SSD 永続ディスクの使用

このページでは、SSD 永続ディスクによってバックアップされる PersistentVolume リソースを作成する方法について説明します。

SSD 永続ディスク

デフォルトでは、動的にプロビジョニングされた PersistentVolumeデフォルトの StorageClass を使用し、標準のハードディスクによってバックアップされます。より高速な SSD が必要な場合は、特別な StorageClass を作成できます。以下のマニフェストでは、faster という名前の StorageClass を記述しています。この StorageClass を使用して作成された PersistentVolumeClaims が、SSD によってバックアップされます。

ssd-storageclass.yaml

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: faster
provisioner: kubernetes.io/gce-pd
parameters:
  type: pd-ssd
    

faster StorageClass で「my-volume」という名前の PersistentVolumeClaim を作成するには、クレームのマニフェストでその StorageClass を参照してください。

ssd-claim.yaml

apiVersion: v1
kind: PersistentVolumeClaim
metadata:
  name: my-volume
spec:
  storageClassName: faster
  accessModes:
    - ReadWriteOnce
  resources:
    requests:
      storage: 30Gi
    

kubectl apply を使用して、この StorageClass および PersistentVolumeClaim を作成します。

kubectl apply -f ssd-storageclass.yaml
kubectl apply -f ssd-claim.yaml
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Kubernetes Engine のドキュメント