オブジェクトの削除

このページでは、Cloud Storage のバケットからオブジェクトを削除する方法を説明します。オブジェクトの概要については、主な用語をご覧ください。

Cloud Storage バケットからオブジェクトを削除するには:

Console

  1. Cloud Console で、Cloud Storage ブラウザページに移動します。

    ブラウザに移動

  2. バケットのリストで、削除するオブジェクトを含むバケットの名前をクリックします。

    [バケットの詳細] ページが開き、[オブジェクト] タブが選択されています。

  3. フォルダ内にあるオブジェクトに移動します。

  4. 削除する各オブジェクトのチェックボックスをオンにします。

    フォルダのチェックボックスをオンにすると、そのフォルダ内のすべてのオブジェクトが削除されます。

  5. [削除] ボタンをクリックします。

  6. 表示されたダイアログで [削除] をクリックします。

多数のオブジェクトを一度に削除する場合は、Cloud Console で [通知] アイコンをクリックして削除の進捗状況を追跡できます。

失敗したオペレーションに関する詳細なエラー情報を Cloud Storage ブラウザで確認する方法については、トラブルシューティングをご覧ください。

gsutil

gsutil rm コマンドを使用します。

gsutil rm gs://BUCKET_NAME/OBJECT_NAME

ここで

  • BUCKET_NAME は、削除するオブジェクトが格納されているバケットの名前です。例: my-bucket
  • OBJECT_NAME は、削除するオブジェクトの名前です。例: pets/dog.png

成功した場合は、次の例のようなレスポンスになります。

Operation completed over 1 objects.

コードサンプル

C++

詳細については、Cloud Storage C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace gcs = ::google::cloud::storage;
[](gcs::Client client, std::string const& bucket_name,
   std::string const& object_name) {
  google::cloud::Status status =
      client.DeleteObject(bucket_name, object_name);

  if (!status.ok()) throw std::runtime_error(status.message());
  std::cout << "Deleted " << object_name << " in bucket " << bucket_name
            << "\n";
}

C#

詳細については、Cloud Storage C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.Storage.V1;
using System;

public class DeleteFileSample
{
    public void DeleteFile(
        string bucketName = "your-unique-bucket-name",
        string objectName = "your-object-name")
    {
        var storage = StorageClient.Create();
        storage.DeleteObject(bucketName, objectName);
        Console.WriteLine($"Deleted {objectName}.");
    }
}

Go

詳細については、Cloud Storage Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"
	"time"

	"cloud.google.com/go/storage"
)

// deleteFile removes specified object.
func deleteFile(w io.Writer, bucket, object string) error {
	// bucket := "bucket-name"
	// object := "object-name"
	ctx := context.Background()
	client, err := storage.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("storage.NewClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	ctx, cancel := context.WithTimeout(ctx, time.Second*10)
	defer cancel()

	o := client.Bucket(bucket).Object(object)
	if err := o.Delete(ctx); err != nil {
		return fmt.Errorf("Object(%q).Delete: %v", object, err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Blob %v deleted.\n", object)
	return nil
}

Java

詳細については、Cloud Storage Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import com.google.cloud.storage.Storage;
import com.google.cloud.storage.StorageOptions;

public class DeleteObject {
  public static void deleteObject(String projectId, String bucketName, String objectName) {
    // The ID of your GCP project
    // String projectId = "your-project-id";

    // The ID of your GCS bucket
    // String bucketName = "your-unique-bucket-name";

    // The ID of your GCS object
    // String objectName = "your-object-name";

    Storage storage = StorageOptions.newBuilder().setProjectId(projectId).build().getService();
    storage.delete(bucketName, objectName);

    System.out.println("Object " + objectName + " was deleted from " + bucketName);
  }
}

Node.js

詳細については、Cloud Storage Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment the following lines before running the sample.
 */
// The ID of your GCS bucket
// const bucketName = 'your-unique-bucket-name';

// The ID of your GCS file
// const fileName = 'your-file-name';

// Imports the Google Cloud client library
const {Storage} = require('@google-cloud/storage');

// Creates a client
const storage = new Storage();

async function deleteFile() {
  await storage.bucket(bucketName).file(fileName).delete();

  console.log(`gs://${bucketName}/${fileName} deleted`);
}

deleteFile().catch(console.error);

PHP

詳細については、Cloud Storage PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

use Google\Cloud\Storage\StorageClient;

/**
 * Delete an object.
 *
 * @param string $bucketName The name of your Cloud Storage bucket.
 * @param string $objectName The name of your Cloud Storage object.
 */
function delete_object($bucketName, $objectName)
{
    // $bucketName = 'my-bucket';
    // $objectName = 'my-object';

    $storage = new StorageClient();
    $bucket = $storage->bucket($bucketName);
    $object = $bucket->object($objectName);
    $object->delete();
    printf('Deleted gs://%s/%s' . PHP_EOL, $bucketName, $objectName);
}

Python

詳細については、Cloud Storage Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

from google.cloud import storage

def delete_blob(bucket_name, blob_name):
    """Deletes a blob from the bucket."""
    # bucket_name = "your-bucket-name"
    # blob_name = "your-object-name"

    storage_client = storage.Client()

    bucket = storage_client.bucket(bucket_name)
    blob = bucket.blob(blob_name)
    blob.delete()

    print("Blob {} deleted.".format(blob_name))

Ruby

詳細については、Cloud Storage Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

def delete_file bucket_name:, file_name:
  # The ID of your GCS bucket
  # bucket_name = "your-unique-bucket-name"

  # The ID of your GCS object
  # file_name = "your-file-name"

  require "google/cloud/storage"

  storage = Google::Cloud::Storage.new
  bucket  = storage.bucket bucket_name
  file    = bucket.file file_name

  file.delete

  puts "Deleted #{file.name}"
end

REST API

JSON API

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するように Playground を構成します。
  2. cURL を使用して、DELETE リクエストで JSON API を呼び出します。

    curl -X DELETE \
      -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
      "https://storage.googleapis.com/storage/v1/b/BUCKET_NAME/o/OBJECT_NAME"

    ここで

    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンの名前です。
    • BUCKET_NAME は、削除するオブジェクトが格納されているバケットの名前です。例: my-bucket
    • OBJECT_NAME は、削除するオブジェクトの名前です。例: pets/dog.png

XML API

  1. OAuth 2.0 Playground から承認アクセス トークンを取得します。固有の OAuth 認証情報を使用するように Playground を構成します。
  2. cURL を使用して、DELETE Object リクエストで XML API を呼び出します。

    curl -X DELETE \
      -H "Authorization: Bearer OAUTH2_TOKEN" \
      "https://storage.googleapis.com/BUCKET_NAME/OBJECT_NAME"

    ここで

    • OAUTH2_TOKEN は、手順 1 で生成したアクセス トークンの名前です。
    • BUCKET_NAME は、削除するオブジェクトが格納されているバケットの名前です。例: my-bucket
    • OBJECT_NAME は、削除するオブジェクトの名前です。例: pets/dog.png

次のステップ