他のストレージ プロバイダとの相互運用

Cloud Storage は、他のオブジェクト ストレージ プラットフォームと互換性があるため、さまざまなソースからデータをシームレスに統合できます。このページでは、クロス プラットフォーム オブジェクト データの管理に使用できる Cloud Storage ツールについて説明します。

XML API の使用

Cloud Storage XML API は、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)などのサービスと連携できるクラウド ストレージのツールやライブラリとの相互運用性を備えています。これらのツールやライブラリと Cloud Storage を使用するには、そのツールまたはライブラリが使用するリクエスト エンドポイントを Cloud Storage URI https://storage.googleapis.com に変更し、Cloud Storage の HMAC キーを使用するようにツールまたはライブラリを構成します。詳しい手順については、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)からの移行をご覧ください。

V4 署名プロセス

V4 署名プロセスを使用すると、Cloud Storage の署名付きリクエストを作成できます。RSA 署名または Amazon S3 のワークフローと HMAC 認証情報を使用して、署名プロセスを行うことができます。

gsutil コマンドラインの使用

gsutil ツールを使用すると、コマンドラインから Cloud Storage にアクセスできます。また、Amazon S3 などの HMAC 認証を使用する他のクラウド ストレージ サービスにアクセスし、操作することもできます。Amazon S3 の認証情報を ~/.aws/credentials に追加すると、gsutil を使用して Amazon S3 バケット内のオブジェクトを管理できるようになります。例:

  • 次のコマンドは、Amazon S3 バケット example-bucket 内のオブジェクトを一覧表示します。

    gsutil ls s3://example-bucket
    
  • 次のコマンドは、Amazon S3 バケットと Cloud Storage バケットの間でデータを同期します。

    gsutil rsync -d -r s3://my-aws-bucket gs://example-bucket
    

この同期を最適化する gsutil の設定方法など、詳細については、gsutil rsync ドキュメントを参照してください。

ドットを含む Amazon S3 バケット名の無効な証明書

gsutil を使用して名前にドットが含まれる Amazon S3 バケットにアクセスしようとすると、invalid certificate エラーが発生することがあります。Amazon S3 では、名前にドットを使用した仮想ホスト型バケットの URL がサポートされていないためです。Amazon S3 のリソースを使用する場合は、gsutil の.boto 構成ファイルに次のエントリを追加して、パススタイルのバケット URL を使用するように gsutil を構成できます。

[s3]
calling_format = boto.s3.connection.OrdinaryCallingFormat

Storage Transfer Service の使用

Storage Transfer Service を使用すると、Amazon S3 バケット、Microsoft Azure Storage コンテナ、その他一般的な HTTP/HTTPS ロケーションから Cloud Storage に大容量のオンライン データを簡単にインポートできます。Storage Transfer Service では、定期的な転送のスケジュール設定、ソース オブジェクトの削除、転送オブジェクトの選択を実行できます。

Amazon Simple Storage Service™ および Amazon S3™ は、米国およびその他の国における Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。