをご覧ください。

gsutil

gsutil requesterpays set on コマンドを使用します。

gsutil requesterpays set on gs://BUCKET_NAME

BUCKET_NAME は、該当するバケットの名前です。例: my-bucket

コードサンプル

C++

詳細については、Cloud Storage C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace gcs = google::cloud::storage;
using ::google::cloud::StatusOr;
[](gcs::Client client, std::string const& bucket_name) {
  StatusOr<gcs::BucketMetadata> metadata = client.PatchBucket(
      bucket_name,
      gcs::BucketMetadataPatchBuilder().SetBilling(gcs::BucketBilling{true}));
  if (!metadata) throw std::runtime_error(metadata.status().message());

  std::cout << "Billing configuration for bucket " << metadata->name()
            << " is updated. The bucket now";
  if (!metadata->has_billing()) {
    std::cout << " has no billing configuration.\n";
  } else if (metadata->billing().requester_pays) {
    std::cout << " is configured to charge the caller for requests\n";
  } else {
    std::cout << " is configured to charge the project that owns the bucket"
              << " for requests.\n";
  }
}

C#

詳細については、Cloud Storage C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

void EnableRequesterPays(string bucketName)
{
    var storage = StorageClient.Create();
    var bucket = storage.GetBucket(bucketName, new GetBucketOptions()
    {
        UserProject = s_projectId
    });
    bucket.Billing = bucket.Billing ?? new Bucket.BillingData();
    bucket.Billing.RequesterPays = true;
    bucket = storage.UpdateBucket(bucket, new UpdateBucketOptions()
    {
        // Use IfMetagenerationMatch to avoid race conditions.
        IfMetagenerationMatch = bucket.Metageneration,
        UserProject = s_projectId
    });
}

Go

詳細については、Cloud Storage Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"
	"time"

	"cloud.google.com/go/storage"
)

// enableRequesterPays sets requester pays flag to true.
func enableRequesterPays(w io.Writer, bucketName string) error {
	// bucketName := "bucket-name"
	ctx := context.Background()
	client, err := storage.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("storage.NewClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	ctx, cancel := context.WithTimeout(ctx, time.Second*10)
	defer cancel()

	bucket := client.Bucket(bucketName)
	bucketAttrsToUpdate := storage.BucketAttrsToUpdate{
		RequesterPays: true,
	}
	if _, err := bucket.Update(ctx, bucketAttrsToUpdate); err != nil {
		return fmt.Errorf("Bucket(%q).Update: %v", bucketName, err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Requester pays enabled for bucket %v\n", bucketName)
	return nil
}

Java

詳細については、Cloud Storage Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import com.google.cloud.storage.Bucket;
import com.google.cloud.storage.Storage;
import com.google.cloud.storage.StorageOptions;

public class EnableRequesterPays {
  public static void enableRequesterPays(String projectId, String bucketName) {
    // The ID of your GCP project
    // String projectId = "your-project-id";

    // The ID of your GCS bucket
    // String bucketName = "your-unique-bucket-name";

    Storage storage = StorageOptions.newBuilder().setProjectId(projectId).build().getService();
    Bucket bucket = storage.get(bucketName);
    bucket.toBuilder().setRequesterPays(true).build().update();

    System.out.println("Requester pays enabled for bucket " + bucketName);
  }
}

Node.js

詳細については、Cloud Storage Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment the following line before running the sample.
 */
// const bucketName = 'Name of a bucket, e.g. my-bucket';

// Imports the Google Cloud client library
const {Storage} = require('@google-cloud/storage');

// Creates a client
const storage = new Storage();

async function enableRequesterPays() {
  // Enables requester-pays requests
  await storage.bucket(bucketName).enableRequesterPays();

  console.log(
    `Requester-pays requests have been enabled for bucket ${bucketName}.`
  );
}

enableRequesterPays().catch(console.error);

PHP

詳細については、Cloud Storage PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\Storage\StorageClient;

/**
 * Enable a bucket's requesterpays metadata.
 *
 * @param string $projectId Your Google Cloud project ID.
 * @param string $bucketName Name of your Google Cloud Storage bucket.
 *
 * @return void
 */
function enable_requester_pays($projectId, $bucketName)
{
    $storage = new StorageClient([
        'projectId' => $projectId
    ]);
    $bucket = $storage->bucket($bucketName);
    $bucket->update([
        'billing' => [
            'requesterPays' => true
        ]
    ]);
    printf('Requester pays has been enabled for %s' . PHP_EOL, $bucketName);
}

Python

詳細については、Cloud Storage Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import storage

def enable_requester_pays(bucket_name):
    """Enable a bucket's requesterpays metadata"""
    # bucket_name = "my-bucket"

    storage_client = storage.Client()

    bucket = storage_client.get_bucket(bucket_name)
    bucket.requester_pays = True
    bucket.patch()

    print("Requester Pays has been enabled for {}".format(bucket_name))

Ruby

詳細については、Cloud Storage Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# bucket_name = "Name of your Google Cloud Storage bucket"

require "google/cloud/storage"

storage = Google::Cloud::Storage.new
bucket  = storage.bucket bucket_name

bucket.requester_pays = true

puts "Requester pays has been enabled for #{bucket_name}"

REST API

JSON API

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するようにプレイグラウンドを構成します。
  2. 次の情報が含まれる .json ファイルを作成します。

    {
      "billing": {
        "requesterPays": true
      }
    }
  3. cURL を使用して JSON API を呼び出し、PATCH Bucket リクエストを行います。

    curl -X PATCH --data-binary @JSON_FILE_NAME.json \
      -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
      -H "Content-Type: application/json" \
      "https://storage.googleapis.com/storage/v1/b/BUCKET_NAME?fields=billing"

    ここで

    • JSON_FILE_NAME は、手順 2 で作成したファイルの名前です。
    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンの名前です。
    • BUCKET_NAME は、関連するバケットの名前です。例: my-bucket

XML API

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するようにプレイグラウンドを構成します。
  2. 次の情報が含まれている .xml ファイルを作成します。

    <BillingConfiguration>
      <RequesterPays>Enabled</RequesterPays>
    </BillingConfiguration>
  3. cURL を使用して、PUT Bucket リクエストと requesterpays クエリ文字列パラメータを含めた XML API を呼び出します。

    curl -X PUT --data-binary @XML_FILE_NAME.xml \
      -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
      "https://storage.googleapis.com/BUCKET_NAME?billing"

    ここで

    • XML_FILE_NAME は、手順 2 で作成したファイルの名前です。
    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンの名前です。
    • BUCKET_NAME は、関連するバケットの名前です。例: my-bucket

リクエスト元による支払いを無効にする

バケットでリクエスト元による支払いを無効にするには:

Console

  1. Google Cloud Console で Cloud Storage ブラウザを開きます。
    Cloud Storage ブラウザを開く
  2. バケットリストで、無効にするバケットを見つけ、[リクエスト元による支払い] 列の [オン] ボタンをクリックします。

  3. 表示されたウィンドウで [無効にする] をクリックします。

無効にすると、[リクエスト元による支払い] 列に灰色のふきだしと [オフ] が表示されます。

Cloud Storage ブラウザで失敗したオペレーションに関する詳細なエラー情報を確認する方法については、トラブルシューティングをご覧ください。

gsutil

gsutil requesterpays set off コマンドを使用します。

gsutil requesterpays set off gs://BUCKET_NAME

BUCKET_NAME は、該当するバケットの名前です。例: my-bucket

コードサンプル

C++

詳細については、Cloud Storage C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace gcs = google::cloud::storage;
using ::google::cloud::StatusOr;
[](gcs::Client client, std::string const& bucket_name,
   std::string const& billed_project) {
  StatusOr<gcs::BucketMetadata> metadata = client.PatchBucket(
      bucket_name,
      gcs::BucketMetadataPatchBuilder().SetBilling(gcs::BucketBilling{false}),
      gcs::UserProject(billed_project));
  if (!metadata) throw std::runtime_error(metadata.status().message());

  std::cout << "Billing configuration for bucket " << bucket_name
            << " is updated. The bucket now";
  if (!metadata->has_billing()) {
    std::cout << " has no billing configuration.\n";
  } else if (metadata->billing().requester_pays) {
    std::cout << " is configured to charge the caller for requests\n";
  } else {
    std::cout << " is configured to charge the project that owns the bucket"
              << " for requests.\n";
  }
}

C#

詳細については、Cloud Storage C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

void DisableRequesterPays(string bucketName)
{
    var storage = StorageClient.Create();
    var bucket = storage.GetBucket(bucketName, new GetBucketOptions()
    {
        UserProject = s_projectId
    });
    bucket.Billing = bucket.Billing ?? new Bucket.BillingData();
    bucket.Billing.RequesterPays = false;
    bucket = storage.UpdateBucket(bucket, new UpdateBucketOptions()
    {
        // Use IfMetagenerationMatch to avoid race conditions.
        IfMetagenerationMatch = bucket.Metageneration,
        UserProject = s_projectId
    });
}

Go

詳細については、Cloud Storage Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"
	"time"

	"cloud.google.com/go/storage"
)

// disableRequesterPays sets requester pays flag to false.
func disableRequesterPays(w io.Writer, bucketName string) error {
	// bucketName := "bucket-name"
	ctx := context.Background()
	client, err := storage.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("storage.NewClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	ctx, cancel := context.WithTimeout(ctx, time.Second*10)
	defer cancel()

	bucket := client.Bucket(bucketName)
	bucketAttrsToUpdate := storage.BucketAttrsToUpdate{
		RequesterPays: false,
	}
	if _, err := bucket.Update(ctx, bucketAttrsToUpdate); err != nil {
		return fmt.Errorf("Bucket(%q).Update: %v", bucketName, err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Requester pays disabled for bucket %v\n", bucketName)
	return nil
}

Java

詳細については、Cloud Storage Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import com.google.cloud.storage.Bucket;
import com.google.cloud.storage.Storage;
import com.google.cloud.storage.StorageOptions;

public class DisableRequesterPays {
  public static void disableRequesterPays(String projectId, String bucketName) {
    // The ID of your GCP project
    // String projectId = "your-project-id";

    // The ID of your GCS bucket
    // String bucketName = "your-unique-bucket-name";

    Storage storage = StorageOptions.newBuilder().setProjectId(projectId).build().getService();
    Bucket bucket = storage.get(bucketName);
    bucket.toBuilder().setRequesterPays(false).build().update();

    System.out.println("Requester pays disabled for bucket " + bucketName);
  }
}

Node.js

詳細については、Cloud Storage Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


/**
 * TODO(developer): Uncomment the following line before running the sample.
 */
// const bucketName = 'Name of a bucket, e.g. my-bucket';

// Imports the Google Cloud client library
const {Storage} = require('@google-cloud/storage');

// Creates a client
const storage = new Storage();

async function disableRequesterPays() {
  // Disables requester-pays requests
  await storage.bucket(bucketName).disableRequesterPays();

  console.log(
    `Requester-pays requests have been disabled for bucket ${bucketName}.`
  );
}

disableRequesterPays().catch(console.error);

PHP

詳細については、Cloud Storage PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\Storage\StorageClient;

/**
 * Disable a bucket's requesterpays metadata.
 *
 * @param string $projectId Your Google Cloud project ID.
 * @param string $bucketName Name of your Google Cloud Storage bucket.
 *
 * @return void
 */
function disable_requester_pays($projectId, $bucketName)
{
    $storage = new StorageClient([
        'projectId' => $projectId
    ]);
    $bucket = $storage->bucket($bucketName);
    $bucket->update([
        'billing' => [
            'requesterPays' => false
        ]
    ]);
    printf('Requester pays has been disabled for %s' . PHP_EOL, $bucketName);
}

Python

詳細については、Cloud Storage Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import storage

def disable_requester_pays(bucket_name):
    """Disable a bucket's requesterpays metadata"""
    # bucket_name = "my-bucket"

    storage_client = storage.Client()

    bucket = storage_client.get_bucket(bucket_name)
    bucket.requester_pays = False
    bucket.patch()

    print("Requester Pays has been disabled for {}".format(bucket_name))

Ruby

詳細については、Cloud Storage Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# bucket_name = "Name of your Google Cloud Storage bucket"

require "google/cloud/storage"

storage = Google::Cloud::Storage.new
bucket  = storage.bucket bucket_name

bucket.requester_pays = false

puts "Requester pays has been disabled for #{bucket_name}"

REST API

JSON API

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するようにプレイグラウンドを構成します。
  2. 次の情報が含まれる .json ファイルを作成します。

    {
      "billing": {
        "requesterPays": false
      }
    }
  3. cURL を使用して JSON API を呼び出し、PATCH Bucket リクエストを行います。

    curl -X PATCH --data-binary @JSON_FILE_NAME.json \
      -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
      -H "Content-Type: application/json" \
      "https://storage.googleapis.com/storage/v1/b/BUCKET_NAME?fields=billing"

    ここで

    • JSON_FILE_NAME は、手順 2 で作成したファイルの名前です。
    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンの名前です。
    • BUCKET_NAME は、関連するバケットの名前です。例: my-bucket

XML API

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するようにプレイグラウンドを構成します。
  2. 次の情報が含まれている .xml ファイルを作成します。

    <BillingConfiguration>
      <RequesterPays>Disabled</RequesterPays>
    </BillingConfiguration>
  3. cURL を使用して、PUT Bucket リクエストと requesterpays クエリ文字列パラメータを含めた XML API を呼び出します。

    curl -X PUT --data-binary @XML_FILE_NAME.xml \
      -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
      "https://storage.googleapis.com/BUCKET_NAME?billing"

    ここで

    • XML_FILE_NAME は、手順 2 で作成したファイルの名前です。
    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンの名前です。
    • BUCKET_NAME は、関連するバケットの名前です。例: my-bucket

リクエスト元による支払いが有効かどうかを確認する

バケットでリクエスト元による支払いが有効かどうかを確認するには:

Console

  1. Google Cloud Console で Cloud Storage ブラウザを開きます。
    Cloud Storage ブラウザを開く
  2. バケットリストの [リクエスト元による支払い] 列に、各バケットのリクエスト元による支払いのステータスが表示されます。

有効の場合、ステータスは緑色で、[オン] と表示されます。

gsutil

gsutil requesterpays get コマンドを使用します。

gsutil requesterpays get gs://BUCKET_NAME

BUCKET_NAME は、該当するバケットの名前です。例: my-bucket

リクエスト元による支払いが有効になっている場合、レスポンスは次のようになります。

gs://my-bucket: Enabled

コードサンプル

C++

詳細については、Cloud Storage C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace gcs = google::cloud::storage;
using ::google::cloud::StatusOr;
[](gcs::Client client, std::string const& bucket_name,
   std::string const& user_project) {
  StatusOr<gcs::BucketMetadata> metadata =
      client.GetBucketMetadata(bucket_name, gcs::UserProject(user_project));
  if (!metadata) throw std::runtime_error(metadata.status().message());

  if (!metadata->has_billing()) {
    std::cout
        << "The bucket " << metadata->name() << " does not have a"
        << " billing configuration. The default applies, i.e., the project"
        << " that owns the bucket pays for the requests.\n";
    return;
  }

  if (metadata->billing().requester_pays) {
    std::cout
        << "The bucket " << metadata->name()
        << " is configured to charge the calling project for the requests.\n";
  } else {
    std::cout << "The bucket " << metadata->name()
              << " is configured to charge the project that owns the bucket "
                 "for the requests.\n";
  }
}

C#

詳細については、Cloud Storage C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

bool GetRequesterPays(string bucketName)
{
    var storage = StorageClient.Create();
    var bucket = storage.GetBucket(bucketName, new GetBucketOptions()
    {
        UserProject = s_projectId
    });
    bool? requesterPaysOrNull = bucket.Billing?.RequesterPays;
    bool requesterPays =
        requesterPaysOrNull.HasValue ? requesterPaysOrNull.Value : false;
    Console.WriteLine("RequesterPays: {0}", requesterPays);
    return requesterPays;
}

Go

詳細については、Cloud Storage Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

ctx := context.Background()

ctx, cancel := context.WithTimeout(ctx, time.Second*10)
defer cancel()
attrs, err := c.Bucket(bucketName).Attrs(ctx)
if err != nil {
	return err
}
log.Printf("Is requester pays enabled? %v\n", attrs.RequesterPays)

Java

詳細については、Cloud Storage Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// Instantiate a Google Cloud Storage client
Storage storage = StorageOptions.getDefaultInstance().getService();

// The name of the bucket to retrieve requester-pays status, eg. "my-bucket"
// String bucketName = "my-bucket"
// Retrieve the bucket, throws StorageException on failure
Bucket bucket = storage.get(bucketName, Storage.BucketGetOption.fields(BucketField.BILLING));

System.out.println("Requester pays status : " + bucket.requesterPays());

Node.js

詳細については、Cloud Storage Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment the following line before running the sample.
 */
// const bucketName = 'Name of a bucket, e.g. my-bucket';

// Imports the Google Cloud client library
const {Storage} = require('@google-cloud/storage');

// Creates a client
const storage = new Storage();

async function getRequesterPaysStatus() {
  // Gets the requester-pays status of a bucket
  const [metadata] = await storage.bucket(bucketName).getMetadata();

  let status;
  if (metadata && metadata.billing && metadata.billing.requesterPays) {
    status = 'enabled';
  } else {
    status = 'disabled';
  }
  console.log(
    `Requester-pays requests are ${status} for bucket ${bucketName}.`
  );
}

getRequesterPaysStatus().catch(console.error);

PHP

詳細については、Cloud Storage PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\Storage\StorageClient;

/**
 * Get a bucket's requesterpays metadata.
 *
 * @param string $projectId Your Google Cloud project ID.
 * @param string $bucketName Name of your Google Cloud Storage bucket.
 *
 * @return void
 */
function get_requester_pays_status($projectId, $bucketName)
{
    $storage = new StorageClient([
        'projectId' => $projectId
    ]);
    $bucket = $storage->bucket($bucketName);
    $bucketInformation = $bucket->info();
    $requesterPaysStatus = $bucketInformation['billing']['requesterPays'];
    if ($requesterPaysStatus) {
        printf('Requester Pays is enabled for %s' . PHP_EOL, $bucketName);
    } else {
        printf('Requester Pays is disabled for %s' . PHP_EOL, $bucketName);
    }
}

Python

詳細については、Cloud Storage Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import storage

def get_requester_pays_status(bucket_name):
    """Get a bucket's requester pays metadata"""
    # bucket_name = "my-bucket"
    storage_client = storage.Client()

    bucket = storage_client.get_bucket(bucket_name)
    requester_pays_status = bucket.requester_pays

    if requester_pays_status:
        print("Requester Pays is enabled for {}".format(bucket_name))
    else:
        print("Requester Pays is disabled for {}".format(bucket_name))

Ruby

詳細については、Cloud Storage Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# bucket_name = "Name of your Google Cloud Storage bucket"

require "google/cloud/storage"

storage = Google::Cloud::Storage.new
bucket  = storage.bucket bucket_name

if bucket.requester_pays
  puts "Requester Pays is enabled for #{bucket_name}"
else
  puts "Requester Pays is disabled for #{bucket_name}"
end

REST API

JSON API

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するようにプレイグラウンドを構成します。
  2. cURL を使用して JSON API を呼び出し、GET Bucket リクエストを行います。

    curl -X GET \
      -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
      "https://storage.googleapis.com/storage/v1/b/BUCKET_NAME?fields=billing"

    ここで

    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンの名前です。
    • BUCKET_NAME は、関連するバケットの名前です。例: my-bucket

XML API

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するようにプレイグラウンドを構成します。
  2. cURL を使用して、GET Bucket リクエストと billing クエリ文字列パラメータを含めた XML API を呼び出します。

    curl -X GET \
      -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
      "https://storage.googleapis.com/BUCKET_NAME?billing"

    ここで

    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンの名前です。
    • BUCKET_NAME は、関連するバケットの名前です。例: my-bucket

リクエスト元による支払いバケットにアクセスする

次の例では、リクエスト元による支払いバケットに保存したオブジェクトをダウンロードできるように、請求先プロジェクトを追加する方法を説明します。同様の手順で、リクエスト元による支払いバケットやバケット内のオブジェクトに他のリクエストを実行します。前提条件については、リクエスト元による支払いのアクセス要件をご覧ください。

Console

  1. Google Cloud Console で Cloud Storage ブラウザを開きます。
    Cloud Storage ブラウザを開く
  2. バケットのリストで、ダウンロードするオブジェクトを含むバケットの名前をクリックします。

  3. 表示されたウィンドウで、プルダウン メニューから請求先プロジェクトを選択します。

  4. 選択したプロジェクトを請求先として使用する権限があることを確認するチェックボックスをオンにします。

  5. [保存] をクリックします。

  6. 通常どおりオブジェクトをダウンロードします。

Cloud Storage ブラウザで失敗したオペレーションに関する詳細なエラー情報を確認する方法については、トラブルシューティングをご覧ください。

gsutil

リクエストで -u フラグを使用します。

gsutil -u PROJECT_ID cp gs://BUCKET_NAME/OBJECT_NAME OBJECT_DESTINATION

ここで

  • PROJECT_ID は、課金対象のプロジェクトの ID です。例: my-project
  • BUCKET_NAME は、関連するバケットの名前です。例: my-bucket
  • OBJECT_NAME は、ダウンロードするオブジェクトの名前です。例: pets/dog.png
  • OBJECT_DESTINATION は、オブジェクトを保存する場所です。例: Desktop/dog.png

コードサンプル

C++

詳細については、Cloud Storage C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace gcs = google::cloud::storage;
[](gcs::Client client, std::string const& bucket_name,
   std::string const& object_name, std::string const& billed_project) {
  gcs::ObjectReadStream stream = client.ReadObject(
      bucket_name, object_name, gcs::UserProject(billed_project));

  std::string line;
  while (std::getline(stream, line, '\n')) {
    std::cout << line << "\n";
  }
}

C#

詳細については、Cloud Storage C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

private void DownloadObjectRequesterPays(string bucketName,
    string objectName, string localPath = null)
{
    var storage = StorageClient.Create();
    localPath = localPath ?? Path.GetFileName(objectName);
    using (var outputFile = File.OpenWrite(localPath))
    {
        storage.DownloadObject(bucketName, objectName, outputFile,
            new DownloadObjectOptions()
            {
                UserProject = s_projectId
            });
    }
    Console.WriteLine(
        $"downloaded {objectName} to {localPath} paid by {s_projectId}.");
}

Go

詳細については、Cloud Storage Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"
	"os"
	"time"

	"cloud.google.com/go/storage"
)

// downloadUsingRequesterPays downloads an object using billing project.
func downloadUsingRequesterPays(w io.Writer, bucket, object, billingProjectID string) error {
	// bucket := "bucket-name"
	// object := "object-name"
	// billingProjectID := "billing_account_id"
	ctx := context.Background()
	client, err := storage.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("storage.NewClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	b := client.Bucket(bucket).UserProject(billingProjectID)
	src := b.Object(object)

	// Open local file.
	f, err := os.OpenFile("notes.txt", os.O_RDWR|os.O_CREATE, 0755)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("os.OpenFile: %v", err)
	}

	ctx, cancel := context.WithTimeout(ctx, time.Second*50)
	defer cancel()

	rc, err := src.NewReader(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("Object(%q).NewReader: %v", object, err)
	}
	if _, err := io.Copy(f, rc); err != nil {
		return fmt.Errorf("io.Copy: %v", err)
	}
	if err := rc.Close(); err != nil {
		return fmt.Errorf("Reader.Close: %v", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Downloaded using %v as billing project.\n", billingProjectID)
	return nil
}

Java

詳細については、Cloud Storage Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import com.google.cloud.storage.Blob;
import com.google.cloud.storage.BlobId;
import com.google.cloud.storage.Storage;
import com.google.cloud.storage.StorageOptions;
import java.nio.file.Path;

public class DownloadRequesterPaysObject {
  public static void downloadRequesterPaysObject(
      String projectId, String bucketName, String objectName, Path destFilePath) {
    // The project ID to bill
    // String projectId = "my-billable-project-id";

    // The ID of your GCS bucket
    // String bucketName = "your-unique-bucket-name";

    // The ID of your GCS object
    // String objectName = "your-object-name";

    // The path to which the file should be downloaded
    // Path destFilePath = Paths.get("/local/path/to/file.txt");

    Storage storage = StorageOptions.getDefaultInstance().getService();
    Blob blob = storage.get(BlobId.of(bucketName, objectName));
    blob.downloadTo(destFilePath, Blob.BlobSourceOption.userProject(projectId));

    System.out.println(
        "Object " + objectName + " downloaded to " + destFilePath + " and billed to " + projectId);
  }
}

Node.js

詳細については、Cloud Storage Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


/**
 * TODO(developer): Uncomment the following lines before running the sample.
 */
// const projectId = 'The project ID to bill from, e.g. some-project-id';
// const bucketName = 'Name of a bucket, e.g. my-bucket';
// const srcFilename = 'Name of file to download, e.g. file.txt';
// const destFilename = 'Local destination of file, e.g. ./local/path/to/file.txt';

// Imports the Google Cloud client library
const {Storage} = require('@google-cloud/storage');

// Creates a client
const storage = new Storage();

async function downloadFileUsingRequesterPays() {
  const options = {
    // The path to which the file should be downloaded, e.g. "./file.txt"
    destination: destFilename,

    // The project to bill from, if requester-pays requests are enabled
    userProject: projectId,
  };

  // Downloads the file
  await storage.bucket(bucketName).file(srcFilename).download(options);

  console.log(
    `gs://${bucketName}/${srcFilename} downloaded to ${destFilename} using requester-pays requests.`
  );
}

downloadFileUsingRequesterPays().catch(console.error);

PHP

詳細については、Cloud Storage PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\Storage\StorageClient;

/**
 * Download file using specified project as requester
 *
 * @param string $projectId Your Google Cloud billable project ID.
 * @param string $bucketName A Google Cloud Storage bucket name.
 * @param string $objectName Name of object in Google Cloud Storage to download locally.
 * @param string $destination Path to local file to save.
 *
 * @return void
 */
function download_file_requester_pays($projectId, $bucketName, $objectName, $destination)
{
    $storage = new StorageClient([
        'projectId' => $projectId
    ]);
    $userProject = true;
    $bucket = $storage->bucket($bucketName, $userProject);
    $object = $bucket->object($objectName);
    $object->downloadToFile($destination);
    printf('Downloaded gs://%s/%s to %s using requester-pays requests.' . PHP_EOL,
        $bucketName, $objectName, basename($destination));
}

Python

詳細については、Cloud Storage Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import storage

def download_file_requester_pays(
    bucket_name, project_id, source_blob_name, destination_file_name
):
    """Download file using specified project as the requester"""
    # bucket_name = "your-bucket-name"
    # project_id = "your-project-id"
    # source_blob_name = "source-blob-name"
    # destination_file_name = "local-destination-file-name"

    storage_client = storage.Client()

    bucket = storage_client.bucket(bucket_name, user_project=project_id)
    blob = bucket.blob(source_blob_name)
    blob.download_to_filename(destination_file_name)

    print(
        "Blob {} downloaded to {} using a requester-pays request.".format(
            source_blob_name, destination_file_name
        )
    )

Ruby

詳細については、Cloud Storage Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# bucket_name = "A Google Cloud Storage bucket name"
# file_name   = "Name of file in Google Cloud Storage to download locally"
# local_path  = "Destination path for downloaded file"

require "google/cloud/storage"

storage = Google::Cloud::Storage.new
bucket  = storage.bucket bucket_name, skip_lookup: true, user_project: true
file    = bucket.file file_name

file.download local_path

puts "Downloaded #{file.name} using billing project #{storage.project}"

REST API

JSON API

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するようにプレイグラウンドを構成します。
  2. リクエストに、請求先プロジェクトの ID を設定した userProject クエリ文字列パラメータを含めます。

    curl -X GET \
      -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
      -o "SAVE_TO_LOCATION" \
      "https://storage.googleapis.com/storage/v1/b/BUCKET_NAME/o/OBJECT_NAME?alt=media&userProject=PROJECT_ID"

    ここで

    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンです。
    • SAVE_TO_LOCATION は、オブジェクトを保存する場所です。例: Desktop/dog.png
    • BUCKET_NAME は、関連するバケットの名前です。例: my-bucket
    • OBJECT_NAME は、ダウンロードするオブジェクトの名前です。例: pets/dog.png
    • PROJECT_ID は、課金対象のプロジェクトの ID です。例: my-project

XML API

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するようにプレイグラウンドを構成します。
  2. リクエストに、請求先プロジェクトの ID を設定した x-goog-user-project ヘッダーを含めます。

    curl -X GET \
      -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
      -H "x-goog-user-project: PROJECT_ID" \
      -o "SAVE_TO_LOCATION" \
      "https://storage.googleapis.com/BUCKET_NAME/OBJECT_NAME"

    ここで

    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンです。
    • PROJECT_ID は、課金対象のプロジェクトの ID です。例: my-project
    • SAVE_TO_LOCATION は、オブジェクトを保存する場所です。例: Desktop/dog.png
    • BUCKET_NAME は、関連するバケットの名前です。例: my-bucket
    • OBJECT_NAME は、ダウンロードするオブジェクトの名前です。例: pets/dog.png

次のステップ