Base64 エンコード

AutoML API に画像データを提供するには、画像の URI パスを指定するか、画像データを Base64 エンコード テキストとして送信します。

ほとんどの開発環境には、バイナリ画像を ASCII テキストデータにエンコードするネイティブの「base64」ユーティリティがあります。画像ファイルをエンコードする方法は次のとおりです。

Linux

    base64 input.jpg > output.txt

Mac OSX

    base64 -i input.jpg -o output.txt

Windows

    C:> Base64.exe -e input.jpg > output.txt

PowerShell

    [Convert]::ToBase64String([IO.File]::ReadAllBytes("./input.jpg")) > output.txt

この出力画像データは JSON リクエスト内で次のようにネイティブに使用できます。

{
  "payload": {
         "image": {
            "imageBytes": "/9j/4QAYRXhpZgAA...base64-encoded-image...9tAVx/zDQDlGxn//2Q=="
        }
  },
  "params": {
    string: string,
    ...
  }
}

プログラミング言語ごとに、画像ファイルを base64 エンコードする方法は異なります。

Python

Python で画像ファイルを base64 エンコードする方法は次のとおりです。

# Import the base64 encoding library.
import base64

# Pass the image data to an encoding function.
def encode_image(image):
  image_content = image.read()
  return base64.b64encode(image_content)

Node.js

Node.js で画像ファイルを base64 エンコードする方法は次のとおりです。

// Read the file into memory.
var fs = require('fs');
var imageFile = fs.readFileSync('/path/to/file');

// Convert the image data to a Buffer and base64 encode it.
var encoded = Buffer.from(imageFile).toString('base64');

Java

Java で画像ファイルを base64 エンコードする方法は次のとおりです。

// Import the Base64 encoding library.
import org.apache.commons.codec.binary.Base64;

// Encode the image.
byte[] imageData = Base64.encodeBase64(imageFile.getBytes());