ノートブックを GitHub に保存する

は、

ノードブックをバックアップするとともに、他のユーザーが使用できるよう、ノートブック インスタンスのコンテンツを GitHub に保存できます。

ノートブックを GitHub に保存するには、次の手順に沿って操作します。

  1. GitHub リポジトリを作成します。

    GitHub リポジトリがまだない場合は、作成する必要があります。GitHub リポジトリを作成するときは、README ファイルでリポジトリを初期化し、マスター ブランチが作成されることを確認してください。

    README ファイルで GitHub リポジトリを初期化する

  2. GitHub ユーザー情報を反映させ、ノートブック インスタンスを構成します。

    1. [JupyterLab を開く] をクリックしてノートブック インスタンスを開きます。

    2. [Git] -> [Open Terminal] の順に選択して Git ターミナル ウィンドウを開きます。

      Git ターミナルを開く

    3. Git ターミナル ウィンドウで、次のコマンドを入力して Git ユーザー名とメールを構成します。

      git config --global user.name "your-name"
      git config --global user.email "your-email"
      
    4. Git ターミナル ウィンドウを閉じます。

  3. ノートブック インスタンス内に GitHub リポジトリのクローンを作成します。

    1. GitHub リポジトリの URL をコピーします。GitHub リポジトリの [Clone or download] オプションを使用すると、該当する URL を取得できます。

      GitHub リポジトリの URL を取得する

    2. ノートブック インスタンスで、GitHub リポジトリのクローンを作成するフォルダを選択します。たとえば、次のようにホームフォルダを選択できます。

      ノートブックのホームフォルダ

    3. [Git clone] ボタンをクリックします。

      リポジトリのクローンの作成ボタン

    4. URL を入力するよう求められたら、前にコピーした GitHub リポジトリの URL を貼り付けます。次に、[Clone] をクリックします。

      リポジトリの URL を貼り付けてクローンを作成する

  4. ノートブック インスタンスに、リポジトリが新しいフォルダとして表示されます。クローンを作成した GitHub リポジトリがフォルダとして表示されない場合、以下に示すファイルリストの更新ボタンをクリックしてください。

    ファイルリストと更新ボタン

  5. ノートブック インスタンスに新しいノートブックを追加します。

    [ファイル] -> [新規] -> [ノートブック] の順に選択します。選択すると、「Untitled.ipynb」という名前の新しいノートブックが作成されます。新しいノートブック用のカーネルを選択します。たとえば、「Python 3」です。Launcher を使用して Python 3 ノートブックを作成することもできます。

    ノートブック ファイルを追加する

  6. [Git] タブを選択します。新しく追加したノートブックが [Untracked] グループ内に表示されます。

    追跡対象外のノートブック

    新しいノートブックを右クリックして [Track] を選択し、この新しいノートブックを GitHub リポジトリのファイルとして追加します。これで、ノートブックが [Git] タブの [Staged] グループに追加されます。

    ステージング済みノートブック

  7. 新しいノートブックを GitHub リポジトリに commit するには、[Git] タブに commit に関するコメントを追加して、[Commit] ボタンをクリックします。

  8. [Git] -> [Open Terminal] の順に選択して Git ターミナル ウィンドウを開きます。

    Git ターミナル ウィンドウで git push コマンドを入力します。ユーザー名とパスワードを入力するよう求められたら、GitHub のユーザー名とパスワードを入力します。

    git push コマンドが完了すると、commit したファイルが GitHub リポジトリに追加されます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...