クライアント ライブラリ

AutoML クライアント ライブラリは Google Cloud クライアント ライブラリを基に作られています。この共通インフラストラクチャは API 固有のライブラリを実装するための機能を備えており、Cloud API を使用する際に直接使用できるデータ型とメソッドも用意されています。

クライアント ライブラリのインストール

Java

Maven を使用している場合は、pom.xml ファイルに以下の内容を追加します。

        <dependency>
            <groupId>com.google.cloud</groupId>
            <artifactId>google-cloud-automl</artifactId>
            <version>0.86.0-beta</version>
        </dependency>
      

Gradle を使用している場合は、依存関係に以下の内容を追加します。

      compile 'com.google.cloud:google-cloud-automl:0.86.0-beta'
      

SBT を使用している場合は、依存関係に以下の内容を追加します。

       libraryDependencies += "com.google.cloud" % "google-cloud-automl" % "0.86.0-beta"

Node.js

ライブラリをインストールする前に、Node.js 開発用の環境を用意している必要があります。

npm install --save @google-cloud/automl

Python

ライブラリをインストールする前に、Python 開発用の環境を用意している必要があります。

AutoML Tables のクライアント ライブラリには、AutoML Tables API を簡単に使用できるようにする追加の Python メソッドが含まれています。これらのメソッドは、ID ではなく名前でデータセットとモデルを参照します。データセット名とモデル名は一意であることが必要です。追加メソッドにより、列を「ラベル」列として設定しトレーニングのグラウンド トゥルースとしての役割を持たせる、Pandas DataFrame から直接データをアップロードする、人が読める形式の表示名でリソースを検索するなどの共通した使用パターンが自動化されます。このクライアントは Python 専用で、IPython ノートブックのユーザー エクスペリエンスを向上させることを目的としています。

詳細については、クライアント リファレンスをご覧ください。

pip install google-cloud-automl