クイックスタート: Console の使用

は、

このクイックスタートでは、カスタムモデルを使用して動画にアノテーションを付けるプロセスを順を追って説明します。

API を有効にする

  • AutoML Video UI にアクセスして [Enable API] をクリックします。
  • API を有効にしたら、[Get Started] をクリックします。

データセットの作成

AutoML Video UI の [Datasets] ページで次の操作を行います。

  1. [Create Dataset] をクリックします。
    [Create dataset] アイコン
  2. 作成するデータセットの名前を指定して [Create Dataset] をクリックします。 2 つのフィールドと 2 つのボタンがある [Create dataset] ダイアログ ボックス
  3. データセットのページで、トレーニング データの URI を含む CSV ファイルの Cloud Storage URI を指定します。このクイックスタートでは次の CSV ファイルを使用します。次の URI では接頭辞 gs:// が外されていることに注意してください。

    automl-video-demo-data/hmdb_split1.csv

  4. 同じデータセットのページで、[Continue] をクリックしてデータのインポートを開始します。 データセット「my_dataset」のページ

指定した動画の数と長さによっては、インポート処理が終わるまで時間がかかることがあります。

インポート処理が完了したら、データセットの [Videos] タブをクリックして、データセットに含まれる動画の一覧を参照できます。

2 つ動画が表示された [Videos] タブ

インポート処理中に発生したエラーを表示するには、[Import] タブに切り替えてエラー メッセージを確認します。

モデルのトレーニング

  • データセットの作成と処理が済んだら、[Train] タブをクリックしてモデルのトレーニングを開始します。
  • [Start Training] をクリックして先に進みます。 情報を含む [Train] タブ
  • [Train new model] ペインで、モデルの名前を選択してから [Start Training] をクリックします。

モデルのトレーニングが開始されます。このデータセットの場合、このトレーニング処理は最大 1 時間かかります。トレーニングの完了時やエラーの発生時にはメールで通知されます。

トレーニングが完了すると、モデルが自動的にデプロイされます。

[Evaluate] タブをクリックすると、F1、精度、再現率のスコアの詳細を表示できます。

情報を含む [Evaluate] タブ

動画を分類する

カスタムモデルを使用して予測を行う(すなわち、動画を分類する)には、次の手順を行います。

  1. モデルの [Test & Use] タブで次の操作を行います。
    • [Test your model] で、「gs://automl-video-demo-data/hmdb_split1_test_gs_predict.csv」と入力します。
    • [Test your model] ではさらに、アノテーション結果を受け取る Cloud Storage バケット内のディレクトリを選択します。

      アノテーション結果を保持する特定の結果フォルダを Cloud Storage バケットに実際に作成してもかまいません。そうすれば、結果ディレクトリに含まれている video_classification.csv ファイルを読み込むことで、以前の予測に簡単にアクセスできます。

    • [Get Predictions] をクリックします。
    AutoML Video Intelligence に対する予測リクエストを構成する

アノテーションを付ける動画の数によっては、予測を取得する処理に時間がかかることがあります。

処理が完了すると、モデルページの [Recent Predictions] の下に結果が表示されます。結果を見るには、次の手順に従います。

  1. [Recent Predictions] の [Predictions] 列で、表示する予測の [View] をクリックします。
  2. [Video] で、結果を表示する動画の名前を選択します。

AutoML Video Intelligence による予測の結果

結果を表示する

動画のアノテーション付けの結果では、次の 3 種類の情報が提供されます。

  • 動画のラベル。この情報は、結果ページの動画の下の [Segment] タブにあります。
  • 動画内のショットのラベル。この情報は、結果ページの動画の下の [Shot] タブにあります。
  • 動画内の 1 秒間隔ごとのラベル。この情報は、結果ページの動画の下の [1 Second Interval] タブにあります。

より多くのラベルが表示されるようにするには、予測をリクエストするときにしきい値スコアを変更します。アノテーション結果として表示されるのは、指定したしきい値を超えるラベルだけです。

予測が失敗した場合は、[Recent Predictions] リスト上の結果に赤色のアイコンが表示されます。

予測をリクエストした動画のうち 1 つだけが失敗した場合は、[Recent Predictions] リスト上でその予測が緑色で示されます。その予測の結果ページでは、正常にアノテーションが付けられた動画の結果を確認できます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

AutoML Video Intelligence のドキュメント