テーブルの概要

このページでは、BigQuery テーブルの概要について説明します。

BigQuery テーブル

BigQuery テーブルでは、個々のレコードが行の形式にまとめられています。各レコードは列(フィールドとも呼ばれる)で構成されています。

すべてのテーブルは、列名、データ型、その他の情報を記述するスキーマによって定義されます。テーブルのスキーマはテーブルの作成時に指定できます。あるいは、スキーマなしでテーブルを作成し、クエリジョブまたは読み込みジョブでスキーマを宣言してテーブルにデータを取り込むこともできます。

BigQuery は次のテーブルタイプをサポートしています。

  • ネイティブ テーブル: ネイティブ BigQuery ストレージでサポートされるテーブルです。
  • 外部テーブル: BigQuery の外部にあるストレージでサポートされるテーブルです。詳細については、外部データソースへのクエリをご覧ください。
  • ビュー: SQL クエリによって定義される仮想テーブルです。詳細については、ビューの作成をご覧ください。

テーブルの制限事項

BigQuery テーブルには以下の制限があります。

  • テーブル名はデータセットごとに一意である必要があります。
  • Cloud Console と従来の BigQuery ウェブ UI では、一度に 1 つのテーブルのみをコピーできます。
  • テーブルをコピーするとき、コピー先データセットはコピー元テーブルと同じロケーションに存在する必要があります。たとえば、EU にあるデータセットから US にあるデータセットにはテーブルをコピーできません。
  • CLI、API、クライアント ライブラリを使用して複数のソーステーブルを宛先テーブルにコピーする場合、すべてのソーステーブルで同一のスキーマが使用されている必要があります。
  • Cloud Console、従来の BigQuery ウェブ UI、コマンドライン ツール、API、またはクライアント ライブラリを使用して一度に削除できるのは 1 つのテーブルのみです。
  • テーブルデータをエクスポートするとき、宛先にできるのは Cloud Storage のみです。
  • データセット内のテーブル数が 50,000 個に近くなると、テーブルの列挙が遅くなります。API 呼び出しと従来の BigQuery ウェブ UI のいずれを使用する場合でも、列挙のパフォーマンスは低下します。現在、Cloud Console の BigQuery ウェブ UI で表示できるテーブル数は、データセットあたり 50,000 までです。

    従来の BigQuery ウェブ UI のパフォーマンスを向上させるには、?minimal パラメータを使用して表示するテーブルの数をプロジェクトあたり 30,000 に制限します。このパラメータは、従来の BigQuery ウェブ UI の URL に次の形式で追加します。 https://bigquery.cloud.google.com/queries/project_id?minimal

テーブルの割り当て

割り当てと上限は、テーブルに対して実行できる次のようなさまざまな種類のジョブに適用されます。

すべての割り当てと上限の詳細については、割り当てと上限をご覧ください。

テーブルの料金

BigQuery でテーブルを作成して使用する場合、テーブルおよびパーティションに格納されるデータの量とデータに対して実行するクエリに基づいて、使用料が発生します。

データの読み込み、コピー、エクスポートなど、多くのテーブル オペレーションは無料です。これらのオペレーションは無料ですが、BigQuery の割り当てと上限が適用されます。すべての無料オペレーションについては、料金ページの無料のオペレーションをご覧ください。

次のステップ