仮想ワークステーションの作成

仮想ワークステーションは、ユーザーがインターネット接続を使用してどこからでもアクセスできるクラウドベースのワークステーションです。リモート コンピューティングという考え方は、1960 年代のいわゆるダムターミナルにまでさかのぼりますが、最新のクラウド インフラストラクチャを使用して構築された仮想ワークステーションは、高価なワークステーションに代わる強力で経済的な代替手段です。

仮想ワークステーションなら、設備投資は必要ありません。仮想ワークステーションのサイズとパワーは、特定のタスクに必要な仕様に合わせてカスタマイズできます。料金は、使用したリソースに対してのみ発生します。しかも課金は秒単位です。

ワークステーションへの電力供給や 暖房換気空調システム によるワークステーションの冷却にかかる費用は請求されません。また、物理的なワークステーションの構築、マザーボードのアップグレード、RAM の追加、ディスクの交換などのために IT 専門のスタッフを雇う必要もありません。これらはすべて Google Cloud で管理されます。

仮想ワークステーションの選択

仮想ワークステーションを作成する際は、CPU の数とタイプ、RAM の容量、ディスクのタイプとサイズ、GPU を接続するかどうかなどのリソース構成を選択できます。Windows や Linux などのオペレーティング システムの選択も可能です。

仮想ワークステーションの構築方法を決定するには、対象のワークロードを参考にできます。次の表に、仮想ワークステーションを作成する際のオプションを記載します。

タスク チュートリアル ユースケース
仮想ワークステーションの作成 CentOS 7

Windows Server 2016
グラフィックを必要としないか、グラフィック要件が低いワークロード。このようなワークステーションは、レガシー ビジネス アプリケーションをクラウドに移行する場合に役立ちます。このオプションに関するチュートリアルでは、Teradici Cloud Access Software を使用してデスクトップをクライアントにストリーミングし、表示できるようにします。
仮想 GPU による高速ワークステーションの作成 CentOS 7

Windows Server 2016
グラフィックを多用するアプリケーションなど、ハードウェア アクセラレーション、優れた色精度、外付け周辺機器のサポートを必要とするワークロード。このオプションに関するチュートリアルでは、Teradici Cloud Access Software を使用してデスクトップをクライアントにストリーミングし、表示できるようにします。

このようなワークステーションは、メディア、エンターテイメント、建築、科学、製造などの業界で使用されています。
Chrome リモート デスクトップの設定 Debian

Windows Server 2019
Chrome ブラウザからクラウド ワークステーションに低コストでアクセスする必要があるユーザー向けのワークロードや、帯域幅やセキュリティの制限によりサードパーティ ソフトウェアをインストールできないワークロード。

Google Cloud Marketplace を使用して仮想ワークステーションを作成する

前述のチュートリアルのいずれかを使用して独自の仮想ワークステーションを構築しない場合は、Google Cloud Marketplace 上に用意されている事前構成された仮想ワークステーション ソリューションを使用できます。グラフィック ドライバやリモート デスクトップ ソフトウェアなどの機能がインストール済みの仮想ワークステーションを作成する場合には、これらのソリューションが便利な方法となります。

ソリューション 選択可能なデプロイ 詳細
NVIDIA Quadro Virtual Workstation Ubuntu 18.04

Windows Server 2016

Windows Server 2019
あらゆる GPU に対応する最新の NVIDIA Quadro 認定グラフィック ドライバが組み込まれています。
NVIDIA Gaming PC Ubuntu 18.04

Windows Server 2019
NVIDIA T4 GPU 専用の最新の NVIDIA ゲーム用グラフィック ドライバが組み込まれています。
Teradici Cloud Access Software(グラフィックス) CentOS 7

Windows Server 2016
最新の NVIDIA GRID ドライバと Teradici Cloud Access Software が組み込まれています。
itopia Cloud Automation Stack Windows Server 2016 および 2019 Microsoft リモート デスクトップ サービス(RDS)のクラウド ネイティブ オーケストレーションにより、Windows 仮想ワークステーションのプロビジョニングとデプロイを自動化します。