オブジェクトのダウンロード

このページでは、Cloud Storage のバケットからオブジェクトをダウンロードする方法について説明します。コンセプトの概要については、アップロードとダウンロードをご覧ください。

前提条件

前提条件は使用するツールによって異なります。

コンソール

Google Cloud Console を使用してこのガイドを完了するには、適切な IAM 権限が必要です。ダウンロード元のバケットが、自分で作成していないプロジェクトに存在する場合は、プロジェクト オーナーから必要な権限を持つロールを付与してもらう必要があります。

特定のアクションに必要な権限の一覧については、Google Cloud Console に適用される IAM 権限をご覧ください。

関連するロールのリストについては、Cloud Storage のロールをご覧ください。また、特定の制限された権限を持つカスタムロールを作成することもできます。

コマンドライン

コマンドライン ユーティリティを使用してこのガイドを完了するには、適切な IAM 権限が必要です。ダウンロード元のバケットが、自分で作成していないプロジェクトに存在する場合は、プロジェクト オーナーから必要な権限を持つロールを付与してもらう必要があります。

特定の操作に必要な権限の一覧については、gsutil コマンドの IAM 権限をご覧ください。

関連するロールのリストについては、Cloud Storage のロールをご覧ください。また、特定の制限された権限を持つカスタムロールを作成することもできます。

コードサンプル

Cloud Storage クライアント ライブラリを使用してこのガイドを完了するには、適切な IAM 権限が必要です。ダウンロード元のバケットが、自分で作成していないプロジェクトに存在する場合は、プロジェクト オーナーから必要な権限を持つロールを付与してもらう必要があります。特に断りのない限り、クライアント ライブラリのリクエストは JSON API を介して行われます。

特定のアクションに必要な権限の一覧については、JSON メソッドの IAM 権限をご覧ください。

関連するロールのリストについては、Cloud Storage のロールをご覧ください。また、特定の制限された権限を持つカスタムロールを作成することもできます。

REST API

JSON API

JSON API を使用してこのガイドを完了するには、適切な IAM 権限が付与されている必要があります。ダウンロード元のバケットが、自分で作成していないプロジェクトに存在する場合は、プロジェクト オーナーから必要な権限を持つロールを付与してもらう必要があります。

特定のアクションに必要な権限の一覧については、JSON メソッドの IAM 権限をご覧ください。

関連するロールのリストについては、Cloud Storage のロールをご覧ください。または、特定の制限された権限を持つカスタムロールを作成することもできます。

バケットからオブジェクトをダウンロードする

バケットからオブジェクトをダウンロードするには、次の手順を行います。

Console

  1. Google Cloud コンソールで、Cloud Storage ブラウザページに移動します。

    ブラウザに移動

  2. バケットのリストで、ダウンロードするオブジェクトを含むバケットの名前をクリックします。

    [バケットの詳細] ページが開き、[オブジェクト] タブが選択されています。

  3. フォルダ内にあるオブジェクトに移動します。

  4. オブジェクトに関連付けられた [ダウンロード] アイコンをクリックします。

    ブラウザの設定で、オブジェクトのダウンロード場所を制御します。

失敗したオペレーションに関する詳細なエラー情報を Cloud Storage ブラウザで確認する方法については、トラブルシューティングをご覧ください。

コマンドライン

gsutil cp コマンドを使用します。

gsutil cp gs://BUCKET_NAME/OBJECT_NAME SAVE_TO_LOCATION

ここで

  • BUCKET_NAME は、ダウンロードするオブジェクトが格納されているバケットの名前です。例: my-bucket

  • OBJECT_NAME は、ダウンロードするオブジェクトの名前です。例: pets/dog.png

  • SAVE_TO_LOCATION は、オブジェクトを保存するローカルパスです。例: Desktop/Images

成功した場合は、次の例のようなレスポンスになります。

Operation completed over 1 objects/58.8 KiB.

コードサンプル

C++

詳細については、Cloud Storage C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

次のサンプルでは、オブジェクトをファイルにダウンロードします。

namespace gcs = ::google::cloud::storage;
[](gcs::Client client, std::string const& bucket_name,
   std::string const& object_name) {
  gcs::ObjectReadStream stream = client.ReadObject(bucket_name, object_name);

  int count = 0;
  std::string line;
  while (std::getline(stream, line, '\n')) {
    ++count;
  }

  std::cout << "The object has " << count << " lines\n";
}

次のサンプルでは、オブジェクトをメモリにダウンロードします。

namespace gcs = ::google::cloud::storage;
[](gcs::Client client, std::string const& bucket_name,
   std::string const& object_name) {
  gcs::ObjectReadStream stream = client.ReadObject(bucket_name, object_name);
  std::string buffer{std::istream_iterator<char>(stream),
                     std::istream_iterator<char>()};

  std::cout << "The object has " << buffer.size() << " characters\n";
}

C#

詳細については、Cloud Storage C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

次のサンプルでは、オブジェクトをファイルにダウンロードします。


using Google.Cloud.Storage.V1;
using System;
using System.IO;

public class DownloadFileSample
{
    public void DownloadFile(
        string bucketName = "your-unique-bucket-name",
        string objectName = "my-file-name",
        string localPath = "my-local-path/my-file-name")
    {
        var storage = StorageClient.Create();
        using var outputFile = File.OpenWrite(localPath);
        storage.DownloadObject(bucketName, objectName, outputFile);
        Console.WriteLine($"Downloaded {objectName} to {localPath}.");
    }
}

次のサンプルでは、オブジェクトをメモリにダウンロードします。


using Google.Cloud.Storage.V1;
using System;
using System.IO;

public class DownloadObjectIntoMemorySample
{
    public Stream DownloadObjectIntoMemory(
        string bucketName = "unique-bucket-name",
        string objectName = "file-name")
    {
        var storage = StorageClient.Create();
        Stream stream = new MemoryStream();
        storage.DownloadObject(bucketName, objectName, stream);

        Console.WriteLine($"The contents of {objectName} from bucket {bucketName} are downloaded");
        return stream;
    }
}

Go

詳細については、Cloud Storage Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

次のサンプルでは、オブジェクトをファイルにダウンロードします。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"
	"os"
	"time"

	"cloud.google.com/go/storage"
)

// downloadFile downloads an object to a file.
func downloadFile(w io.Writer, bucket, object string, destFileName string) error {
	// bucket := "bucket-name"
	// object := "object-name"
	// destFileName := "file.txt"
	ctx := context.Background()
	client, err := storage.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("storage.NewClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	ctx, cancel := context.WithTimeout(ctx, time.Second*50)
	defer cancel()

	f, err := os.Create(destFileName)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("os.Create: %v", err)
	}

	rc, err := client.Bucket(bucket).Object(object).NewReader(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("Object(%q).NewReader: %v", object, err)
	}
	defer rc.Close()

	if _, err := io.Copy(f, rc); err != nil {
		return fmt.Errorf("io.Copy: %v", err)
	}

	if err = f.Close(); err != nil {
		return fmt.Errorf("f.Close: %v", err)
	}

	fmt.Fprintf(w, "Blob %v downloaded to local file %v\n", object, destFileName)

	return nil

}

次のサンプルでは、オブジェクトをメモリにダウンロードします。


import (
	"context"
	"fmt"
	"io"
	"io/ioutil"
	"time"

	"cloud.google.com/go/storage"
)

// downloadFileIntoMemory downloads an object.
func downloadFileIntoMemory(w io.Writer, bucket, object string) ([]byte, error) {
	// bucket := "bucket-name"
	// object := "object-name"
	ctx := context.Background()
	client, err := storage.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("storage.NewClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	ctx, cancel := context.WithTimeout(ctx, time.Second*50)
	defer cancel()

	rc, err := client.Bucket(bucket).Object(object).NewReader(ctx)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("Object(%q).NewReader: %v", object, err)
	}
	defer rc.Close()

	data, err := ioutil.ReadAll(rc)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("ioutil.ReadAll: %v", err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Blob %v downloaded.\n", object)
	return data, nil
}

Java

詳細については、Cloud Storage Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

次のサンプルでは、オブジェクトをファイルにダウンロードします。


import com.google.cloud.storage.Blob;
import com.google.cloud.storage.BlobId;
import com.google.cloud.storage.Storage;
import com.google.cloud.storage.StorageOptions;
import java.nio.file.Paths;

public class DownloadObject {
  public static void downloadObject(
      String projectId, String bucketName, String objectName, String destFilePath) {
    // The ID of your GCP project
    // String projectId = "your-project-id";

    // The ID of your GCS bucket
    // String bucketName = "your-unique-bucket-name";

    // The ID of your GCS object
    // String objectName = "your-object-name";

    // The path to which the file should be downloaded
    // String destFilePath = "/local/path/to/file.txt";

    Storage storage = StorageOptions.newBuilder().setProjectId(projectId).build().getService();

    Blob blob = storage.get(BlobId.of(bucketName, objectName));
    blob.downloadTo(Paths.get(destFilePath));

    System.out.println(
        "Downloaded object "
            + objectName
            + " from bucket name "
            + bucketName
            + " to "
            + destFilePath);
  }
}

次のサンプルでは、オブジェクトをメモリにダウンロードします。


import com.google.cloud.storage.Storage;
import com.google.cloud.storage.StorageOptions;
import java.nio.charset.StandardCharsets;

public class DownloadObjectIntoMemory {
  public static void downloadObjectIntoMemory(
      String projectId, String bucketName, String objectName) {
    // The ID of your GCP project
    // String projectId = "your-project-id";

    // The ID of your GCS bucket
    // String bucketName = "your-unique-bucket-name";

    // The ID of your GCS object
    // String objectName = "your-object-name";

    Storage storage = StorageOptions.newBuilder().setProjectId(projectId).build().getService();
    byte[] content = storage.readAllBytes(bucketName, objectName);
    System.out.println(
        "The contents of "
            + objectName
            + " from bucket name "
            + bucketName
            + " are: "
            + new String(content, StandardCharsets.UTF_8));
  }
}

Node.js

詳細については、Cloud Storage Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

次のサンプルでは、オブジェクトをファイルにダウンロードします。

/**
 * TODO(developer): Uncomment the following lines before running the sample.
 */
// The ID of your GCS bucket
// const bucketName = 'your-unique-bucket-name';

// The ID of your GCS file
// const fileName = 'your-file-name';

// The path to which the file should be downloaded
// const destFileName = '/local/path/to/file.txt';

// Imports the Google Cloud client library
const {Storage} = require('@google-cloud/storage');

// Creates a client
const storage = new Storage();

async function downloadFile() {
  const options = {
    destination: destFileName,
  };

  // Downloads the file
  await storage.bucket(bucketName).file(fileName).download(options);

  console.log(
    `gs://${bucketName}/${fileName} downloaded to ${destFileName}.`
  );
}

downloadFile().catch(console.error);

次のサンプルでは、オブジェクトをメモリにダウンロードします。

/**
 * TODO(developer): Uncomment the following lines before running the sample.
 */
// The ID of your GCS bucket
// const bucketName = 'your-unique-bucket-name';

// The ID of your GCS file
// const fileName = 'your-file-name';

// Imports the Google Cloud client library
const {Storage} = require('@google-cloud/storage');

// Creates a client
const storage = new Storage();

async function downloadIntoMemory() {
  // Downloads the file into a buffer in memory.
  const contents = await storage.bucket(bucketName).file(fileName).download();

  console.log(
    `Contents of gs://${bucketName}/${fileName} are ${contents.toString()}.`
  );
}

downloadIntoMemory().catch(console.error);

PHP

詳細については、Cloud Storage PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

次のサンプルでは、オブジェクトをファイルにダウンロードします。

use Google\Cloud\Storage\StorageClient;

/**
 * Download an object from Cloud Storage and save it as a local file.
 *
 * @param string $bucketName The name of your Cloud Storage bucket.
 * @param string $objectName The name of your Cloud Storage object.
 * @param string $destination The local destination to save the object.
 */
function download_object($bucketName, $objectName, $destination)
{
    // $bucketName = 'my-bucket';
    // $objectName = 'my-object';
    // $destination = '/path/to/your/file';

    $storage = new StorageClient();
    $bucket = $storage->bucket($bucketName);
    $object = $bucket->object($objectName);
    $object->downloadToFile($destination);
    printf(
        'Downloaded gs://%s/%s to %s' . PHP_EOL,
        $bucketName,
        $objectName,
        basename($destination)
    );
}

次のサンプルでは、オブジェクトをメモリにダウンロードします。

use Google\Cloud\Storage\StorageClient;

/**
 * Download an object from Cloud Storage and save into a buffer in memory.
 *
 * @param string $bucketName The name of your Cloud Storage bucket.
 * @param string $objectName The name of your Cloud Storage object.
 */
function download_object_into_memory(
    string $bucketName,
    string $objectName
): void {
    // $bucketName = 'my-bucket';
    // $objectName = 'my-object';

    $storage = new StorageClient();
    $bucket = $storage->bucket($bucketName);
    $object = $bucket->object($objectName);
    $contents = $object->downloadAsString();
    printf(
        'Downloaded %s from gs://%s/%s' . PHP_EOL,
        $contents,
        $bucketName,
        $objectName
    );
}

Python

詳細については、Cloud Storage Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

次のサンプルでは、オブジェクトをファイルにダウンロードします。

from google.cloud import storage

def download_blob(bucket_name, source_blob_name, destination_file_name):
    """Downloads a blob from the bucket."""
    # The ID of your GCS bucket
    # bucket_name = "your-bucket-name"

    # The ID of your GCS object
    # source_blob_name = "storage-object-name"

    # The path to which the file should be downloaded
    # destination_file_name = "local/path/to/file"

    storage_client = storage.Client()

    bucket = storage_client.bucket(bucket_name)

    # Construct a client side representation of a blob.
    # Note `Bucket.blob` differs from `Bucket.get_blob` as it doesn't retrieve
    # any content from Google Cloud Storage. As we don't need additional data,
    # using `Bucket.blob` is preferred here.
    blob = bucket.blob(source_blob_name)
    blob.download_to_filename(destination_file_name)

    print(
        "Downloaded storage object {} from bucket {} to local file {}.".format(
            source_blob_name, bucket_name, destination_file_name
        )
    )

次のサンプルでは、オブジェクトをメモリにダウンロードします。

from google.cloud import storage

def download_blob_into_memory(bucket_name, blob_name):
    """Downloads a blob into memory."""
    # The ID of your GCS bucket
    # bucket_name = "your-bucket-name"

    # The ID of your GCS object
    # blob_name = "storage-object-name"

    storage_client = storage.Client()

    bucket = storage_client.bucket(bucket_name)

    # Construct a client side representation of a blob.
    # Note `Bucket.blob` differs from `Bucket.get_blob` as it doesn't retrieve
    # any content from Google Cloud Storage. As we don't need additional data,
    # using `Bucket.blob` is preferred here.
    blob = bucket.blob(blob_name)
    contents = blob.download_as_string()

    print(
        "Downloaded storage object {} from bucket {} as the following string: {}.".format(
            blob_name, bucket_name, contents
        )
    )

Ruby

詳細については、Cloud Storage Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

次のサンプルでは、オブジェクトをファイルにダウンロードします。

def download_file bucket_name:, file_name:, local_file_path:
  # The ID of your GCS bucket
  # bucket_name = "your-unique-bucket-name"

  # The ID of your GCS object
  # file_name = "your-file-name"

  # The path to which the file should be downloaded
  # local_file_path = "/local/path/to/file.txt"

  require "google/cloud/storage"

  storage = Google::Cloud::Storage.new
  bucket  = storage.bucket bucket_name, skip_lookup: true
  file    = bucket.file file_name

  file.download local_file_path

  puts "Downloaded #{file.name} to #{local_file_path}"
end

次のサンプルでは、オブジェクトをメモリにダウンロードします。

# The name of the bucket to access
# bucket_name = "my-bucket"

# The name of the remote file to download
# file_name = "file.txt"

require "google/cloud/storage"

storage = Google::Cloud::Storage.new
bucket  = storage.bucket bucket_name, skip_lookup: true
file    = bucket.file file_name

downloaded = file.download
downloaded.rewind # Optional - not needed on first read
contents = downloaded.read

puts "Contents of storage object #{file.name} in bucket #{bucket_name} are: #{contents}"

REST API

JSON API

  1. OAuth 2.0 Playground から認証アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するように Playground を構成します。手順については、API 認証をご覧ください。
  2. cURL を使用して、GET Object リクエストで JSON API を呼び出します。

    curl -X GET \
      -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
      -o "SAVE_TO_LOCATION" \
      "https://storage.googleapis.com/storage/v1/b/BUCKET_NAME/o/OBJECT_NAME?alt=media"

    ここで

    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンです。
    • SAVE_TO_LOCATION は、オブジェクトを保存する場所へのパスです。例: Desktop/dog.png
    • BUCKET_NAME は、ダウンロードするオブジェクトが格納されているバケットの名前です。例: my-bucket
    • OBJECT_NAME は、ダウンロードするオブジェクトの URL エンコードされた名前です。例: pets%2Fdog.png として URL エンコードされている pets/dog.png

XML API

  1. OAuth 2.0 Playground から認証アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するように Playground を構成します。手順については、API 認証をご覧ください。
  2. cURL を使用して、GET Object リクエストで XML API を呼び出します。

    curl -X GET \
      -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
      -o "SAVE_TO_LOCATION" \
      "https://storage.googleapis.com/BUCKET_NAME/OBJECT_NAME"

    ここで

    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンです。
    • SAVE_TO_LOCATION は、オブジェクトを保存する場所へのパスです。例: Desktop/dog.png
    • BUCKET_NAME は、ダウンロードするオブジェクトが格納されているバケットの名前です。例: my-bucket
    • OBJECT_NAME は、ダウンロードするオブジェクトの URL エンコードされた名前です。例: pets%2Fdog.png として URL エンコードされている pets/dog.png

バケットまたはサブディレクトリ内のすべてのオブジェクトを簡単にダウンロードするには、gsutil cp コマンドを使用します。

オブジェクトの一部をダウンロードする

ダウンロードが中断された場合は、残りのオブジェクトのみをリクエストすることで、中断した場所からダウンロードを再開できます。オブジェクトの一部をダウンロードするには、次の手順を行います。

Console

Cloud Console では、オブジェクトの一部をダウンロードすることはできません。代わりに gsutil を使用してください。

コマンドライン

ストリーミング転送を実行する場合を除き、gsutil は自動的にダウンロードの中断を試みます。ダウンロードが中断された場合、部分的にダウンロードされた一時ファイルは宛先のディレクトリに表示されます。同じ cp コマンドを実行して、中断した場所からダウンロードを再開します。

ダウンロードが完了すると、元のファイルが削除され、ダウンロードされたコンテンツに置き換えられます。再開可能な転送では、宛先のオブジェクトまたはファイルの名前で、~/.gsutil のファイルに状態情報が保存されます。

コードサンプル

C++

詳細については、Cloud Storage C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace gcs = ::google::cloud::storage;
[](gcs::Client client, std::string const& bucket_name,
   std::string const& object_name, std::int64_t start, std::int64_t end) {
  gcs::ObjectReadStream stream =
      client.ReadObject(bucket_name, object_name, gcs::ReadRange(start, end));

  int count = 0;
  std::string line;
  while (std::getline(stream, line, '\n')) {
    std::cout << line << "\n";
    ++count;
  }

  std::cout << "The requested range has " << count << " lines\n";
}

C#

詳細については、Cloud Storage C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Apis.Storage.v1;
using Google.Cloud.Storage.V1;
using System;
using System.IO;
using System.Net.Http;
using System.Net.Http.Headers;
using System.Threading.Tasks;

public class DownloadByteRangeAsyncSample
{
    public async Task DownloadByteRangeAsync(
        string bucketName = "your-unique-bucket-name",
        string objectName = "my-file-name",
        long firstByte = 0,
        long lastByte = 20,
        string localPath = "my-local-path/my-file-name")
    {
        var storageClient = StorageClient.Create();

        // Create an HTTP request for the media, for a limited byte range.
        StorageService storage = storageClient.Service;
        var uri = new Uri($"{storage.BaseUri}b/{bucketName}/o/{objectName}?alt=media");

        var request = new HttpRequestMessage { RequestUri = uri };
        request.Headers.Range = new RangeHeaderValue(firstByte, lastByte);

        using var outputFile = File.OpenWrite(localPath);
        // Use the HttpClient in the storage object because it supplies
        // all the authentication headers we need.
        var response = await storage.HttpClient.SendAsync(request);
        await response.Content.CopyToAsync(outputFile, null);
        Console.WriteLine($"Downloaded {objectName} to {localPath}.");
    }
}

Go

詳細については、Cloud Storage Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"
	"os"
	"time"

	"cloud.google.com/go/storage"
)

// downloadByteRange downloads a specific byte range of an object to a file.
func downloadByteRange(w io.Writer, bucket, object string, startByte int64, endByte int64, destFileName string) error {
	// bucket := "bucket-name"
	// object := "object-name"
	// startByte := 0
	// endByte := 20
	// destFileName := "file.txt"
	ctx := context.Background()
	client, err := storage.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("storage.NewClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	ctx, cancel := context.WithTimeout(ctx, time.Second*50)
	defer cancel()

	f, err := os.Create(destFileName)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("os.Create: %v", err)
	}

	length := endByte - startByte
	rc, err := client.Bucket(bucket).Object(object).NewRangeReader(ctx, startByte, length)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("Object(%q).NewReader: %v", object, err)
	}
	defer rc.Close()

	if _, err := io.Copy(f, rc); err != nil {
		return fmt.Errorf("io.Copy: %v", err)
	}

	if err = f.Close(); err != nil {
		return fmt.Errorf("f.Close: %v", err)
	}

	fmt.Fprintf(w, "Bytes %v to %v of blob %v downloaded to local file %v\n", startByte, startByte+length, object, destFileName)

	return nil

}

Java

詳細については、Cloud Storage Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


import com.google.cloud.ReadChannel;
import com.google.cloud.storage.BlobId;
import com.google.cloud.storage.Storage;
import com.google.cloud.storage.StorageOptions;
import com.google.common.io.ByteStreams;
import java.io.IOException;
import java.nio.channels.FileChannel;
import java.nio.file.Paths;
import java.nio.file.StandardOpenOption;

public class DownloadByteRange {

  public static void downloadByteRange(
      String projectId,
      String bucketName,
      String blobName,
      long startByte,
      long endBytes,
      String destFileName)
      throws IOException {
    // The ID of your GCP project
    // String projectId = "your-project-id";

    // The ID of your GCS bucket
    // String bucketName = "your-unique-bucket-name";

    // The name of the blob/file that you wish to modify permissions on
    // String blobName = "your-blob-name";

    // The starting byte at which to begin the download
    // long startByte = 0;

    // The ending byte at which to end the download
    // long endByte = 20;

    // The path to which the file should be downloaded
    // String destFileName = '/local/path/to/file.txt';

    Storage storage = StorageOptions.newBuilder().setProjectId(projectId).build().getService();
    BlobId blobId = BlobId.of(bucketName, blobName);
    try (ReadChannel from = storage.reader(blobId);
        FileChannel to = FileChannel.open(Paths.get(destFileName), StandardOpenOption.WRITE)) {
      from.seek(startByte);
      from.limit(endBytes);

      ByteStreams.copy(from, to);

      System.out.printf(
          "%s downloaded to %s from byte %d to byte %d",
          blobId.toGsUtilUri(), destFileName, startByte, endBytes);
    }
  }
}

Node.js

詳細については、Cloud Storage Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment the following lines before running the sample.
 */
// The ID of your GCS bucket
// const bucketName = 'your-unique-bucket-name';

// The ID of your GCS file
// const fileName = 'your-file-name';

// The starting byte at which to begin the download
// const startByte = 0;

// The ending byte at which to end the download
// const endByte = 20;

// The path to which the file should be downloaded
// const destFileName = '/local/path/to/file.txt';

// Imports the Google Cloud client library
const {Storage} = require('@google-cloud/storage');

// Creates a client
const storage = new Storage();

async function downloadByteRange() {
  const options = {
    destination: destFileName,
    start: startByte,
    end: endByte,
  };

  // Downloads the file from the starting byte to the ending byte specified in options
  await storage.bucket(bucketName).file(fileName).download(options);

  console.log(
    `gs://${bucketName}/${fileName} downloaded to ${destFileName} from byte ${startByte} to byte ${endByte}.`
  );
}

downloadByteRange();

PHP

詳細については、Cloud Storage PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\Storage\StorageClient;

/**
 * Download a byte range from Cloud Storage and save it as a local file.
 *
 * @param string $bucketName The name of your Cloud Storage bucket.
 * @param string $objectName The name of your Cloud Storage object.
 * @param int $startByte The starting byte at which to begin the download.
 * @param int $endByte The ending byte at which to end the download.
 * @param string $destination The local destination to save the object.
 */
function download_byte_range(
    string $bucketName,
    string $objectName,
    int $startByte,
    int $endByte,
    string $destination
): void {
    // $bucketName = 'my-bucket';
    // $objectName = 'my-object';
    // $startByte = 1;
    // $endByte = 5;
    // $destination = '/path/to/your/file';

    $storage = new StorageClient();
    $bucket = $storage->bucket($bucketName);
    $object = $bucket->object($objectName);
    $object->downloadToFile($destination, [
        'restOptions' => [
            'headers' => [
                'Range' => "bytes=$startByte-$endByte",
            ],
        ],
    ]);
    printf(
        'Downloaded gs://%s/%s to %s' . PHP_EOL,
        $bucketName,
        $objectName,
        basename($destination)
    );
}

Python

詳細については、Cloud Storage Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import storage

def download_byte_range(
    bucket_name, source_blob_name, start_byte, end_byte, destination_file_name
):
    """Downloads a blob from the bucket."""
    # The ID of your GCS bucket
    # bucket_name = "your-bucket-name"

    # The ID of your GCS object
    # source_blob_name = "storage-object-name"

    # The starting byte at which to begin the download
    # start_byte = 0

    # The ending byte at which to end the download
    # end_byte = 20

    # The path to which the file should be downloaded
    # destination_file_name = "local/path/to/file"

    storage_client = storage.Client()

    bucket = storage_client.bucket(bucket_name)

    # Construct a client side representation of a blob.
    # Note `Bucket.blob` differs from `Bucket.get_blob` as it doesn't retrieve
    # any content from Google Cloud Storage. As we don't need additional data,
    # using `Bucket.blob` is preferred here.
    blob = bucket.blob(source_blob_name)
    blob.download_to_filename(destination_file_name, start=start_byte, end=end_byte)

    print(
        "Downloaded bytes {} to {} of object {} from bucket {} to local file {}.".format(
            start_byte, end_byte, source_blob_name, bucket_name, destination_file_name
        )
    )

Ruby

詳細については、Cloud Storage Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# The ID of your GCS bucket
# bucket_name = "your-unique-bucket-name"

# file_name = "Name of a file in the Storage bucket"

# The starting byte at which to begin the download
# start_byte = 0

# The ending byte at which to end the download
# end_byte = 20

# The path to which the file should be downloaded
# local_file_path = "/local/path/to/file.txt"

require "google/cloud/storage"

storage = Google::Cloud::Storage.new
bucket  = storage.bucket bucket_name
file    = bucket.file file_name

file.download local_file_path, range: start_byte..end_byte

puts "Downloaded bytes #{start_byte} to #{end_byte} of object #{file_name} from bucket #{bucket_name}" \
     + " to local file #{local_file_path}."

REST API

JSON API

リクエスト内の Range ヘッダーを使用して、オブジェクトの一部をダウンロードします。

  1. OAuth 2.0 Playground から認証アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するように Playground を構成します。手順については、API 認証をご覧ください。
  2. cURL を使用して、GET Object リクエストで JSON API を呼び出します。

    curl -X GET \
      -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
      -H "Range: bytes=FIRST_BYTE-LAST_BYTE" \
      -o "SAVE_TO_LOCATION" \
      "https://storage.googleapis.com/storage/v1/b/BUCKET_NAME/o/OBJECT_NAME?alt=media"

    ここで

    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンです。
    • FIRST_BYTE は、ダウンロードするバイト範囲の最初のバイトです。例: 1000
    • LAST_BYTE は、ダウンロードするバイト範囲の最後のバイトです。例: 1999
    • SAVE_TO_LOCATION は、オブジェクトを保存する場所へのパスです。例: Desktop/dog.png
    • BUCKET_NAME は、ダウンロードするオブジェクトが格納されているバケットの名前です。例: my-bucket
    • OBJECT_NAME は、ダウンロードするオブジェクトの URL エンコードされた名前です。例: pets%2Fdog.png として URL エンコードされている pets/dog.png

XML API

リクエスト内の Range ヘッダーを使用して、オブジェクトの一部をダウンロードします。

  1. OAuth 2.0 Playground から認証アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するように Playground を構成します。手順については、API 認証をご覧ください。
  2. cURL を使用して、GET Object リクエストで XML API を呼び出します。

    curl -X GET \
      -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
      -H "Range: bytes=FIRST_BYTE-LAST_BYTE" \
      -o "SAVE_TO_LOCATION" \
      "https://storage.googleapis.com/BUCKET_NAME/OBJECT_NAME"

    ここで

    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンです。
    • FIRST_BYTE は、ダウンロードするバイト範囲の最初のバイトです。例: 1000
    • LAST_BYTE は、ダウンロードするバイト範囲の最後のバイトです。例: 1999
    • SAVE_TO_LOCATION は、オブジェクトを保存する場所へのパスです。例: $HOME/Desktop/dog.png
    • BUCKET_NAME は、ダウンロードするオブジェクトが格納されているバケットの名前です。例: my-bucket
    • OBJECT_NAME は、ダウンロードするオブジェクトの URL エンコードされた名前です。例: pets%2Fdog.png として URL エンコードされている pets/dog.png

次のステップ

使ってみる

Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Cloud Storage のパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。

Cloud Storage 無料トライアル