グローバル リソース、リージョン リソース、ゾーンリソース

このページでは、Compute Engine のグローバル リソース、リージョン リソース、ゾーンリソースについて説明します。

Google Cloud Platform のリソースは、世界中の複数のロケーションでホストされています。これらのロケーションは、リージョンと、そのリージョン内のゾーンで構成されています。リージョン内の異なるゾーンにリソースを置くことで、さまざまな種類のインフラストラクチャ、ハードウェア、ソフトウェアの障害が発生した場合に、その障害を切り離すことができます。複数のリージョンにリソースを置くと、さらに高度な障害も切り離すことができます。これによって、複数のドメインにリソースを分散させた堅牢なシステムを設計できます。

Compute Engine のすべてのリソースは、グローバル、リージョン、ゾーンに分類されます。たとえば、イメージはグローバル リソースで、そのため他のすべてのリソースからアクセスできます。静的 IP はリージョン リソースで、同じリージョンに属するリソースだけがそのリージョンの静的 IP を使用できます。

グローバル リソース

グローバル リソースは、同じプロジェクトに属するすべてのゾーンのすべてのリソースからアクセスできます。グローバル リソースを作成するときは、スコープを指定する必要はありません。グローバル リソースには以下があります。

イメージ
イメージは、同じプロジェクトのすべてのインスタンスまたはディスク リソースで、イメージとして使用できます。Google では、インスタンスの起動に使用できるイメージをあらかじめ設定しており、これらのイメージをカスタマイズしたり、独自のイメージをビルドしたりできます。
スナップショット
永続ディスクのスナップショットは、同じプロジェクトのすべてのディスクでスナップショットとして使用できます。
ネットワーク
ネットワークは、同じプロジェクトのすべてのインスタンスで使用できます。ネットワークはグローバル リソースですが、個々のサブネットはリージョン リソースです。
ファイアウォール
ファイアウォールは 1 つのネットワークに適用されますが、他のネットワークからパケットが到達するため、グローバル リソースとみなされます。
ルート
ルートを使用することで、ルーターがローカルエリア ネットワーク内でトラフィックを転送するように、特定の IP 範囲に送信されたトラフィックのルーティング方法を管理できます。これにより、複雑なネットワーキング シナリオを作成できます。ルートは Google Compute Engine プロジェクト内のネットワークに適用されるため、グローバル リソースとみなされます。
グローバル オペレーション

オペレーションには、ゾーンごとのリソース、リージョンごとのリソース、グローバル リソースがあります。グローバル リソースのオペレーションを実行する場合、このオペレーションはグローバル オペレーションとみなされます。たとえば、イメージの挿入は、イメージがグローバル リソースであるため、グローバル オペレーションとみなされます。

リージョン リソース

リージョン リソースには、同じリージョン内のすべてのリソースからアクセスできます。たとえば、特定のリージョンで静的外部 IP アドレスを予約した場合、その静的外部 IP アドレスは同じリージョン内のインスタンスにのみ割り当てることができます。各リージョンには、1 つまたは複数のゾーンがあります。有効なリージョンとゾーンのリストについては、リージョンとゾーンのページをご覧ください。

リージョン リソースには以下があります。

アドレス
アドレスのコレクションには、プロジェクト用に予約したすべての静的外部 IP アドレスが含まれています。プロジェクト用に予約した静的外部 IP アドレスは、明示的に IP アドレスを解放しない限り予約されたままとなります。静的外部 IP アドレスはリージョン リソースで、そのアドレスと同じリージョンに属するインスタンスだけが使用できます。
サブネットワーク
サブネットワークは、ネットワーク IP 空間をリージョン別にサブネット(接頭辞)に分割し、どのサブネットからインスタンスの内部 IP アドレスを割り当てるかを制御します。
リージョン オペレーション

オペレーションには、ゾーンごとのリソース、リージョンごとのリソース、グローバル リソースがあります。リージョン内で公開されているリソースのオペレーションを実行する場合、このオペレーションはリージョン オペレーションと見なされます。たとえば、アドレスの予約は、リージョン固有のリソースであるアドレスでオペレーションが実行されるため、リージョン オペレーションと見なされます。

ゾーンリソース

ゾーンでホストされるリソースをゾーンリソースと呼びます。ゾーン固有のリソース(ゾーンリソース)は、そのゾーン内でユニークで、同じゾーンの他のリソースでのみ使用することができます。たとえば、インスタンスはゾーンリソースです。インスタンスを作成するときは、そのインスタンスを公開するゾーンを指定する必要があります。インスタンスは、同じゾーン内の他のリソース、およびグローバル リソースにアクセスできますが、別のゾーンにある他のゾーンリソース(ディスク リソースなど)にはアクセスできません。

有効なゾーンのリストについては、リージョンとゾーンのページをご覧ください。

ゾーンリソースには以下があります。

インスタンス
仮想マシン インスタンスはゾーン内に存在する必要があり、グローバル リソースまたは同じゾーン内のリソースにアクセスできます。
ディスク
ディスク リソースにアクセスできるのは、同じゾーン内にある別のインスタンスだけです。たとえば、同じゾーンにあるディスクはインスタンスとして接続できますが、ディスクを別のゾーンのインスタンスに接続することはできません。
マシンタイプ
マシンタイプはゾーンリソースです。インスタンスとディスクは、同じゾーン内のマシンタイプのみを使用できます。
ゾーン オペレーション

オペレーションには、ゾーンごとのリソース、リージョンごとのリソース、グローバル リソースがあります。ゾーン内で公開されているリソースのオペレーションを実行する場合、このオペレーションはゾーン オペレーションとみなされます。たとえば、インスタンスの挿入は、ゾーン固有のリソースであるインスタンスでオペレーションが実行されるため、ゾーン オペレーションとみなされます。

集約リスト

デフォルトでは、リソースのコレクションのリストをリクエストすると、特定のコントロール プレーンが返されます。たとえば、API にインスタンスのリストのクエリを発行するときは、インスタンスをリストするゾーンを指定する必要があります。すべてのゾーンまたはリージョンのリソースをリストするには、集約リストのクエリを実行します。リージョン リソースおよびゾーンリソースごとに集約リストの URI があり、このクエリを実行することで、そのタイプの全リソースをリストできます。たとえば、すべてのゾーンの全インスタンスをリストするには、次の URI にリクエストを発行します。

https://www.googleapis.com/compute/v1/project/<project-id>/aggregated/instances

同様に、すべてのリージョンの全アドレスをリストするには、次の URI にリクエストを発行します。

https://www.googleapis.com/compute/v1/project/<project-id>/aggregated/addresses

詳しくは、該当するリソースの aggregateList メソッドをご覧ください。

次のステップ

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント