Cloud ML Notebooks の概要

は、

Cloud ML Notebooks を使用すると、JupyterLab にあらかじめパッケージ化されている仮想マシン(VM)インスタンスを作成して管理できます。Cloud ML Notebooks インスタンスは、TensorFlow と PyTorch の両フレームワークをサポートし、一連のディープ ラーニング パッケージがプリインストールされています。複数の構成オプションも用意されていて、ワークフローの最適化のニーズに応じて CPU のみのインスタンスか GPU 対応のインスタンスを構成できます。

ディープ ラーニング仮想マシンを作成して構成する難しさを軽減するために、Cloud ML Notebooks では、使用するフレームワークに応じて事前に確認、最適化、テストされたイメージを提供します。

Google Cloud Platform(GCP)の認証と承認によって保護されるノートブック インスタンスには、ノートブック インスタンスの URL を使用してアクセスします。ノートブック インスタンスには GitHub も統合されるため、簡単にノートブックと GitHub リポジトリを同期できます。

プリインストールされているソフトウェア

Cloud ML Notebooks インスタンスには次のものがインストールされています。

  • Python バージョン 2.7 および 3*

  • Python のコアパッケージ:

    • numpy
    • sklearn
    • scipy
    • pandas
    • nltk
    • pillow
    • その他多数
  • 迅速なプロトタイピングのための Jupyter Lab とノートブック環境

  • GPU 対応インスタンス用の最新 NVIDIA ドライバを含む NVIDIA パッケージ:

    • CUDA 9.* および 10.*
    • CuDNN 7.*
    • NCCL 2.*

次のステップ

入門ガイドで説明しているノートブック インスタンスの作成および管理方法の手順に沿って、Cloud ML Notebooks を使ってみましょう。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Machine Learning Engine(Cloud ML Engine)